過去記事更新

2011年9月22日木曜日

BBCS2(PSP)/チャレンジモード#14:ミュー


 PSP版チャレンジモード攻略、μ-12(ミュートゥエルブ)です。

 全キャラ屈指のリーチ(5Cや6C)、火力、露出度を誇るラスボスです。
 ダウン拾い・壁拾いが強力というか凶悪なキャラですかね。
 いろいろと性能が極端なので、扱いは大変かもしれません。

 チャレンジ内容は、突出して難しいものはありませんが全体的に難しいという感じです。
 個人的にはフルノツルギのコマンドが妙に出にくいのがなんとも……。

 チャレンジモード全般について/他のキャラ
BBCS Extend(PS3)のチャレンジは■こちらから。

#03-2
 6C→5Dからのフルノはノーヒットで出すためタイミングが微妙です。

#04-2
 しゃがみ状態だと2C→6Cが繋がるようです。

#05-2
 ダッシュ2Bがやや厳しいです。
 ちょっと遠めから先端を当てる感じです。
 また、壁バウンドがあるので端だと繋がりません。
 どうしても無理なら画面端の少し手前あたりでやってみるのもアリです。

#06
 最初に5Dとかを出してからハバキリ。
 ダッシュ2Cはシビアですが、ダッシュ(すぐ方向キー離す)→5B→2Cにすれば簡単です。
 普通に2Cを当てる場合は、6Bの間にダッシュを先行入力して、慣性だけつけておく感じです。

#07
 低空J2Cはジャンプしてすぐ下→一瞬待ってボタンを押します。
 ここは間に何か挟むと後が繋がらなかったりします。
 J2C後は相当余裕があるので、2Bの前にダッシュしたほうがいいと思います。

#08
 中央投げ始動のコンボですが、やや難しいです。
 画面端ではJ2C等が当たらないので普通に中央でやります。

 5Dのジャンプキャンセル(?)のタイミングがなにやらモヤモヤします。
 直後のJ2Cや、ここでも出てくる着地後のダッシュ2Bなんかも大変です。
 J2C後のダッシュの仕方に慣れれば安定するのかも。
 2Bはかなりリーチがあるようなので、多少距離があっても結構あたります。
 当たりにくいようならダッシュ直後に2Bを出す等、タイミングを変えてみてください。

#09
 空中投げからのラピッドコンボ。
 開始位置からそのまま始めるのが良さそうです。
 やはり2Bへのダッシュでどの程度走るべきかが難しいです。

#10
 フェイタル始動+三度の低空J2Cで嫌になるほどダウン拾いが楽しめる豪快なコンボです。
 よく見るとオモヒカネの直前で5000を超えていますね。

 全体的にテキパキと素早く行動する必要があります。
 おそらく初期位置からそのまま開始するのがいいでしょう。
 まあ低空J2Cができれば特に難しくありません。
 ラムダの低空クレセントよりははるかに簡単なので、落ち着いてやりましょう。

 6Bや各J2Cの後はかなり余裕があるので、できる限り長くダッシュして距離を詰めるのが良いです。
 6Aは見た目より判定が広いのか、やや遠めでも結構当たります。
 いまさらですがフルノツルギは長押し可能なので、ボタンはすぐ離しましょう。
 直後の6Aは連打で繋がります。

 ちなみに2Cをジャンプキャンセルするところは真上か後ろに飛んだほうが距離~バウンドの時間的に最後の6Aがほんの少し当たりやすくなると思います。


 #10に限らず、フルノが出にくいのがイラッ☆としました。
 ◆レビューにも書きましたが、オモヒカネは普通に出るのにヨガ系がどうにも……。
 それはそれとしてミューですが、使いやすい要素もありつつ弱点が多数設置してある気がします。
・驚異のリーチである6C →密着ヒットせず、外れると大惨事
・地上/空中の飛び道具装備 →低速かつ軌道が斜め
昇竜装備 →ふっとばし技
・コンボや割り込みに強いディストーション →リーチ超短い
・壁コンが強い →中央立ちくらいでは「なんかやってフルノ」くらいしかできない
 という感じで、強いのかそうでもないのかよくわからないキャラだなあと思いました。

 ビット援護による崩しや起き攻めは(使う人が使えば)強力なのですが、トツカやハバキリの使い勝手もかなりクセが強く、慣れないうちはビットを全く使いこなせません。
 やはりヴェノムのように、ビット配置の定石を研究していくと真価を発揮しそうですね。
 あまり関係ありませんが、こいつもニューみたいな英語ボイスで動かしたいところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