過去記事更新

2013年10月4日金曜日

2013夏/日清食品の株主懇親会#13に行ってき(てもらっ)たよ!!!!


 日清食品ホールディングスによる第13回株主懇親会について。
 平日開催なので、いつも通り代理出席で家族に行ってきてもらいました。

 毎度すごいことになっているおみやげの物量も紹介しつつ、参加が抽選制だった件についても少し。

*(2014年夏)は■こちら。


+おみやげについて▼追記しました。
+GooTa大豆&野菜(の増量)についても▼追記しました。


◇今回は定員制
・日時:2013年9月24日(火)
・会場:ホテルニューオータニ東京
 →今回も付近の各駅から案内の人がたくさん居たみたい。

 大きな変更として、今年の懇親会は午前/午後各1,500名の定員制でした。
 こちらは所有数で、午前の部は200株以上、午後の分は100株で分かれていました。
 自分の場合最低単位の100株なので午後の応募でした。

 流れとしては、株主の元に案内が届く→参加申し込みを返信→抽選結果が届くという感じ。
 通知を見ずに応募し忘れた場合は参加できないので、今後はちょっと注意したほうがいいかも。
 当日の話によると、午後の分だけでも定員1,500名に対し、2,500ほどの応募があったらしく、約半数が落選となったことになります。
 それでも、当日の会場はやっぱり大混雑のような状況だったそうです(二時間ほどで1500人をさばくわけだし……)。

 で、今回は当たったからいいものの、この比率だと次回どうなるか分からないのでできればより多く参加できるようにはしてほしいですね。
 ただ参加希望者は順調にというべきか年々増え続けており、◆前回(←過去記事)では午前+午後で4,500人ほどが来場したとか。
 さすがにものすごい混雑でロクに試食もできないというクレームすらあったらしく(うーん……)、そのあたりも今回の定員制の要因となったのかも。
  →カップヌードルミュージアムの時のパシフィコ横浜なら広さ的には大丈夫かな?
 まああっちを立てればこっちが立たずですが、次回開催がどうなるのか気になりますね。





 メインイベントの試食会について。
 ちなみに家族に感想を聞くと、毎回「ニューオータニのコーヒーはうまい」と言われます。
 ブース的には、◆前回と比較すると「ラ王」「どん兵衛」の専用ブースが統合された代わりに、人気のおにぎりを2つにした、という感じ。

◇「日清食品」ブース・1
・日清カップカレーライス ビーフカレー 中辛
・日清のごんぶと 天ぷらうどん

 カップヌードルごはんのヒットを受け、すでにあるカレー味ではなく「カレー」がリリースされましたね。
 こちらは今回のおみやげにも入っていました。

(左は普通に買っていたチキンラーメンごはん

 すでに店頭に並んでいる通り200円くらいで、甘口/中辛/辛口が同時にリリースされています。
 調理方法はリニューアル版のカップヌードルごはんと同様で小袋は無く、水を入れてレンジで温めるだけでできあがりです。
 これまでのカップヌードルごはんと違ってリゾットのような感じになるらしく、よりカレーっぽいものになっているとか。

 前からちょっと気になってはいたので、気に入ったら辛口も買ってみようかと思います。
 ちなみに、自分が一番好きなチリトマト「ごはん」化はちょっと望み薄かなあ。

 ごんぶとは、はるか昔からある生タイプのカップうどんですね。
 以前は250円くらいした気がしますが、一応希望小売価格は190円のようです(まだ高い?)。


◇日清食品冷凍ブース
・チキンラーメンおにぎり
・カップヌードルおにぎり

 一時はコンプ何たらの艦これ号のごとく店頭から姿を消したという人気商品でしたが、さすがに最近は普通に置いてあります。
  →安いところでは200円を切っていたり。

 冷凍食品だけに保存がきくので、とりあえず買っておいて、時間が無い朝に食べるのがおすすめです。
 エビ&肉入りのカップヌードルおにぎりもアリですが、あまりコショウがきつくないチキンラーメンのほうが好みの味でした。
 ただ↓こちらの公式サイト画像……そんなにでかい鶏肉は入ってなかったぞとだけは突っ込んでおきます。
  →http://www.nissinfoods-frozen.co.jp/onigiri/product.html

