過去記事更新

2011年9月22日木曜日

ポップン 2の早期特典は20曲+Des-ROW先生大活躍っぽい


 ゲームショウにて、ポップンミュージックポータブル 2のイベントがあったとか。

「pop'n music portable2 Special Stage at TGS2011」レポート
http://www.4gamer.net/games/139/G013918/20110918036/

 IIDXギタドラも、家庭用は第2次暗黒時代と化しているわけですがいかがお過ごしでしょうか。
 そんななか、たとえ派生作品であろうとPSP版がリリースされ、正直続編は絶対ムリと思っていたポップンポータブル 2なわけです。
 このまま頑張ればVitaあるいは3DSって方向もあるかもしれませんね。

◇価格が気になる
 ポップンミュージックポータブルと言えば忘れてはならないのがスピード廉価版化です。
 前作は2010年2月4日:4,800円として発売されましたが、
 2010年7月15日に1,980円の廉価版が出ました。
 半年未満で半額です。
 まあ私が買ったのも廉価版なので自分としてはOKなんですが。
  ※携帯機だけど出来は結構良かったよ!
 今のところメーカー希望小売価格:未定ですが、どういう価格設定にするか興味がありますね。

◇早期特典として「20曲」のDLコード
 上記記事によると「初回生産分のソフトには,なんと20曲が無料でもらえるダウンロードカードが封入されているそうだ」とのこと。
 この中には最新作の楽曲も多く含まれるとか。
 これは前項とも関わりますが、つまり先に買っても損はしないよ!ということなのかなと。
 もし、本当に万が一ですがまた半年で半額になったとしても、少なくとも「20曲」の分は入手できないわけです。

 あとは、このへんが気になるところです。
・「20曲」を後から買うといくらなのか(無料ではないだろう)
・楽曲配信は「何曲でいくら」になるのか
・「20曲」だけでも結構な数だけど、これ以降も(末永く)配信が続くのか?
  →なんか毎月20曲配信とか言ってますが、どこまで本気なのやら。
 まあ続報待ちってことで。

◇特別版もあるらしい
 調べてみたら、前作にも特別版があり、おなじみの「Vレアサウンドトラック」が付属したようです。
 が、なんと……廉価版の登場時に廉価版の特別版も登場していたようです。
 →コナミ通販のポップンミュージック ポータブル 特別版(当然売り切れ)

 あー……知ってたらこっち買ってたかも……。
 ともかく、今回はファングッズ+別売りもされるサントラという感じなので、まあべつにいいかなという感じではあります。

◇デスロウ大先生
 イベント記事にあったのですが……。

「ポップンミュージック ポータブル2」にも収録されている「大見解の新見解」をプレイ。

 なんだと

 とまあこの時点で購買意欲がアップしたわけですが……

さらに,「ポップンミュージック ポータブル2」のために書き下ろしたという隠し曲もこのステージで初披露され

 なん……だと……

 いやーほぼ大見解(と777)目当てでギタドラのサントラを買い、コナミスタイル限定販売の「D」も一時期聴きまくっていたので、そういう人がまだまだ最前線に出てくるっていうのはうれしいことです。



 総括します。
「何かそこにバレバヴィー」


0 件のコメント:

コメントを投稿