過去記事更新

2012年3月31日土曜日

ダークネス2:「VENDETTA」/各キャラの動きかた雑感だよ!!

■前回に続いて各キャラ雑感です。

もくじ
■ジミー
■ホーガン
■ショーシャナ
■イヌガミ

誰を使う?
 おすすめは、ひとことで言うとイヌガミ以外です。
 イヌガミは近距離特化キャラなので、中盤あたりはともかく、シールド持ちや瞬間移動系が大量に出る終盤では詰みに近いです。
 (まあオンで他の人と協力するならあんまり問題ありません)
 他のキャラはそれぞれ強いので誰を使っても最後までスイスイ行けるでしょう。

 強いて使いやすさ順を言うとホーガン > ジミー >> ショーシャナ >> イヌガミという感じです(あくまで自分の印象)。
  ※好みで選べばいいよ!


◇ジミー(酔いどれ)
 その見た目のせいか途中参加するとだいたいこいつが残ってるものの、実際に使ってみると非常に使いやすいことに気付くはず。
 処刑に必要なダメージ減+処刑で無敵化のスキルを取れば、R2一発→処刑を繰り返して長時間無敵を維持できる。

 弾速が遅くて一見使いづらいアックスも、至近距離~やや離れたくらいのところではノーコストで出せる投げナイフと思えば十分使える。
 投げた斧はミュルニール(あるいはミョルニル)のように飛んで戻ってくるが、ここにも攻撃判定があるため、相手に刺さる→戻すで二度のダメージが入る。

 処刑や心臓破壊モーションでは斧を使うが、投げた後でも処刑時には斧を持ってるというユルさもあるため、狙う時は何も考えずにL2連打してしまっていい。
 残弾が厳しい時でも、アックスを投げて相手をよろめかせる→処刑でそこそこ戦える。
 ただ、斧を持っていない時はR2の近接攻撃が素手殴りになってしまうことだけは注意。

 ゲージが溜まったらダークリングを召喚できる(アップグレードで数が増える+自爆)。
 ただ召喚するだけで勝手に索敵/攻撃してくれるため、全キャラ中最も簡単に効果を上げてくれる。
 広い場所では、ダークリングについていって敵を探してもらうことも可能。


 そんなこんなで、実は近(斧殴り)/中(斧投げ)/遠(ライフルに持ち替え)で戦えるオールラウンダーです。
 死ににくいことも含めて初心者にもおすすめ。

◇ホーガン(先生)
 慣れればたいへん使いやすい。(てか最強?)
 まず、敵が見えなくても「だいたいこの角度かな」と向きを合わせてL1で杖を振ればドンッと衝撃波で攻撃できるのが強力。
 弱い敵ならこれだけで宙に浮くので、R2近接数回かR1銃撃→処刑でいい。

 唯一の難点は一発ごとにチャージ時間が必要なため連発できないということ。
 これは左手の杖を構えたら再使用できる。
  →当てる~宙に浮いた敵が落ちてくるくらいの時間なので一対一なら余裕。
 杖が外れた場合はチャージ不要なので、とにかく「このへんに敵が居そう」と思ったら索敵代わりにブンブン杖を振っていけばいい。

 また、ある程度固い敵は一発では浮かない。
 これは普通に撃つか、適当に下がって壁越しにドカンドカン杖を振っておく。
 そういう敵もある程度弱れば浮くので、一度浮いたら近接→また浮かせる、のループで確実に倒せる。

 そこでもう一つ重要なのがR2近接ダウン属性があること。
 ほとんどの敵は「当てると敵が吹っ飛んで倒れる」ため、安全面でも頼りになるはず。
 もちろん硬い敵は一発では倒れないが、やはり一定ダメージでコロコロ転がるようになるため、いったん浮いた/吹っ飛んだらそのまま追いかけて杖殴りを連打すればこちらも確実に倒せる。
  →やや時間がかかるので、素早く処刑で回復したい場合は銃撃も混ぜたりする。
 実際は一対一ばかりではないが、浮かし/ダウンは一定時間敵を無力化するため、一度に複数体を相手にできるのもホーガン先生の強み。

