過去記事更新

2011年9月30日金曜日

「Dead Island」の映画化が具体的な製作を開始しているとか

 今週にも◆体験会も行われるという「Dead Island」ですが、映画化も順調のようです。

 映画『Saw』シリーズで知られるLIONSGATEが『Dead Island』の映画化権を取得
 http://gs.inside-games.jp/news/299/29987.html

 気になる製作チームには「Saw」や「ハムナプトラ」シリーズの方が関わっているとか。
 (あれっ、これは……大丈夫なのかな?)

「人間の感情や家族の絆など非線形な物語に焦点を当てており、
 ゾンビジャンルにおける革新となるでしょう
 ……とのことなので、まあ期待しておきましょうかね。

 ちなみに、「28ヶ月後…」って作らないのかなあ、とすごく期待しています。



 ゾンビ映画というと、大槻ケンヂ氏が小説とかであまりにもゾンビゾンビ言うもので初代ゾンビ(原題「Dawn of the Dead」、かな?)を見ましたが確かに面白かったです。

 悲劇的な逃避行のようでもあり、かと思えばゾンビをオモチャのように扱うシーンもあり、なんというか独創的な感性ですよね。
 なすすべなくゾンビ化する人間を無言で見守るシーンとか、心が折れてすべてがイヤになり、それでも……という展開はそりゃ伝説になるわという出来でした。

 うむ、いろいろ書きたくなったので、映画についてもいろいろレビューを書きたいなあ。
 (気に入ったものしか書かないので、基本的に絶賛するだけになりがちですが……)
 昔見たやつも改めて見なおそうかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