過去記事更新

2014年9月19日金曜日

(終了)コミック1巻全額バック&手塚作品を千円でまとめ読み@ブラックジャック、火の鳥、ブッダ


 本日(2014年9月19日)より、手塚治虫の代表作であるブラックジャック、火の鳥、ブッダ各1,000円で全巻読めるセットの提供が開始されました。
 合わせて、手塚治虫&石ノ森章太郎作品の各タイトルについて全巻セットが30%引きとなっています。
◇『手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから展』開催記念
http://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/tezu-ishi/

 注意点として、1,000円の対象3作については閲覧期限(~10/2まで)があるため、指定期間後は読めないという、いわゆる[期間限定]系プレミアム版のような扱いになっています。
  →一応、通常版購入のポイントバック特典もあるけど微妙。
 ……と聞くとガッカリしてそっ閉じしてしまうかもしれませんが、これって有料電子レンタルですよねと考えると、個人的にはスルーできない話題だったりします。
 また、これとは別に(手塚/石ノ森作品に限らず)シリーズ漫画の第1巻を購入すると全額ポイントバックというキャンペーンも実施されています。



 まず、手塚治虫×石ノ森章太郎キャンペーンの詳細はこんな感じ。
【閲覧期限付きセットについて】
・販売期間:2014年9月19日(金)0:00~9月25日(木)23:59
当セットは、閲覧期間が過ぎると閲覧ができなくなる商品です。あらかじめご了承ください。
・閲覧期間について、ご購入前に、必ずご確認ください。
・購入日によらず、閲覧できる期間は2014年9月19日(金)0:00~10月2日(木)23:59です。
・当セットをご購入いただいた方が、9月19日(金)~10月2日(木)の期間に、当セットに含まれる通常版コンテンツをご購入した場合、後日、1冊ごとに税込ご購入金額の20%分ポイントバック(10月末まで利用可能)いたします。ポイントの振込について、10月上旬を予定しております。

【セット購入30%OFFについて】
・販売期間:2014年9月19日(金)0:00~10月2日(木)23:59
・対象のセットについて30%OFF


http://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/tezu-ishi/
(サイト下部「キャンペーン概要」より)


 よく見ると「販売期間」「閲覧期間」は終了日が1週間違います。
 これは「期間前日に買ったら次の日読めなくなった」みたいなことを防ぐためでしょう。
 で、今回の値段設定は……最初高いかなーと思いましたがいや、そうでもないか? という気も。

 自分もゲオでよくマンガを借りますが、たしか2泊で1冊100円、10冊以上だと1週間70円くらいでした。
  →地域によって違うらしい?
 もしくはマンガ喫茶のナイトパックなんかを駆使するにしても、1,000円分で読破するには無茶すぎるペースというのを考えるとわりと妥当な気がします。
  →追加の通常版購入については50
 問題は期間というより期日がある点で、読みたくなった時に読めないというあたりですかね。
(もっと言うと、手塚作品クラスなら大きめの図書館で借りられる)


 なお、「閲覧期限付きセット」購入者が、期間中にセットに含まれる通常版コンテンツをご購入すると20%分ポイントバックというのもありますが、ここはかなり説明不足。(っていうか……)
 一見、セールの30%引き+20%オフかと思いきや、サイトを見る限り火の鳥、ブッダのセットはいずれもカラー版だし、ブラックジャックについてはセットセールは無しとなっています。
 普通に考えると通常版/カラー版は別物なので、おそらくポイントバックも適用されないため注意したほうがいいでしょう。
 ちなみにいま現在は第一巻の全額ポイントバック(後述)が実施中ですが、◆火の鳥 モノクロ版の全巻セットには特にそれらしい記述が無い点も、正直雑だなあと感じるところがありました。




 といった感じで、今回のキャンペーン自体は環境によってはアリなんじゃないですかね程度の感想です。
 強いて言えば、どろろ、リボンの騎士なんかにもカラー版が出ていたことがプチビックリでした。
  →サンプルを見た感じではクオリティは高めでいい感じ。
 ただ期限付きの有料コンテンツという点は非常に興味深いです。