 そして極めつけがブラックホール
 問答無用で付近の相手を即死/行動不能にする言わずと知れたチート技
 まあできるだけ敵が集まったあたりを向いて使うといい。
 これを出すと少し離れた敵も引っ張られるのに耐えるようなモーションになるが、この時も弱っていれば処刑できる(=回復できる)のは覚えておくといい。


 先生は特に一対一で強く、瀕死でも隠れてドンッでしのいだりできます。
 自分の場合はソロでHARDを進めた時に使いました(というかホーガンじゃないとソロは無理くさい……)。

◇ショーシャナ(ツン)
 いかにも強そうだが、なかなかに玄人向けの仕様。
 近接攻撃が弱いが遠距離特化というほどでもなく、独特の間合い調整が求められる。

 左手のダークネスガンはリボルバータイプで、そりゃ「当たれば」強いものの、二丁拳銃状態ではオートエイムも使えないため使い手のエイム力が要求される。
 このダークネスガンはL1長押しでタメ攻撃になり、やはり「当たれば」強い。
  →実際、命中率や立ち回りを考えると普通に連打してしまったほうがいいかも。
 基本的には、右手側のサブマシンガンで補助しつつ、よろけたところを左手でトドメというのが安定する。
 まあ最大の利点は斧や杖が届かない遠距離戦に強いことで、遠く離れた敵でもよく狙ってタメ攻撃すれば即死を狙いやすい。

 ちなみに「左」を押してダークネスガンを両手持ちすればエイム可能。
 ただし連射率低いわリロード長いわでいろいろ頼りないためネタ的な扱いかも。
 せめて両手持ちの場合はスピードローダーで高速リロード、とかだったらなあ……という感じ。
  ※見た目はかっこいいよ!

 使用可能なスキルはガンチャネリングで、一定時間残弾/リロードを無視した銃撃が可能。
 敵が固まっているところで一掃するのにはなかなか強い。
 成長により透視能力オートエイムを付ければデタラメな瞬間火力を発揮する(かも)。


 極めれば最強かもしれませんが、なかなかに難しいキャラです。
 実際は、あまり考えずダークネスガンを常時乱射して進むのが面白いかも。

◇イヌガミ(犬ではない)
 近距離特化の困った人。
 しばらくはスイスイ進めても、瞬間移動する敵やボスが出てくるとどうすんのこれという状態になりがち。
 困った時は意地をはらず右手銃や「上」のライフルを使うことも大切。

 R2素早い斬り攻撃で、スティック入力に対応している。
 至近距離ではR2を押したままにして右スティックをガチャガチャやると九頭龍閃的な高速斬りになる。
 この時はカメラ操作や移動が困難になるのであまり夢中にならないように。

 L1長リーチの単発攻撃(連発してもそれほどスキは無い)。
 走りこんでコレを出したり、物陰の向こうにしゃがんでいる敵を直接攻撃したりと使い勝手は良好。
 まあショーシャナと同じで、右手銃もうまく使って相手の動きを止めてから接近するといい。
 近距離キャラだからと特攻ばかりにならないように。

 スキル攻撃はスウォーム
 説明を見るかぎりでは動きを止めるだけなはず。
 せいぜい一人か二人斬りつけて処刑……で終わりになることが多い。
 複数の敵に使うにしても、他の協力プレイヤーが近くに居る時に使うのがいい。
  →一部のボスの動きを止めるにはかなり有効?


 とにかくL1牙突/R2乱舞が面白いキャラですが、スキルについては残ったハズレを引かされた感があり、総じて扱いは難しめです。
 協力プレイでならさほど問題なく戦えますが、そういうキャラだとは覚えておいたほうが良さげ。
(L1長押しとかで居合い縮地あたり使わせてくれませんかね)



 以上です。
 個人的には期待ゼロでしたが実際はかなり面白いオンでした(短いけど)。
 この感じならDLCや続編にも期待できるかなと。

 ではまた。


BAYONETTA(ベヨネッタ) PlayStation3 the Best

0 件のコメント:

コメントを投稿