過去記事更新

2013年11月29日金曜日

ガンプラEXPO2013行ってきたよ!!!!(#1、物販~MG/HG/RG各種)


 秋葉原UDXにて行われたガンプラEXPOワールドツアージャパン2013(入場無料)に行き■HGBF 1/144 ビルドストライク(略)クリアVer.を買ってきたわけですが、このときたくさん撮ってきた写真をベッタベタと貼っていきつつ思ったことを書いていきます。
 だいたい撮った順に書いて行きますので、当日会場に行った方もいろいろ思い出すかもしれません。
 こうして並べると、何を撮り、何を撮らなかったかが理解できそうです。

 なお今回は画像記事ってことで、いつもより解像度やや高めで編集しました(その分サムネイルは小さめに)。
 以前は微妙かなと思っていた「ライトボックス表示」(画像をポップアップするやつ)も、こういう時はなかなか便利ですね。

*EXPO2014の初日に■行ってきました。



◇もくじ
▼お買い物(↓)
▼MG/HG/RG各種キット

ビルドファイターズ関連は■こちら(#2)で。

*追記@2014/10/22:EXPO'2014限定ガンプラがすべて出揃ったので追記しておきます。
◇GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2014 〈販売アイテム〉
http://bandai-hobby.net/expo2014/item.html(イベント公式)
 やや大きめの画像あり:
http://www.gundam.info/topic/11685(公式インフォ)

 Z+の色にしっくり来たり、ギャンギャギャンが生えたりする中、新規アイテムではないもののレッドメッキPPCスタービルドあたりが好みですかね。
 EXPO限定のほうは、エクシアは大好きだけどRGエクシアはあまりピンと来ないとか、どっちもハイニューではないのねな感じ。
  ※自分が好きなものを買うのが一番だよ!
 ついでにRGストフリのクリア版は、そのままだと金色パーツが目立ちすぎだけど、それなりに手を加えれば物凄くかっこよくなりそうな気がします。(自分はやりませんが)


◇まずはお買い物

 主目的は物販だったので、まずは整理券をもらいに行きました(後述)。

 会場には土曜日の11時くらいに着きました。
 この時点でアストレイ赤/青/天ミナ完売だったので、初日からの木~金くらいで売れてしまったのでしょう。

 整理券配布所付近にあった限定キット展示。
 一般販売用とはも違います。

 もう一枚。


 今回の限定アイテムはこちら。
■EXPO限定
MGフルアーマーユニコーン メカニカルクリアVer.
RGゼータ カラークリアVer.
RGデスティニー ハイネ・ヴェステンフルスカラーVer.
BB戦士サザビー メタリッククリアVer.
HGゴールドフレーム天ミナ メッキフレーム/クリアアーマーVer.

■イベント限定
HGアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)メッキフレーム/クリアアーマーVer.
HGアストレイブルーフレーム(セカンドL)メッキフレーム/クリアアーマーVer.
HGビルドストライク プラフスキーパーティクルクリアVer.
HGUCバンシィ・ノルン(ユニコーンモード)チタニウムフィニッシュVer.
MGザク2.0 チタニウムフィニッシュVer.


 高画質なのはこのへんで。
http://www.gundam.info/topic/9530(EXPO限定)
http://www.gundam.info/topic/9539(イベント限定)

 毎年恒例だそうですが、EXPO限定に限り、「当日売り切れた場合のみプロショップで通販対応」があります。
 今回はMGフルコーンのみ在庫があったらしく、それ以外の天ミナ等は2013/12/10(火)15:00までは取り寄せることができます。
 詳しくはこのあたりで。→http://www.gundam.info/topic/9779(キット画像あり)

 なお、注文には会場で渡されるシリアルナンバーが必要です。
 と言っても一種類しか無いので、愛と努力で検索して情報を見つければ購入できるようです。
 まあ番号については◆どこぞで晒されるのも事実上黙認(奨励?)されているみたいです。
  ※いいってことだよ!
 その他の「イベント限定」キットは、今後のホビー関連イベントで購入する機会があります(運が良ければ)。


