過去記事更新

2014年4月17日木曜日

2014年4月:PS+更新、地球防衛軍3P、ぷよぷよ!!、Don't Starve(PS4)など


 2014年4月16日分PSプラスが更新されました。
 驚いたのはEDF3P(地球防衛軍ね)ですが、個人的にはぷよぷよ!!が何気にうれしいです。
 当分は何も無いかと思っていたPS4にも、インディーズ系のDon't Starve(ドント・スターヴ)が入っています。
 なお今月のフリープレイは一斉に配信されており、記載されているものは現時点ですべて落とせるようです。

+前回分(3月)は■こちら。 次回分(5月)は■こちら。(リンク修正)


 まず一覧から(ほぼメルマガコピペ)。
■フリープレイ
・PS4
Don't Starve: Console Edition

・PS3
Matt Hazard: Blood Bath and Beyond
三極姫~戦煌の大火・暁の覇龍~
Fighting Vipers

・Vita
地球防衛軍3 PORTABLE
戦極姫3~天下を切り裂く光と影~
スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!

・PSP
ティル・ナ・ノーグ~悠久の仁~
ぷよぷよ!!

・PCエンジンアーカイブス(PS3/PSP/Vita)
夢幻戦士ヴァリス
イースIII Wanderers from Ys

■先行配信
ゴッド・オブ・ウォー コレクション(Vita)※Vita TVにも対応
 2014年5月8(木)~5月14日(水)、販売価格:2,800円+税


■スペシャル

PS Plus限定!デスティニーオーブ35個セット2014年4月度分(Destiny of Spirits)
Warframeスターターパック
『グランツーリスモ6』PlayStation Plusスペシャル アニバーサリーカー
PlayStation Plusスペシャルアバター4月分
PlayStation Plusスペシャルカスタムテーマ5月(PS3)
『デカ盛り 閃乱カグラ』スペシャルカスタムテーマ(焔紅蓮隊)
デカ盛り閃乱カグラ&ヴァルハラナイツ3 GOLD PlayView
『rain』季節のテーマ Vol.2 びしょ濡れイースター
 ※基本的に次回更新前日の5月20日まで。

◇配信中のコンテンツ一覧(公式)
http://www.jp.playstation.com/psn/plus/list/index.html


 フリープレイの配信続行タイトルはこんな感じ。

 こちらの話ですが、メルマガからコピーしていたら画像タグから名前が取れたのでまとめて貼っておきます(画像と同じ順です)。
 RESOGUN、HEAVY FIRE AFGHANISTAN、NiGHTS into dreams...、HEAVY FIRE SHATTERED SPEAR、戦国天下統一Custom Drive(カスタムドライブ)、萌え萌え大戦争☆げんだいばーん++(ぷらすぷらす)、Princess Arthur、ベースボールスターズ、メタルスラッグ、猛獣使いと王子様、ワンダと巨像、クラッシュ・バンディクー、ツイステッド・メタル EX、俺の料理、サルゲッチュ、スパイロ・ザ・ドラゴン



 今回の更新に合わせて、GW期間中に12ヶ月分を買うと1,000円分ポイントバックのキャンペーンも告知されていました。

  →公式:http://www.jp.playstation.com/psn/plus/sp/camp_201404/

 対象期間は2014/4/25(金)~5/6(火)で、購入については新規継続(加入期間に1年分が追加される)のどちらでもいいとのこと。

 これって◆PS4を買うとPS+が3ヶ月無料で入った人はもうすぐ切れかかる頃なので、ちょうど良いタイミングではありますね。
 以前から秋~冬のプラス祭りのようなものは何度もやっていたし、おそらく季節に1度くらいの頻度で今後も実施されそうな気配です。
 まあ12ヶ月分だけを買っていくつもりならこれ系のキャンペーンに合わせるのがいいでしょう。


 では各タイトルについて。

+「EDF!」「E! D! F!」「すまない」(オンラインはだいたいこんな感じ)
 D3の看板タイトルが出てきました。
  ※これは予想してなかったよ!
 言わずと知れたメジャータイトルですが、PS2のシンプル2000シリーズ「THE」が付いてる)の1~2INFまで遊んだ身としてはそれなりの思い入れがあります。
 本作については、以前序盤~中盤くらいの攻略を書いたので◆こちらもどうぞ。

 EDF3P360版からの移植で、追加要素としてペイルウイングが使用できるのもあり人気も評価もなかなか良好のようです。
  →ペリ子が使えるのは陸戦兵で一度クリアした後。
 そしてもう一つ重要な点はオンライン対応ということですね。
 PS3/360が出始めた初期では、この話題になるとアリとかどうやって同期取るんだよ無理だろと言われていたものですが、スピンオフのEDF:IAを皮切りに、前作のEDF2P(PSP)でも当然のようにアドホック通信(+アドホックパーティー)に対応していました。
 実際にやってみた感じ、まれに進めなくなったり、あと例のバグがあったりしますが、基本的には何時間でもストレス無く遊べる作りだったので、身内でやる分にもなかなかおすすめできます。