 そう言えば袋にもお湯をかけてお茶漬けにと書いてありましたが、いつも忘れて普通に食べちゃってます。
  →どこが「お茶」なのか、というのはさておき。
 これも今度試してみたいところです。


◇日清ヨークブース
・ピルクル カロリー55%off(200ml)
・十勝のむヨーグルト(65ml)

 ここはいつもの感じですね。

◇日清食品チルドブース
・日清の太麺焼きそば 濃厚鰹だしソース

 今回の焼きそば枠です。
 いつも「ひるぜん」とか「横手風」とか、今回のも「鰹だし」と聞いただけでウマそうです。
 ……が、どうも店ではまず見かけないのが困ったところ。
 こちらは「チルド」ってことなので冷凍でなく「冷蔵」のエリアですが、まあ並みのスーパーではあまりスペースを取るところでもなく、競争は激しいのかも。


◇味の民芸ブース
・民芸 ちゃんぽんうどん

 日清食品グループ傘下となっている民芸のうどんです。
 かなりスタンダードなところを出してきたみたい。
 最後に食べたのも相当前ですが、太くて先端だけ平たくなっているという特徴的な麺だったような。
 最近では、うどんと言えば小諸そばか富士そばくらいなものです。


◇日清食品ブース・2
・日清ラ王 塩(袋麺)
・日清のどん兵衛 鴨だしそば

 (渋谷駅に)食べにいける即席めんとして人気の両者です。
 とりあえずどん兵衛の鴨だしそばについては、今まで食べたカップそばで圧倒的No.1でおすすめです。
 そばってなかなか応用が難しいのか、カップめんでの斬新なメニューは数年に1つも出てないという印象です。
 塩そば醤油そば味噌そば(んなもんないか)に激辛とか、なんかわけわからない「そば」が出ないかなーとたまに思います。
 まあペヤングの焼き蕎麦だいぶキツかったので、あんまり冒険しすぎてもらっても困りますけどね。
  →ペヤング亜種ではイカすみ(だけ)はすごく良かった。

 そしてラ王ですが、醤油・味噌を何度も食べた上で正直に言うと袋ラ王はスープが微妙だと思いました。
 やや高いラ王カップめんだと、スープが液体と粉末に分かれていますが、だと小袋1つにまとめられていて、なんかちょっと味が違うんですね。
 もちろん麺はうまいだけにちょっともったいないなと。
(さすがに自力で味をちょい足しするのはハードルがやや高い……)


 ところでラ王がお店で食べられる「日清ラ王 袋麺屋」ですが、サイトを見てみると現在は「塩」が追加され、来週の10/7(月)からは「豚骨」も提供開始するとのこと。
  →ついでに、向かいの「どん兵衛屋」ではレンジの釜めしも始めたみたい。
 当初はネタのような店舗として期間限定オープンのはずでしたが、未だに尋常ならざる支持で順調に営業しているご様子です。
 ……ってかいつか行ってみたいとここ数年言い続けてまだ一度も……(もっと出店しないかな)。

◇日清ラ王 袋麺屋
http://www.rao.jp/menya/


◇明星食品ブース
・明星 Quick1 チキンコンソメ
・明星 極麺 味噌(袋麺)

 Quick1はおみやげに入っていました(ブイヤベース味)。

 その名の通り、お湯を入れて1分のカップめんです。
 こちら、ニュースリリースによると2013年度のグッドデザイン賞を受賞したとのこと。
  →http://www.nissinfoods-holdings.co.jp/news/group/news_release.html?nid=3269
 まあパッケージに「食物センイ」とか「198kcal」とか推してあったり、めん44gというのを見ると女性向けな路線でしょうかね。

 そして究麺(きわめん)は、◆前回の株主優待に入ってたのを食べましたが……えーとすいませんちょっと覚えてません。(なんとなくいい感じではあったような)
 現在ラ王、究麺以外にもマルちゃん正麺、サッポロ一番の麺の力等、麺がウリなものがいろいろあるので、それぞれ競争して、時にリニューアルとかしつつ成長してほしいなあとか。


◇海外子会社ブース
・CUP NOODLES Gallina(コロンビア)
・NISSIN Tom Yum Kung Sabb(タイ)