 当日の整理券。
 欲しいものと個数が書かれた状態で渡されるため、レジ前で「やっぱりこっちにして」とかはできません。

 物販コーナーは会場の出口あたりにあり、昼ごろの混雑している時間帯は会場の外から直接物販コーナーに並ぶことになります。
 購入には整理券が必要なので、EXPOへの入場とは別に整理券をもらうための列に並びます。
 この整理券には購入できる時間帯が記載されており、その時間帯に物販コーナーへの待機列に並びに行きます。

 1時間待ちくらいは覚悟していましたが、整理券は20~30分ほどでもらえました。
 ただ、その指定時間が約30分後からの30分間でした。
 これでは、入場の列に並んだりする時間も考えると落ち着いて見られないと思い、少し時間をつぶして買い物を先に済ませることにしました。

 こちらが人の絶えない物販。大量のキットが並んでいます。

 ぶじビルストをゲットした頃には、バンシィ・ノルンが「残りわずか!」となっていました。

 物販も終了時間ごろには並ばずに買えるようですが、万一の売り切れも考えるとやはり早めに買っておきたいところですね。
 実際、会場内でもかなり多くの人が物販の灰色袋(購入済み)を持って回っていました。

 そんなわけでアキバ・スクエア会場内へ。

 外からでもガンプラ・ワールドカップの作品が少し見えたりと期待が高まるところです。
 入場待機列は数百人は並んでいましたが進みは早く、こちらも30分と待たずに入場できました。

 入り口直前には、限定のMGフルコーン・メカニカルクリアVer.が。


 そんなわけで会場内へ。



 続きです。

◇MG、HG、RG各種キット
 パンフレットをもらって少し歩くと、HGUCフルコーン(フルアーマーユニコーンね)がお出迎え。

 今のところ、パンフレットやアニメ用参考画稿ではピンク発光でしたが、キットはやはり緑クリアで出るようです。
  →http://www.gundam-unicorn.net/ms/01.html#05

 今後は2013/12/7よりユニコーン最終話 episode:7の前売り券セットとしてHGUCフルコーン・クリアverが出てきます。
  →公式:http://www.gundam-unicorn.net/info/ep7_preticket.html
  →劇場公開は2014/5/17から。
 第一弾はユニコーンモードですが、今後の第二弾前売り券や劇場限定キットでは、間違いなくデストロイモードも出てくるでしょう。


 近くには、デザイン公開間もないバンシィ・ノルン(デストロイモード)の完成見本が。
 んーなんかXCが展開したらゴテッとしちゃったような気がしますが、こちらも動いているところが早く見たいですね。

 →公式:http://www.gundam-unicorn.net/ms/02.html#28

 こちらはMGユニコーン3号機・フェネクス(デストロイモード)。
 本編には出てこないGFT(ガンダムフロント東京)発の機体です。


 ピッカピカです。発売は来年2月。
 アームド・アーマーDE二基+全身メッキとは言え、MGフルコーンの8,400円に対し、MGフェネクスは12,600円というなかなかのお値段。


 ちなみに11/30ガンダムフロント東京では、HGUC版の金メッキ仕様キットが限定販売されました。
  →http://gundamfront-tokyo.com/news/2013/11/gunpla/

+追記:クシャトリヤいろいろ(ガンプラあんまり関係なし)
 ここではユニコーン三兄弟と一緒に、シルエット展示(すりガラスみたいな感じ)でクシャトリヤ・リペアードも並んでいました。
 以前「白いバンシィ?」とか話題になったバンシィ・ノルン(←試作のため成型色が白いだけだったというオチ)の時と違って、今回はすでにデザインが公開されています。
  →http://www.gundam-unicorn.net/ms/03.html#16
 うーんMGオリジナル装備かと思われたビームジャベリンはこいつに持たせるわけですね。

 正直クシャトリヤは全MSでもトップクラスに好きなんですが、今のところベッセルングとリペアードにはあまりピンと来ない感じです。
 クシャトリヤと言えば最近ではROBOT魂もありますが、長らく買っていないコンバージでも本日(2013/12/3)EX扱いで発売されています。
  →http://www.gundam.info/topic/9816
 コレも情報が出た時はワクワクしたんですが、写真を見ると妙に頭身が幼い(あとモノアイが大きい)というか、コンバージにしてはかわいい系な雰囲気がちょっと自分には合いませんでした。
(ベッセルングの差し替え再現とか必要だったのか……?)

