過去記事更新

2013年2月13日水曜日

新生トゥームレイダー動画で動悸が乱れがち


 トゥームレイダーのロングプレイ動画(+英語スタッフコメンタリー)が上がっていました。
 いやもうアレですね、TPS的なエイム操作、ステルス要素、カバーアクション、ガラの悪い奴らとの対人戦……と来て、もうアンチャですねコレ。
 もう超見たいけどまだ見たくないので飛ばし飛ばしでスルーしつつ視聴終了です。
 ここまで来るともう自分の知るトゥームレイダーは面影しかないのですが、あーーもーー超面白そう!!!! という感じで今年度不動の最優先タイトルです。

 以前のシリーズでは、それこそアンチャのように軽口を叩いて進むB級アクションムービーな雰囲気でしたが、今回は化粧もせずに泥まみれ、痛々しい描写、エグい攻撃が前面に出ておりサバイバル・サスペンスに転生したような印象です。
  →でも、独りきりでビクビク進んでいくあの感じはやっぱりトゥームレイダーだなあとか。
 何を隠そうあらゆるゲームで一番好きなシリーズでもあるので、こういう形の「リブート」であれば大歓迎です。
 これで謎解きやクライミングもふんだんに入っていれば言う事なしですが……そんなこんなの不安と期待でそわそわしているところです。

 ちなみに国内版(4/25)は、海外版(3/5)から約二ヶ月遅れとなります。
 今回は暴力表現も多いので規制も心配ですが、今のところ「Z指定予定」とのことだし、ここはCOD4以降コアゲー市場に注力しているスクエニ様に期待しておきます(今後とも)
  →このシリーズに関して言えばゴア表現とかはどうでもよさそう(?)だけども、一応。
  →あとトゥームレイダーにはなんとかエッジとかいうレーベルは貼らないで頂きたい(真顔)
 ただ、どうもララ役を務める甲斐田裕子氏がガンダムUCのマリーダの人だったりするのもあって、ここはムリせず日本版にしようかなと思います。
 これで一度も交換したことのないスクエニポイントがまた少し溜まりそうですが今回は以上です。

(余談)
 英語に抵抗が無い方は↓輸入盤のリマスター三部作(プラチナ3コ入り)が安いのでおすすめです。
 (そのうち以前書きためた記事を上げるつもり)
 「ノーヒントの謎解き」は向かない人にはまったく向きませんが、知的快感を満たしたい人はいつか挑戦してみて下さい。

(Amazon)Tomb Raider Trilogy( 輸入版 )

0 件のコメント:

コメントを投稿