 海外系です。
 Gallinaというのはチキン系っぽいです(チキンラーメンとはまた別の)。
 タイのほうはマッハ……じゃなかったトムヤムクンです。
  →酸っぱい系はだいたい苦手。
 まあ日本人が好むタイ料理と言えば、生春巻きフォーもっと評価されるべき(ファミレスで常備すべき)だと思いますがどうでしょうか。


 ところで、先日海外から友人が帰国してきた時、何かが違う出前一丁をたくさん買ってきてくれました。
 いずれもスープが違うだけの袋麺ですが、「牛肉麺」とか「香辣海鮮味」とかでかなりのカオス度となっていました。
  →その時開催した「闇ラーメン」についてはまた今度。

 ぼんやりと海外ではマルちゃんの人気がハンパないらしいと思っていましたが、日本語ロゴも大きく刻まれたDEMAE RAMENも、一店舗で10種以上が普通に揃うレベルの人気商品だったりするようです(まったく知らなかった……)。
 土地的にはヨーロッパらへん(地理に弱い)らしく、萌えアニメ大好きなフランスに限らずとももはや国民食である「日本式ラーメン」の認知レベルは思った以上に高いのかもしれません。
  →バカボンやナルトがラーメン食いまくってるのも効果があったのかな?


◇日清シスコブース
・ココナッツサブレ ミニ
・シスコーンクッキーといっしょ フロスト

 両方おみやげに入っていました。
 サブレは定番として、シスコーンクッキーというのは初めて見ました。
  →そのまんま、クッキーとシスコーンが一緒に入っているというもの。
 うーん、なにやら不思議な組み合わせというか……。(合うのかな?)
 牛乳をかけてもいいけど、そのまま食べるのを想定しているような造りでした。


 なお裏側にはシスコーン坊やの家族たちが紹介されていました(こんなに居たのか)。
 まあお菓子担当は日清シスコなわけだし、朝食用として強いシスコーンをお菓子ジャンルに活かす試みといったところでしょうか。
  →カップヌードルごはんみたいに。
 そういう意味で、見慣れているけどシリアルコーナー以外では見慣れないシスコーン坊やが、お菓子コーナーに配置されるとちょっと目を引くかもしれません。
 ちなみにロゴはサブレもクッキーも「NISSIN」だったので、以前の「Cisco」から完全に移行したみたいですね。




 続きです。もらってきたおみやげについて。
 画像の通り、紙袋に全部入れるとずんとくる重量です。



+試食にあったもの:
・日清 カップヌードル
・明星 Quick1 チキンコンソメ
・日清カップカレーライス ビーフカレー 中辛
・ココナッツサブレ ミニ
・シスコーンクッキーといっしょ フロスト

+袋めん:
・ラ王 醤油
・日清焼きそば
・出前一丁
・チキンラーメン


+もう二点はこちら。これについて少し。
・コイケヤ ポテのん リッチコンソメ味
・日清シスコ GooTaグラノーラ たっぷりフルーツ


◇ポテのん:油で揚げないポテトスナック

 なぜコイケヤ? と調べてみたら、日清食品との共同開発商品とのこと。
 この手のものだとジャガビーが一番好きなんですが、このポテのんのウリはノンフライ製法ということ。
  →だから「のん」なのかな。
 たしかにノンフライのポテトスナックってのはあった気もするけどほぼ無いし、パッケージにも「コイケヤスナックで初めて生じゃがを油で揚げない新製法ポテトチップス」と書いてあります(特許出願中だそうな)。


 食べてみました。

 見た目も味も普通のスナックと変わらないので、カップ麺みたいにノンフライならではの……という感じではなかったです。
 つまりスゲーーうまいってわけではないんですが、ノンフライなせいでダメってのも全然ありません。
  →揚げたかどうかなんて言われても分からないレベル。
 やはり同じ味ならノンフライのほうがよさそうですが、特にインパクトは無いという感じでした。

 なお味は「リッチコンソメ」ってことですが、「オニオンスープ」のほうが近い印象でした。
 玉ねぎが強めで、甘めな味付けに感じました。
 悪くはないので、この前見かけたトマトサラダ味というのも一度は試してみようかと思います。
 まあじゃがりこを倒すのは至難ですが、新味を出したりして頑張ってほしいですね。


◇ただでさえ具の多いグータさんが280gに
 GooTaです。
 ちょっと前にも◆優待で送られてきたやつを事前に買ってた(←画像)ことがありましたがまたでした。
  →ある意味、買うべきものを買ってるってこと?