 ところで、現行世代的なジャンルで言うと「地球防衛軍はTPS」なんですよね。
  →テクニカル操作での左で移動、右で視点の2スティック操作とか。
 そう思うと、自分が遊んだ最初のTPSもおそらく初代THE 地球防衛軍なわけです。
 なんとなくこのシリーズはTPSというジャンルの入門として最適なんじゃないかと思うところがあって、こういうのが本気で面白いと思った人ならアンチャーテッド新生トゥームレイダーあたりにも興味を持つんじゃないかなあと思っています。
 個人的にはもっと携帯機でTPS/FPSが出てほしいと思っているので、このEDF3Pが左右スティックのある携帯機で登場したこと、そして今回のフリープレイで相当数の人が遊ぶであろうことに謎の壮大な期待を感じていたりします。
  →ちなみにVita向けでいま注目しているのは◆ボーダーランズ2。


+ぷよぷよ!!@PSP
 とてもイイのが来ました。
 せっかくなので、手持ちの前作「ぷよぷよ!」を。

 「!!」20周年記念タイトルで、↑は「!」が一個少ない15周年記念タイトルでした。
 さすがに最近はUMDでは遊んでいないので、これでVitaにいつでも起動できる「ぷよぷよ」を仕込めるかと思うと大変ありがたいです(買うってほどではなかったので)
 ちなみにVitaの場合、PSPタイトルを起動中にPSボタンを長押しするとボタン割り当てや映像メニューが出るので、いろいろ設定してみるのもいいと思います(ぷよぷよは別に設定要らないかな?)。

 さっそくやってみたところ、最初は下を押すと左右にブレたりしていましたが、これは押し方の問題だったのですぐに慣れました。
 ゲームモードは初代/通/SUN/フィーバーはもちろん、4個ずつ落ちてくるとか、なぞぷよで対戦とか、23れんさ全消しとかできる(ちびぷよ)といった豊富なルールがあって、いまさらながら実によくできています。
  ※むちゃくちゃ長く遊べるよ!!
 その他、フルボイスのストーリーでの安定のぷよ漫才だったり、高度な連鎖の組み方まで完備したチュートリアルや、ゲーム内ポイントでのアンロック要素だったりとスキのない作りでした。
 強いて言えば、軽い気持ちで「フリーたいせん」から適当にCOM対戦を始めてふと気づくと2時間くらい経過している現象が(現実で)多発することに注意するくらいでしょうか。

(余談)
 ぷよぷよと言えば、タブレットを買った時にぷよぷよクエストを入れていましたが、あちらもまた想像以上によく出来ていて、無課金ながら毎日夢中になってやっていました。
 ただ、ある時ふとあ、これはイカンと思い、イベント限定カードもすべて売ってアプリを完全削除しました(これについてはまたいつか)。
 PS+に入っていると積みゲーの増え方が尋常ではなくなるのもあって、全部のゲームを遊ぶ必要は無いのと同時に、面白い/大好きなゲームであってもどこかでやめるということもまた必要なのかなと。
  →もちろん一つのゲームを極めるのも自由ではある。


+Vita版ゴッド・オブ・ウォー先行配信
 上にも書いたように期間は2014年5月8(木)~5月14日(水)、販売価格:2,800円+税(=3,024円) です。
 正式な発売日は2014年5月15日(木)なので、その1週間前に開始ということですね。
 公式サイトはこちらで、見た目はほぼ同じですが販売形態で別々のページになっています(まとめればいいのに)。

 3,800円 (税抜) / 4,104円 (税込)
 http://www.jp.playstation.com/software/title/vcjs15008.html(パッケージ版)
 2,800円 (税抜) / 3,024円 (税込)
 http://www.jp.playstation.com/software/title/vcjs15008_dl.html(DL版)

 とりあえず値段は同じなので、先行割引とかは無いようです。
 自分としては(すでにPS2でクリアしたけど)、もちろんPS+で落とした1&2のフリープレイを進行中でした。
 んーまあクリア直前に◆PS4買ってきたので中断し、そしてやり始めたナックについても◆買ってきたミクF2に寄り道したまま放置状態です(Resogunは最後までやったけど)。
  →そして放置記事もまた増えていくという。

 このシリーズも、初めてプレイした時の衝撃はそれはもう「洋ゲー」のイメージを完全に払拭するものでしたが、さすがに今やると初代についてはシステムやバランスがやや雑なところはあります。
 それもまあではかなり洗練されているし(連打とかQTEとか)、ついでにトロフィーをコンプしやすいことでも有名なシリーズなので、未プレイであればPS3版、Vita版のリマスターはどちらかでもやってみることをおすすめします。
 でもまあ、一般市民をゴミのように扱ったり、人型セイレーンの首をもぎ取ったり、サイクロプスの目玉で「とったどー」してみたりといったお茶目なところもあるので、そういうのが苦手な方や、小さいお子さんの居る環境ではちょっと注意して下さい。


