過去記事更新

2014年4月27日日曜日

動画#31:(公式)100秒で結構わかるガンダムUC、ぶるらじA#9、小林幸子「紅一葉」


 ガンダムUC最終話の公開も目前になったところで、公式動画としてマリーダさん(甲斐田裕子さん)が分かりやすく教えてくれるepisode1-6ダイジェスト:「100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC」がアップされていました。
 フル・フロンタル(全裸)のセリフにも食い気味で解説を進めるこのノリノリな感じは、なんだかUC関連ではちょっと珍しい気がしますね。
  ※アリだと思うよ!!

+見どころ
・運命を感じちゃう
・ちょこちょこ示すのがユニコーンガンダム
・アイスクリームが好き!
・(かなしい)(とってもかなしい)(落ち込む)→落ちる
・ねたむ(闇堕ち)
・結局のところ100秒じゃ伝わらなかった
・(ところで動画タイトルがepisode→epiosdeになってるなあ)

 展開が早くて原作(←電子配信も始まったそうな)を読んでないとアニメだけでは分からないのでは? なんて言われるように複雑な本作ですが、……
・箱の中身は謎
・連邦は隠したい
・袖付きもほしがってる

 ……のあたりだけでもなるほどと思った人は多いかも。
 さらにepisode7では、当初壮大なエイプリルフールとすら思われたネオジオングを始め、今週新たにゼータプラス、グフ助かる……じゃなくてグスタフ・カール等の誰も予想しなかったであろうMSが続々と参戦しているのも見どころの一つとなりそうです。
  →http://www.gundam.info/topic/10675(公式インフォ)
 あと、前回から引き続きの担当となったAimer(エメ)さんの”StarRingChild”はこちらから試聴することができます。
  →http://www.aimer-web.jp/discography.html


(ついでに)
 現在、池袋P’パルコにてガンダムUC展が開催中です。
  →期間はゴールデンウィーク終わりの5月11日(日)まで。
 入場料は300円で、以下パルコのページによると「ショップスペースは無料」だそうです。
http://www.gundam.info/topic/10450(GUNDAM.info)

http://ikebukuro.parco.jp/page2/event/1346/(パルコ)

 物販では、去年行ってきた◆ガンプラEXPO2013でも販売されていたMGフルコーンのメカニカルクリアverチタニウムのノルン(U)HGUCデストロイモードのグリーンver(つまりFAキットの単体版)等も販売されているようです。
 まだ残っているのかが不安なら、ただ認めて、事前に電話確認すればいい。それが大人の特権です。
 蛇足ですが緑ver(税別1905円)については、今月発売された通常販売のFAデスコーンが量販店だと2200円程度なのを考えるとだいぶ割高になってしまうかも。


(ついでに5月のUC系プチ限定キットをもう少し)
・コンビニ限定で恒例のちょっとコレジャナイ感のある緑デストロイが出る
  →灰色パーツやアンテナがグリーンに。サイコフレームもちょっと明るいかな?
 http://www.gundam.info/topic/10654(5/8~)
 
・ガンダムUCエース Vol.6」の付録はHGUC専用ハイパー・ビーム・ジャベリン
  →これだけのためにHGUCクシャトリヤ・リペアードを買うつもりだった人には朗報か。
 http://www.gundam.info/topic/10522(5/17)

・コミック版「バンデシネ」12巻にMG用アームド・アーマーDE発動版が付く限定版が発表、生産は完全受注
  →以前もあった特装版の色違いですね。コミック版を再現したい人はコレをあるいは3つくらい使用することになりそう。 http://www.gundam.info/topic/10691:予約は9月1日(月)まで

・ガンダムフロント東京にて、開業2周年記念キットとしてHGUCフェネクスのカラークリアver.が登場
  →今のところ販売期間や数量限定といった記載は無いみたい。
 http://www.gundam.info/topic/10539(4/27~)

