過去記事更新

2013年10月13日日曜日

2013秋アニメ/各初回の感想だよ!(ガンダム、キルラキル、ブレイブルー)


 2013年秋アニメ作品初週の感想です。



 一応、ニコニコの公式放送まとめ:http://ch.nicovideo.jp/ch2580471


◇ガンダム・ビルドファイターズ
 開始ゼロ秒から最後までニヤニヤが止まらなかったです。
 大破して浮遊するジム(パワードらしい)から始まるどこかで見たモビルスーツたちの大運動会の数々は「ガンダム最新シリーズ」の名に恥じないクオリティでした。
 栄えあるかませ第一号を担当したのがギャンというセレクトもさすがで、最古参から平成ガンダム以降まであらゆるファンをマルチロックオンしているようです。
  →ビックカメラに行ったら最前面でギャンが平積みしてあった……。
 なお、ニコニコ配信版では登場するMSの名前が字幕で出たり(出なかったり)していましたが、その情報量の多さ、マニアックさ「ガンダム」以外ではあり得ないものでしょう。
  →戦闘シーンでも、過去作のオマージュカットが多数入っているみたい。

 内容については、まず設定が本物のガンプラを動かすというものでした。
 前身のビギニングGではスキャンしたガンプラのデータによるシミュレーション戦闘でしたが、今作は負ける=プラモ自体も壊れるということなので、戦闘の緊張感はかなり高くなったかと思います。
 まあなんとか粒子で動かしているとしても、バーニアとかサーベルとかどうなってんのという気がしますが「細けぇことはいいんだよ!」とスルーしましょう。

 そんなわけで月曜日もポジティブなことになりそうな今後の展開にも非常に期待しています。
 ちなみにホビージャパン(CM入れてたな)や電撃ホビーの来月号はいずれもビルドファイターズ特集のようなので、久々にどっちかは買ってみようかと思います。
 今回も公式外伝とかもやるみたいですが(今のところ◆HJの炎はゼータを赤く塗って付録のアレを持たせただけにしか見えなかった)、ひょっとしたら本編にもセブンソードやアストレアくらいはチラッと出てくるかもしれませんね。

+見どころ
・展示してある主役機たち
・本当は強いウイングガンダム
シールドで難なくバード形態を撃墜するギャン
・お父さんのファースト
 →あの二枚抜きはやっぱりF91なのかな?
ラルさん「いい目をしているな」「度胸もある」(声は本人らしい)

ホビージャパン:http://hobbyjapan.co.jp/hobbyjapan/ja/(次号予告載せてほしい)
電撃ホビーマガジン:http://hobby.dengeki.com/hobby/


◇キルラキル
 第一話から期待通りにテンションが高かったです。
 あれだけ無駄な絶叫が見られる熱血アニメも久々というか、やっぱグレンラガン以来ですかね。
 単純に勢いだけでなく、吹っ飛ぶ俯瞰シーンだったり、グローブのワイヤー模様だったりでCGを多用しているのも、なんとなく変なこだわりが無くて清々しいです。
 あと、エヴァからの十数年で出尽くしたかに見えたフォントについても、今作では超極太の丸ゴシック(赤)が非常に個性的で、演出としても強く印象に残りました。

 ストーリーは、2つ星、3つ星のような強い制服があり、主人公はそれを切り裂ける謎のハサミを持っているってことで、キャラは多いものの分かりやすいです。
 どうも着る(制服)と切る(ハサミ)が主題のようで、切れば切るほど着るものが強くなっていくみたいな感じでしょうか。
 初回は主人公が制服に脱がされてましたが、話の仕様上毎回誰かがビリビリに脱がされることが予想される……かもしれません。
 ちなみにアフタヌーンっ子の自分としては、のパンツ・ハサミと風林火山(変換できない)の「楯無」を連想しました(余談)。

+見どころ
こらーーー!(ごく自然に行われるフライングクロスチョップ)
・お約束として初戦でボロボロに敗走する主人公
・じゃくずれののん → ハルハラ(新谷真弓)だ!!(喜)
 →意外とTVアニメにはあまり出てないんだなあ。
・音楽はユニコーンや進撃も担当した澤野弘之
エビだー!(驚愕) エビフライになったぞ!(どよめき)
・左ジャブ(物理)右フック(物理)右ストレート(斬属性)
・やさぐれ主人公かと思ったら赤面属性だった


◇ブレイブルー オルターメモリー
 だいぶきつかったです。
 声はいいんですが、1クールに詰め込んだためなのか急展開すぎるのがなんとも。
 格ゲー原作だけに期待のかかる戦闘シーンも今ひとつな印象でした。
 あと、OP前の短いカットがいきなりOP内で使い回しされているのはさすがにどうなのと思いました。

 登場キャラは、ざっと見てOP前でラグナ、ニュー、姫、ハザマで、その後ジンとノエルが出て、タオカカに絡まれて、姫様がポエムを挟んで、ジンを倒したら誰だお前(ズェア)で終了。
 ファンとしては動くキャラが見れて結構ですが、初見の人は理解不能でしょうね。
 そんな低予算臭は感じますが、1クール走り抜けた先に何が待っているのかは見守りたいと思います。
 なお録画はハンターハンターと被るようなのでニコニコで見ています。

 とりあえず、よく分からない方はぶるらじHを見れば興味がわくかと思います。
  →■前回の動画紹介
 まあ現行のぶるらじはCP仕様なので、ノエルやツバキ(イザヨイ)の見た目が違って逆に混乱するかもしれませんが。

+見どころ(?)
・「ここが第十三階層都市、カグツチかー」(棒読み)
・タオカカ戦:6A対空(上半身無敵)で勝利
・ノエル戦:画面端からハイジャンプで離脱
・ジン戦:ヒャドに対しヘルズ(?)からよく分からないインフェルノ(?)叩きつけのみでKO
・てめえには聞きたいことが山ほどある→倒したから帰るね
・次回予告(杉田枠)


◇ハンターハンター(続行)
 これからもエグい話が増えていくところですが、10月からは火曜深夜への枠移動となりました。
 OPは据え置きで、EDはゆずの新曲に変わり、コムギ軍儀が大きくフィーチャーされていました(いよいよか……)。
  →OPの会長のyou can「心」は何度見てもいい。
 とりあえず次回はイカルゴが出るようです。

 当初はキメラアント編をやるかどうかも危ぶまれていましたが、打ち切りにならなかったことでまずは一安心です。
 かなり原作に忠実で好印象だし、オリジナルの劇場版もヒットしたようなので今後も安定して見られそうかなと。
 とりあえず、深夜枠になった関係で次回予告周りの子供向けっぽいノリは減っていくかな?



 といった感じです。
 これまでのアニメ関連は■このあたりから。

 ではまた。


HG 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ (ガンダムビルドファイターズ)

0 件のコメント:

コメントを投稿