過去記事更新

2011年11月24日木曜日

「The Darkness2」が国内発売されるらしいよ!!!!

「ザ・ダークネス2」国内でも販売されるとのこと。
 個人的にただならぬ思い入れがあり、かなり期待しています。
  ※ほぼ間違いなくZ指定だよ!
 海外版は2/7、国内では2/23と、それほど間を置かずに発売されるようですね。

 http://www.famitsu.com/news/201111/24005839.html
 (掲載動画に前作のネタバレがあるので注意)


◇前作「ザ・ダークネス」について
国内版公式サイト:http://www.spike.co.jp/darkness/

 簡単に説明すると、海外コミック原作の箱庭FPSです。
 銃器以外にも、両肩のウツボっぽいモノによる各種攻撃や、ステルス攻撃なんかも可能です。
 このウツボ(=ダークネス)は光に弱いため、進路上の街灯や電球を割って、「闇」を作り出して進むという、まさにタイトル通りのゲームです。

 ちなみにこの「ダークネス」ですが、敵を倒して心臓を食べさせることでレベルアップします(当然Z指定)。
 そういうゲームなので、向かない人にはとことん向きませんね。
 自分としてはほぼ初のFPSだったり、馴れ合いの無い世界観もあって妙な好印象を持ち続けています。

 国内版についてはスパイクがローカライズしており、なかなか良好なローカライズとなっています。
(ただし、360版・しかも日本版限定のフリーズバグの対応が無かったことでやや揉めたとか)
 前作は世界販売で100万本ミリオンヒットとなっており、メタスコアも◆PS3で80◆360で82というなかなかの高評価です。
 まあ聞き慣れない原作コミックの力と言うよりは、口コミでジワ売れしたのかなあと思っています。

 どうも「2」とはストーリー上の繋がりもかなり強そうなので、気になる方はやっておいたほうがいいと思います。
 ちなみに結構前のタイトルなので、PS3版のトロフィーはありません。
 トロフィーが無い、ということはアンチャで言うと初代が出たころなので、さすがにいま見るとグラフィックはショボいかもしれませんが、そのぶん格安で買えるかと思います。
(近所では中古が千円前後でした)
 ともかく、ダークな世界観が合いそうならばおすすめできる作品です。


(PS3) (360)



◇今作「ダークネス2」について
公式サイト:http://2kgames.jp/darkness2/(まだ仮オープンという感じ)

 さて今作ですが、まずE3前後で披露されたトレーラーのように、今回の「2」トゥーン系のレンダリングとなっています。
 やはり箱庭・アニメ調・FPSと言えば「ボーダーランズ」が連想されますが、雰囲気も含めてまた違った印象ですね。
(ダークネスはアニメと言うより、油絵っぽい感じかな?)

 E3での動画はこちら(埋め込みは自重)。 ※18才未満は閲覧禁止だよ!
http://www.youtube.com/watch?v=2quaj3iTSyY
 実際のインゲーム映像も続々と公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=xCZyDHLAziw&feature=related
 →他の動画を◆YouTubeで検索してみる

 思い切り人体の引き裂き(欠損)の表現がありますが、これは国内版では当然規制されるでしょう。
 上記ファミ通の記事に動画がありますが、今のところどうなっているのかよくわかりません。
 (攻撃しても腕とかは吹っ飛ばない、という感じになるかな?)
 まあ「フィアー2」のように死体がフッと消える、みたいなことでなければ構わないかなと。

 ディテール等はそれほど変わってないかな?と思って前作も見てみると、
■前作
http://www.famitsu.com/game/coming/1213897_1407.html?ref=rank
■今回
http://www.famitsu.com/images/000/005/839/4ecb55444c644.html

 はい、全然違いますね。
 三三( `皿) ←こんな感じの漫画っぽいデザインから、よりウツボらしく洗練されたという印象です。
 やはり、こういう独特なグラフィックスの作品は実際の動きをもっと見てみたいところです。
 ……といった感じで、生きる希望がまた一つといった感じのタイトルです。



ローカライズはテイクツー・ジャパンに
 正直どういったところなのか分かりませんでしたが、調べてみるとこちらが。

 テイクツー・インタラクティブ・ジャパンのゲーム
 http://www.gameman.jp/maker/10430/index.html

 LAノワール、ボーダーランズのように、どうやら英語ボイス+字幕のローカライズが基本方針となっているようです。
  ※願ったり叶ったりだよ!
 また、◆公式の注目作や予定作にはGTA、RDR、Bioshock等が並んでおり、超大作でも多数の実績を上げつつあります。
 この分なら日本版の品質についてもなかなか期待できそうですね。



総括します。

 「なんで前作の邦題は”・ダークネス”なのに、今回は”ダークネス2”なん?」

以上です。


ダークネス2 (初回生産版:ダウンロードコード同梱)(PS3)

ダークネス2 (初回生産版:ダウンロードコード同梱)(Xbox360)

0 件のコメント:

コメントを投稿