過去記事更新

2011年9月22日木曜日

Evo2011面白かったー@BBCS2/SF4AE

 Evolution2011がぶじ終了しました。
 次の日は普通に七時起きだったけど、なんだかテンションが上がってBBCS2だけUstreamの生配信を見ちゃいました(深夜二時~四時くらい?)。
 日本人でトッキードが残ってたのもありますが。

 現時点で、すでに主な試合の動画はほぼ揃っているようです。
 ◇てきとうにYouTubeで検索
 最終日のカードはこんな感じでした(ややうろ覚えです)。
 ラムダ(Severin) vs ハザマ(Wuku)
 ノエル(DS Moove) vs ハクメン(Spark)
 カルル(Zong One) vs ライチ(Lord Knight)
 マコト(Heart Nana) vs ノエル(ときど)

 このキャラのバラけ具合はむちゃくちゃ凄いんじゃないかと思います。
 特に決勝はライチvsハクメンでしたが、まさかハクメンがここまで残るとは誰も予想していなかったんじゃないでしょうか?
 当然ながら相性が厳しい組み合わせとかはあると思いますが(優勝者も途中で負けて敗者復活からの勝利だったとか)、やはりどんなキャラでもで頑張れるゲームなのかなあと。

◇聞き取れた英語
・overhead→中段
・anti air→対空
・baited(エサ)→スキの多い技を誘ってスカした、釣られた
・punish→カウンター、攻守交替となる反撃や、トドメ的な攻撃?
・droppedまたはmissed( a combo)→コンボミスった
・massive damage→超ダメージ(になるだろうと予想される時に多い)
・random→ぶっぱなし?

◇トッキード
 で、ときどさんですが、テイガーはもちろん相手がマコトでもライチでも美しいハイダーループで会場を沸かせたり凍りつかせたりしていました。

 この実況の人が当然ながら全キャラに精通しているようで、

 ANIMAAAAA!!
 コックージン……シップ~!
 ダイシャリン……オネガーイ。
 アアオゥユーキカァゼーー!!


 という感じでしっかり和名での技名を叫んでくれるのでほっこりしました。
 上の動画でも、very nice Four-D!とかSix-A,nice anti air!(良い6A対空だ!)とか言ってるので、やはり◆テンキー表記は海外でも同じなんですね(しみじみ)。
 内容的には、まあ素人の自分にはとても理解できないプレイスタイルですが、端でブルームトリガーを当てても、確実に相手が死ぬ状況でない限りは絶対フェンリル使いませんでしたね(実況の人も意外そうでしたが……)。
 そのかわり、5Cラピッドとかアサルト裏回りは多用してて、そういう闘い方もあるんだなあと。
 あと6A対空から2B空振り(?)で拾いに行くのが「へー」という感じで面白かったです。

◇決勝
 2ラウンドx三本(?)先取なので長いです。

 このハクメンはコンボだけ見ればどこかで見たなーという感じだけどほとんどミスしないし、何よりもライチやマコトに密着されても全然ガードが崩れないのが意味不明でした。
 どんだけ中段見えるんだっていう……。
 もともとハクメンはネガティブがつきにくい「待ちキャラ属性」があるとかで、座っていてもにょんにょんゲージが増えるくせにいくら中段や投げでがんばっても突破できない堅牢さは心が折れてもしかたないとしか。
 あと、以前どこかで「火蛍は出し得技」ってのを見たんですが、ようやくその意味がわかりました(真似できそうにないけど)。

 相手のライチも決して弱くはないと思うし、今回はこのハクメン、というか中の人が異常だったなあという感じでした。

◇闘劇 > Evo?
 Zong Oneのカルル戦の後で、実況・解説のトークでFamous player DIO...って言ってたような気がしました。
 あれはやっぱりよく大会動画に出てくる「DIOカルル」のことなのかな?
 と思ったら、その後でも DIO-Carl is able to...とか聞こえたのでやっぱりそうみたいです。
 これです。

 D slappy(2Dか3D?)とか言ってるので、たぶん「DIOカルルは基本コンボのように~~を繋げることができる」というようなことだと思います。
 ちょっとよく聞き取れませんでした(カンタービレ→3Dとか?)。

 なんというか……日本プレイヤーも世界に名が轟いてますなあ。
 さすがネット時代。
 こういうのに「フィオライチ」とか「VERさん(ログイン状態)」とかが出たらどうなるのかなあと思うんですが、やっぱり旅費やら時差やら考えると無理だよなあと。
 まあ闘劇でいろいろ見られればそれでいいか……。

 ちなみにDIOさんの動画はこちらとか。

 てかこの動画は実況が面白いのが好きなんですけどね。
 やや古いものなので、現在はさらに研究が進んでいると思われます。
 ◆BBCS2カテゴリページ



 スパ4はオレ的さんで◆まとまっていました
 ウメハラ氏はコンボミスが多くて本調子じゃなかったような(会場のモニターにラグがあったとかなんとか)。
 まあ、それも含めた結果こそが大会ってものですかね。

 で、なんとなくユンヤンフェイロンなのかと思ったら、前にどっかの大会で優勝したセスが出てきて、なにやらヴァイパーも強くて、サガットやアベルもよく見かけたし、終わってみればいろんなキャラが出てました。
 どうも調整が入るようですが、あの人たちは全く参考にならないので素人目にもウソくさいユンは下方修正したほうがいいんだろうなーと思います。
 まあそうなると「スト4シリーズはスパ4で最後になります」→「スパ4シリーズはAEで終わり」の発言がいよいよ黒い光を帯びてきますが……。

 あとフェイロンのウルコンてえげつない減りだなあと思ったら当て身なのかな?(やや納得)
 あれが当たると大歓声ですね。
 なんだかんだで盛り上がったなーと。

0 件のコメント:

コメントを投稿