 HGUCのユニコーンもバリエーションが増えてきましたが、(バンシィを除けば)デストロイモードはいずれもクリアパーツ仕様なので、三兄弟でサイコフレームランナーだけ換装してみるのも面白いかもしれませんね。
  →あるいは全身にピンク/緑/ブルーを散りばめるとか。


+ちょっと追記:
 上記池袋 P'(ピーダッシュ)パルコと言うと、自分としては中層までがファッション、途中にCD屋、その上にイシバシ楽器というイメージで、アニメだとかのイベントをするようなイメージはありませんでした。
 そこで今回UC展が開かれたりしたのも意外でしたが、さらに10月にはニコニコ本社が入ると聞いて、ネタなのかどうなのかとしばらく信じられない状態でした。
  ソース:公式のニコニコインフォ
  http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni046018.html

 言われてみれば駅チカ一等地ですが、あの中に物理的な「ニコニコ」が来るとは発想すらありませんでした。
 開催中の超会議についてはバイト求人誌に載ってたのを見て気になりつつも行かなかったのですが、池袋ならなじみの通勤圏内だったりするのでちょくちょく行くことになりそうです。
 いやあなんか楽しみです。



 続いてその他の動画です。

+ブレイブルー公式WEBラジオ「ぶるらじA 第9回 ~祝・BBCPVita版発売ですね、僕の参戦はまだですか?~」

・ネメシススタビライザーをガン見され、とりあえずお辞儀
・ゲスト「この番組ひどいっすね!」
・今井役を演じている今井さん
・「好きな京は?」
 →たしかにあれは腰の入ったいいモーションだった(だが強の当て方がさっぱり分からなかった)。
・お断りです=3
・ディストーションは非常口みたいなやつ
・まず整理しよう→「ロケテ出たの??」
・各界のヒビキさんからの応援メッセージ
・「ブレイブルー熱血物語」(えっそれフルプライスでもやりたいんですが)
 →某ジャッジメントみたいなことにはならないだろう(たぶん)。
・一方責任者は「麻雀いいな……」
今井さんの超面白いやつを何度でも再検証していくスタイル
・いっちゃんそんなこと言わない!!
油汚れみたいにしつこくしつこく →「5、6回なら公録でワンチャン」
・大工さんがはぁああ!!! 困るっ!!
・(うわぁ……実感が違う……!)

 ゲストは、格ゲープレイヤーとしても重度のガチ勢である市来光弘さん。
 CPのストーリーから新登場したヒビキ=コハク(毒舌属性のまじめツッコミ少年)を担当されているそうです。
 女性陣を放置してバスターウルフや轢鉄がどうのと語る様子は、個人的に何十分でも聞きたいなという感じでした。

 ココノエがついに念願叶った今、このプレイアブル化への意識が高い様子すでに懐かしさを感じます。
 いくら「ぶるらじ」とは言え、公式放送でこのサブタイトルというのはそれなりの現実味があるのかもしれません。
 ……この話題では有望株の真ヒロイン・セリカ、獣兵衛さまあたりから誰が先にゴールするかな?
(そして誰が消えるのかな?)

 ■前回(A-#8)  ■次(A-#10) 

 ちなみにストアを見てみたところ、4/24~5/12(月)の期間限定でココノエ、テルミ各800円→各400円になる等の割引が行われていました。

まだ本編買う気ないけど、追加キャラだけでも買っておこうかな……)



+【小林幸子】紅一葉を哀愁感たっぷりで歌ってみた【超パⅢ出演】

 プロ(本物)の犯行シリーズの新作です。
 秋葉原でタモリを悪く言うやつは居ないだろみたいなことで、なんというか善意に満ちていますね。



 以上です。ではまた。

 これまでのおすすめ動画はこちらから。→■おすすめ動画ラベル




機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 (初回限定版) [Blu-ray]


BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA (PS Vita)

0 件のコメント:

コメントを投稿