 こちら、あれっ新しいの出てると思って買ったんですが、よく見たら以前からあったものが50g増量となったものでした。
  →http://www.nissincisco.co.jp/goota/
 味で言えばGooTaグラノーラ:大豆が一番好みですが、このたった50gで一躍お気に入りNo.1としてしまう自分がそこには居ました。
 いやーまあ消費税やらなんやらありますし、この増量はたまには(シスコーンと一緒に)GooTaも買うかと思わせるには十分です。
  ※ありがたいよ!!(わりと切実に)
 これは野菜、大豆のほうも、いつか……? というのは期待せずに待っておくこととします。


+追記:大豆・野菜も増量していました。
 GooTaグラノーラ「たっぷり大豆」、「たっぷり野菜」も、それぞれ40g増量(180g→220g)になっていました。

 普通に全種売っていたのでとりあえず買ってきました。
 従来の180g袋は縦長でしたが、リニューアル後は黄金比っぽい比率なのでひと目で分かります。
(前回買った時は、たまたまフルーツだけ新しいのになってたみたい)
 これも以前はほとんど置いていなかったのですが、去年くらいから相当シェアが伸びているなという印象です。
 合わせて販売開始されたという大容量版(家族向けか)については今のところ見たことがありませんが、これもそのうち並び始めるのかも。

 ちなみに「グラノーラ」というジャンル的にスタンダードなたっぷりフルーツは当初から230gで、増量後は280gです。
 大容量版についても、大豆、野菜480gフルーツ600gとなっていました(けっこう違うなあ)。
 いずれにしてもたっぷり大豆まで増量されたのは熱いです(?)。
  ※ありがたいよ!!!!
 こうなると、まだ食べたことが無いたっぷり野菜も気になるところですが、まあこういう時食べ物に関してあまり好き嫌いが無くてよかったなんて思いました(そういう人におすすめ)。

一応ニュースリリース:http://www.nissincisco.co.jp/news/detail.html?news_id=3246


 中身はこんな感じ。
 ドライフルーツはレーズン、りんご、パパイヤ、マンゴー、いちご(レーズン以外はサクサク)で、6種のシリアルはかぼちゃの種やライ麦など。

 とりあえず語れるほどこういうグラノーラを食べたことないので、どれがどれやら分からないし、他との比較もできません。
  →これを機にいろいろ買ってみようかな(と前にも思った気がする)。
 まあ見ての通り彩りもあって、よく分かんないけどなんか身体に良いに違いないというオーラは有りますね。
 主成分丸っこいやつ(麦? とうもろこし?)は、パッケージでも「サクサク食感が長続き」強調してあるとおり、牛乳をかけてもしばらくはカリカリ感を保っていていい感じです。
 ただ、オーツ麦(?)あたりはゴリゴリしていて、食感があるのはともかく歯に詰まりやすいので、朝に食べたらよく歯を磨きましょう(余談)。





 といった感じでした。
 懇親会では、株主満足度(たぶん食品部門)のランキングが少しずつ上ってきていて、今年はマクドナルド、ダイドーに続いて三位だった、という話が出たそうです。
 ちょっとどれのことか分かりませんが、ダイドーのページを見てみたらそれっぽいランキングがあって、確かにそんな順位に居るようです。
  →http://www.dydo.co.jp/corporate/ir/investor/inv_03.html
 ここは定員制にしたことがどう受け取られるかがちょっと気がかりではありますね。

 そんなわけで、次回は12月ごろ冬季優待になるかと思います。
 最後に、今回もらったひよこちゃんグッズ、なにやら丈夫なはしカップヌードル消しゴムの画像を。


 ではまた。

 これまでの分はこちらから。→■株主優待ラベル


リボルテック ラオウ 北斗の拳REVOLUTION Series No. 007

0 件のコメント:

コメントを投稿