過去記事更新

2013年1月8日火曜日

白いバンシィは「バンシィ・ノルン」だったみたい? はともかくBD-LIVEおもしろいよ! →1/11追記

 「白いバンシィ」と一部でウワサになっていたものが明らかになりつつあるようです。
 とりあえず白くはなかったみたい?
 http://gtoys.blog48.fc2.com/blog-entry-6450.html
  ※ガンダムの話だよ!!
 いわゆる中華フラゲ(香港かな?)らしいので、正式なものはEpisode6の前に明らかになるでしょう。
  →公式:http://www.gundam-unicorn.net/

◇追記2@2013/2/2:ノルン関連商品情報追加
 episode6に合わせた「ノルン」の商品化や付録が多数あったので追記しておきます。
「ガンダムUCエースVol.5」(3月2日発売): →◆UC公式に画像あり。
 3月販売開始のアサルトキングダムシリーズより、限定版となるバンシィ・ノルンがおまけとして付属。定価800円。
ホビージャパン5月号(3月25日発売): →◆HJ公式
 ノルンというわけではないけども完全変形のバンシィヘッドが付属。
BB戦士NEXT#12(2月下旬):
 UCオンリー回として、リリース済みのデストロイモードも再登場。 →◆ガンダムINFO(まだ画像無し)
 ラインナップは、1号機はユニコーン/NTDの二種、バンシィは通常ユニコーン/ノルン。あとはローゼンズールに、特別枠から「騎士ユニコーン」とのこと。
 バンシィのデストロイは■SP02で出たため#12には入らず。
ROBOT魂でもノルン発売(3月?):
 デストロイモードでもアーマー装備が可能だとかで、通常バンシィの再販もされるそう。

 言うまでもなく、現時点でのノルン商品情報はすべてユニコーンモードでした。


◇追記@2013/1/11:公式情報追加
 上記公式サイトにて、Episode6 PV1が公開されました。
 合わせて、◆バンシィ・ノルンの機体情報についても追加されています。
 また、HGUC バンシィ・ノルン(3月)の発売も正式に決定したとのこと。
  →http://gtoys.blog48.fc2.com/blog-entry-6461.html
 背部のアームド・アーマー・エクスタシー……じゃなかったアームドアーマーXCも確認できますが、シールドの取り付け方がなんというかやんちゃです。
 いまのところユニコーンモードのみとなっていますが、デストロイモードが登場するのも時間の問題でしょう。

 一応:◆「バンシィ・ノルン」でGoogle画像検索(まだ少ないです) →現在は一生困らないくらいのノルン画像が確認できます。

 どうもUCエース連載中の漫画版「バンデシネ」のオリジナルシールド(こっちは1号機用)がコミックス特装版にプラモ付録として付くそうですが、それのバンシィ版の可能性もあるとか。
 パッと見ではアームドアーマーx2を外して、1号機の装備を黒く塗装しただけのようにも見えますが……やっぱり「6」でリディが乗るんですかね。
 あと、ビームマグナムにはいわゆるボトムロードランチャー(CODにあるグレネードアタッチメント的なやつ)、あるいはスコープのようなものが付加されてゴツくなっているようにも見えます。
  ※気になるよ!!

 さて、ウワサ段階でこの記事を書いたのはやや別件で、他でもないガンダムUCのブルーレイについてです。

 BD-LIVEのスタッフコメンタリーおもしろいよ!!!!
 BD-LIVEのスタッフコメンタリーおもしろいよ!!!!
 BD-LIVEのスタッフコメンタリーおもしろいよ!!!!

 ディスクと対応機器持ってれば無料だよ!(PS3とかPCでも大丈夫だよ!!

 絵コンテとか予告PVとかは一定期間で消えるけどコメンタリーだけはまだ残ってるよ!!

 (episode5のコメンタリーで「1%くらいの人しか聞いてないんだよね……」と嘆いてました)


 たまに内輪話になったりもしてますが……
「ここ、後ろにあるのムサイなんですよね」
「顔芸!」
「ツメが外れて発射、という発想は無かった」(ep1)
「ネェル・アーガマの主砲は一巻につき一回ノルマで撃とうよ」
「機械は手書きでなく3Dで無感情に」
「偉い人からアンジェロが大人気!
「”手”が一番伝わる」(2~3)
「空気読めない田舎のお坊ちゃんなんだよなあ」
「大運動会」
「(例のアレ)なんでこんなに強いんでしょうね?」
「マーサは、行けるのか」
「サイコミュの共鳴が物理に影響していることを表現しないと。Zはそこがあやふやだった」(ep4)
「シュワシュワ感」←五巻で最も(?)時間をかけたらしい。
「ガルダのモデルは……」
ミンメイ・キャッチ成功」
「おっさんに助けられるのがユニコーン
「あ~~いま悪くなった。もうだめだ」(ep5)

 みたいな話が聞けるのでBD版を買った方は迷わずBD-LIVEを利用すると良いんじゃないかと思います。
 ちなみに音声トラックをダウンロードすることになるため、ある程度(百メガ強程度)の容量は必須です。
  →一度保存したものは消さない限り何度でも再生可能。
 自分はPS3しか再生環境がありませんが、対応機器でメインメニューの「BD-LIVE」を選ぶだけなので簡単です。
 一応、発売から数ヶ月(~一年くらい?)なら絵コンテや舞台挨拶映像なんかが配信される場合もありますがメインはスタッフコメンタリーです(人によるか)。
 (そう言えば一巻は主演声優陣のコメンタリーもありました)

 言いたいことはだいたい全部言ったので今回は以上です。


◆松崎しげる ゴールデン☆ベスト

0 件のコメント:

コメントを投稿