+Don't Starve:SAN値対応のサバイバルアクション
 とりあえず公式はこちら。
 http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0142cusa00408_00dontstarveps4v01.html

 なんか名前は聞いたような……という感じのインディーズタイトルですが、ストアを見る限りやたら評価の高い良作のようです。
 目的はサバイバルで、「餓死するなよ」というタイトル通り、狩りや食料調達、拠点構築なんかを行いつつもモンスターと戦ったりしていくとか。
 普通に買えば1,576円で、「低価格帯としてはやや上」なポジションでしょうか。

 で、ちょっと面白いのがこちらの記載。
プレイヤーは、SAN(正気)と呼ばれるパラメータを持ち、これが低下するとモンスターを見たり、幻覚に襲われたりする。


 うわあSAN値実装してる


 一応解説すると、これはSanity(正気)がどれだけ残っているかを表すクトゥルー神話系TRPG由来の要素です。
 一般にこれが高いのが正常で、精神に耐え難い何かが起こり、徐々に理性を失っていく様子を「SAN値が下がる」なんて言いますね。
  →ニャル子さんも二回アニメ化されたし、もはや常識かな?
 こんなもん実装してるゲームはそう滅多に無いので、見た目のチープさは抜きにしてもがぜん興味が湧くものがあります。
 そもそも、「死ぬな」とか「生きろ」じゃなくて「餓死するな」っていうタイトルから、すでに名状しがたい何かがあるような……。

 ひとまず、今月も無事PS4タイトルが追加されたというのは今後にも非常に期待が持てる流れだと思います。
  ※洋ゲーだろうがインディーズだろうが構わないよ!(レースゲーは苦手だけど)
 今のところ◆Resogunは攻略を書き始める程度にはやり込んだわけですが、Contrastは未着手だし、まあそのあたりも少しずつ進めていこうと思います。
 なお、私事ですがPS4でもっと遊ぶためPS3版トゥームレイダーを含めいろいろまとめて売ってきたので、それに応じて攻略も増やしていきたいなと思っています(動きは鈍いけど)。


+ラインナップについて
 今月の顔触れについて少し。

・セガ(3本):ぷよぷよ!!、Fighting Vipers、スーパーモンキーボール
 →先月はナイツ。

・システムソフト・アルファー(3本):三極姫、戦極姫3、ティル・ナ・ノーグ
 →先月は戦国天下統一とモダン・ウォーフェア(あれっ?)。

・ディースリー・パブリッシャー(2本):EDF3P、Matt Hazard
 →先月はCustom Drive。

 といった感じで、旧ハードからのPS3移植にとても精力的だったセガ◆たまにノミネートされるけど硬派ゲーから萌え系にも進出して独自のSRPG資産を量産するSSα、近年では乙女ゲー方面の王国を築きつつあるD3によって弾幕が張られる状態となりました。

 よく見てみると、上記3社はいずれもPS3/Vita/PSPの現行三機種でフリープレイタイトルを提供中となっています。
 内容的にも見劣りするものではないわけですが、それ以前にこの量を出せるだけでも結構なことでしょう。
 こんなことができるのも、それぞれタイトルを出し続けてきたからだろうし、またPS+に参加する柔軟さというか、ある種泥臭いところもまた、こういう場面では評価すべきではないかと思います。
 同時に、プレステってすげーなというのも改めて感じるものがありますね。

 ついでと言ってはなんですが、先月に続いてイース3(アーカイブス)も入っています。
 以前にも◆いきなりカオスヘッドが配信された(2013年11月)と思ったら、その翌月に◆Vita版のシュタゲまで来たなんてことがありました。
  →他にも空の軌跡シリーズの連発とか、去年多かった格ゲー枠など。
 こんな感じで、関連タイトル、同社タイトルが連続して投入されるパターンはわりと多いようなので、お? と思うタイトルを見かけたら、その翌月に何が来るのかを予想してみるのも面白いかもしれません。
  ※でもあんまり期待しすぎないほうがいいよ!


+びしょ濡れイースターとか書いてあったので
 まさか◆軽井沢絶頂夫人的な何かかと思ったらそういうのじゃなかったので安心しました。



 そんなわけで、今月もいろいろ落としてみました。
 やはり購入マークを付けるだけならPCストアが一番速いですね。


 ところで、試しにノミネートされていたアフガンをクリックしてみたところ、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」としてミクさんが出てきました。


  お、おう


 以上です。ではまた。

 前回分(3月)は■こちら。 次回分(5月)は■こちら。(リンク修正)
 これまでの分■PSNラベルで。



◆ぷよぷよ アルルつままれストラップ


◆這いよれ!ニャル子さんW SAN値がピンチになるTシャツ ブラック サイズ:M

0 件のコメント:

コメントを投稿