 最近、メジャーな電子書籍ストアは[期間限定]表記の無料本(=ダウンロードしても期日を過ぎると読めない)が日常的に配信されています。
  →直近のものは◆当サイトのトップページでメモしています。
 これらを見て、以前から有料/1週間限定とかでもいいので「電子レンタル」でまとめ読みできたら最高なんだけどな、と書いていました。
  →買うほどじゃないけどとりあえず見たいという需要。
 今回のキャンペーンについてはセット販売やイベント連動の意味合いが強い気がしますが、たとえば、

 「劇場版公開記念! 1,000円で進撃の巨人1巻~最新刊までまとめ読み!」
 (特典で一部カラー版も読めるよ!)

 ……なんてのがあったら結構な反響があるんじゃないでしょうか(たとえばの話)
 これがさらに進んで、好きな作品を好きな時にレンタルするというのがもし実現したら電子販売のありかたまで変わってくるんじゃないかと思います。
  ※あくまで利用者目線での意見だよ!

 ともかく、当分は突発イベントのような形でも、また新たな試みがあればいいなと期待しています。
 こういったものは出版社ごとに意向も違うだろうしまだ難しいと思いますが、◆2014年1月号でいきなり完全電子化したアフタヌーンのような例もあるし、電子購入派としては、今後も突然、何か面白いことが始まるのではないかと楽しみにしています。



 もう1つ、本日から始まっているのがコミック第1巻 全額ポイントバックキャンペーン。
 まず詳細から。
★期間:
2014年9月19日(金)~9月25日(木)23:59

★キャンペーン内容:
対象のコミック第1巻のご購入につき、税込購入金額を全額ポイントバック。

★対象コンテンツ:
本特集ページに掲載されている対象コミックの第1巻

★ポイント振込:
10月上旬に、10月末までご利用いただけるソニーポイントをプレゼントいたします。

ポイント名称:コミック第1巻全額ポイントバック

★他のキャンペーンとの併用について:
他のキャンペーンで価格が割引されている本に対しても100%ポイントバックされます。
ポイントバックキャンペーンが重なった場合には、最もポイント還元率が高いキャンペーンのみが適用されます。


◇コミック第1巻全額ポイントバックキャンペーン
http://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/2014comic1st100point/


 以前にも◆第1巻が100円になる(過去記事)なんてのがありましたが、ついに全額バックになりました。
  →相当な手応えがあったんだろうなあ。
 今回の8,000冊以上だという対象コミックについては、「本特集ページに掲載されている対象コミックの第1巻」となっています。
 たとえば「げんしけん」1巻はもちろん対象ですが、「二代目の壱」は10巻扱いなので対象外、あと集英社系◆独自に「秋のコミック大祭りを展開中(~9/21)のせいか対象外……といった具合に例外もあります。
 お目当ての作品が対象かどうかは、ページを開くと値段の下に「コミック第1巻全額ポイントバック対象 期限:2014.09.25 23:59」の表記があるかで確認できます。
  →上の火の鳥の画像を参考に。

 まあもちろん購入時には通常の決済が必要ということと、もらえるポイントの有効期限は来月末まで(=次回購入分との相殺)という点には注意しましょう。
 自分の場合は毎月月刊アフタヌーンを買っていますが、来月に特に買う予定も無いのに数千円分も買ってしまうと、結局無駄にポイントを使うことになりかねないのでご利用は計画的に。

 ……とは言え「全額」なので、ヘビーユーザーでなくとも十分に利用価値はありそうですね。
 個人的には、単独カテゴリー化できるほどにガンダム関連が増えてきたのが感慨深いところです。
◆第一話が無料配信中のベルトーチカチルドレンがあったら迷わず買ってた)



 今回は以上です。

 その他の電子書籍関連■「リーダーストア」ラベルから。


(備考)◆「ブラックジャックによろしく」「漫画貧乏」は常時無料です

0 件のコメント:

コメントを投稿