 そんななか、良さげだったアサルトキングダム(EX)だけは書いました。
 HGUCは置くとこ無いし、これなら可動も見た目も良好かなと。

(左のはそろそろ色を変えたいBB戦士、乗ってるのは部分塗装したガシャポン戦士NEXT)
 まあレビューする時に開けよう、と思って結局未開封というパターンだったりしますが、これはそのうち。

 んーしかし、本来はクシャトリヤの装備だと言うビームガトリングガンは、リペアードでは右足に装備させたとか。
 できれば、一度くらいは正規運用時の持ちかた、使いかたを見たかったですね。
(ゲームや外伝系で補完されるかな……)




 超人気機体だけにプッシュされているRGストライクフリーダム

 ランナーも展示されていました。

 こちらもウイング内部パーツ金メッキ仕様。


 完全塗装派ならどうだか分かりませんが、やっぱりクリアパーツとメッキパーツはガンプラの華ですね。


 追加パーツ(天空の翼)は■#02のほうでちょっとだけ。

 こちらもRG試作1号機・ゼフィランサス。

 これも初めて見た時は「俺の知ってるGP01じゃない!!」という感じでしたね(良い意味で)。
 RGフォーマットはある意味、密度恐怖症のごときディテール量が魅力で、デカールなんかは大変ですが、その分で非常に満足度が高いんじゃないかと思います。
 あえて言ってしまうと、同じ大きさの画像でMGガンダムあたりと比較すると「普通にRGのほうが良くない??」と思ってしまいます。
 MGって内部フレームはすごいけど外装はそうでもないというところがあって、完成品状態だと作った本人以外はよく分からなかったりするんですよね。

 それも、今年出たMGガンダム ver3.0では明らかに外装のディテールが細かくなっていて、ついにRGの文法を取り込んできたなあという印象でした。
(まだちょっと物足りなかったけど)
 個人的には、まさかの発動モードで話題になったMGニュー Ver.Kaみたいな追加ギミックって1/100だからこそできるわけで、MGはそういう方向でもいろいろやっていってほしい気がします。

 ただ、開発の困難さや発売ペースもあるし、そもそも原作への忠実さを求める人も居るだろうと思うと、一概にギミック入れりゃいいとも言えないのが難しいところです。
 まあ少なくともVer.Kaについては、これからもやんちゃでいてほしいなと。
 その点は、今回展示されたVer.Kaサザビーハッチオープンギミックを見る限り大丈夫そうですね。
(パンフレットより)


 さて、そんな中で発表されていたのがRGエクシアの制作。

 あー……やばいなあ……。
 ダブルオー(特に一期)大好きなんですよね。
 俺は……嫌だね→金ジム→俺が!→俺達が!(実体剣でオーバーキル)→まさしく愛だ!! ……とかで終盤が最高でした。
(でも二期~劇場版はなんだかテンションが上がらなかった)

 思えばガンプラを買い始めたきっかけもエクシアだったので、ダブルオーでもクアンタでもなくまずエクシアなところも嬉しいです。
 もっと言えば、リペア2ではなく無印エクシアなのがさらにいいです(コード+実体ソード派)。
  →リペア2もすぐ出るだろうけど。

 というわけで、こちらの出来がアレなHGの横に並べる日がそのうち来そうな気がします。
  →キットは素晴らしいけど、自分の腕のせいでちょっとアレ。

 ※テストショットが楽しみだよ!!!!



 続き(#2)は■こちらから。
(ビルドファイターズ、ガンプラワールドカップ等)


RG 1/144 ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム
MG 1/100 RX-0 フルアーマーユニコーンガンダム Ver.ka

0 件のコメント:

コメントを投稿