過去記事更新

2013年2月21日木曜日

──PS4正式発表──

 PS4が正式発表されました。
  ◇「PS4」ついに正式発表、新たなゲームハード登場へ
  http://gigazine.net/news/20130221-ps4/

 現在、キルゾーン最新作などの中継が続いています。詳しくはまたあとで。
  ◇公式配信
 http://www.jp.playstation.com/playstation2013/

◇追記@2013/2/22:
 YouTubeのPlayStationアカウント内でPS4向けの各タイトル動画が視聴できます。
 http://www.youtube.com/user/PlayStation?feature=watch

 なお、全編英語ですがPS meeting配信時の様子(二時間分)も合わせて公開されています。
http://www.youtube.com/watch?v=RiNGZMx2vhY720pで視聴可能)

 ……では雑感です。

 自分は朝の配信を少しだけしか見られなかったのですが、たまたま映っていたのがキルゾーンでした。
 ちなみにニコ生はなんと開始15分でトラブルがあり中断、タイムシフト視聴も不可という残念なことになっていたようです。


 正直、配信を見た時点ではあーすごいけど……こんなもんかという感じでしたが、後に公開されたスクリーンショットを見るととんでもないことになっていました。
 やはり配信画質では伝わるものも伝わらないというか……。

 ◇PS4用最新作「Killzone Shadow Fall」が発表:ムービー&スクリーンショットも公開
 http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130221002/(4gamer)

 特に変装ヘルガスト(?)の衣服の複雑なライティングや、スペック的なリミッターが解除されたかのような隊員のフル装備、そして未来都市遠景の情報量明確な「説得力」があります。
 ぶっちゃけて言うと「キルゾーン」自体にはさほど良い印象は無いのですが、このレベルであればグラフィック目当てで購入予算を検討せざるを得ません。
 コアゲーマーであるならPS3に満足せず、いつかPCゲーをやるべきなんだろうなあと思っていましたがあーもういいよコレでいいよ文句ないよという安堵(?)の気持ちです。

 しかしどれもこれもコンセプトアートだろというレベルですが、実際に動いちゃってるのがこちら。
 なお「PlayStation」による公式動画なのでエンコードも完璧です。


 そして、配信されたプレイ動画についても検索してみるとたくさん出てきます。
  →◆Killzone Shadow Fall Gameplay
 使っているのはニードルガン? 時間加速技を発動してる? ……はともかく、開始直後からあーこれは次世代機ですわと分かる映像でした(無劣化の公式動画が見たい……)
 建物、キャラ、オブジェや植物の物量もそうですが、銃や装備、ラストの見覚えのあるガンシップなんかのディテールが段違いに向上していることが分かります。
 たとえ映像作品(プリレンダ)として作るとしても莫大な予算がかかる水準なんじゃないでしょうか?

 ここで思ったのが、これはPS1→PS2での進化に近いのかなと。
 ひとつ前のPS2→PS3の世代交代というのは、ほぼSD→HD(DVD→BD)とイコールでした。
 そしてPS3→PS4というのは画面の大きさはそのままですが、純粋に密度が激増、処理落ちやロードは激減するということですね。
 まあ例えば無双で敵が千体突っ込んできたり、モンハンならボスクラスのドラゴンが同時に十匹飛んでいたりという時でも60fpsでヌルヌルですねーという時代になるのでしょう。

 ここまでで気になるのは、どうも本体実機のお披露目は「まだ」という点と、「後方互換はクラウドで実現できるが、いまのところPS3ディスクでは遊べない」という点です。
 どんな形であれドライブはBD&DVDらしいので望みはあるのですが、PS3とPS4を並べるのはさすがにきついものがあります。
  →PS3ソフトもまだまだ出るだろうし。
  →まったく稼働していないWii Uもあるし。
 ここは「年末」までの新情報とともに気長に待つしかないのかなと。
 できれば現行のPS3から状態を引き継いで、トルネもそのまま使えるようになってほしいものです。


(余談)
 こういう時、そこまで映像美って必要? と思うかもしれませんが、必要です。
 明確に上のレベルを見てしまったなら、もう引き返すことはできません。
 人間は進化には鈍感ですが、退化には敏感なものだからです。
  ※ゲーマーの宿命だよ!!!!

 今回は以上です。


◆分別に便利! リサイクルハサミ きるぞう君 (グリーン)

0 件のコメント:

コメントを投稿