過去記事更新

2013年1月17日木曜日

「紅の刺激/麻辣麺」を食べてみたよ!(スーパーカップ)

 カップラーメン紅の刺激・麻辣麺を食べてみました。
  →読みはアカのシゲキ・マーラーメン。

 エースコックから大人のスーパーカップとして発売されています。
 対となるものとして「白の濃厚クリーミィ豚骨」というものもありましたが、「中途半端に辛いもの」が好きなのでこちらを買ってみました。

 特に凶悪な辛さとかではなく、変わった香辛料が印象に残るスープでした。
 辛い系カップの宿命なのかなんなのか具材に関してはお察しです。
 せっかくなので詳しく写真を付けていきます。




 うまミストの解説。

 めんに味が付いている(?)ということですかね。
  →いまいち利点がピンと来ない……。
 スープがかなり濃い味なので、めんの効果なのかスープの力なのかは正直よく分かりませんでした。
 一応めん。なんとなく色が付いてるような。

 粉末/液体スープとかやく。

 粉末の上から湯を注ぎ、液体スープは後入れが良いとのこと。

 具材はネギや肉の欠片しかないのでチーかま、ちくわぶを入れてみました。

 やっぱりほんの少しであってもなんか入れたいので。
 辛いものには合うかなーと似たような練り物を適当に突っ込んでおきました。
 ただちくわぶのせいなのか途中からスープがねばっこい感じになってしまいました(元からではなさそう)。

 粉末。 やや赤いです。

 お湯を注ぐ前からすでにちょっと辛い香りがします。

 液体スープは後入れです。


 できました。この時点ではほとんど赤くありません。

 液体スープを入れます。

 赤いです。
 まぜます。

 混ぜてしまえばよくありそうな色ですが、液体スープを入れた時点の赤さはけっこうなものです。
 ただ見た目ほど辛くはなく普通に食べられます(個人差あり?)。
 ピリ辛というよりジンジンくる感じの辛さというか。
  →唐辛子とかでなく、山椒やらハーブやらみたいに鼻に来る感じ。

 辛い系は豚キムチやら担々麺やらが各社で乱立していますが、これに関しては薬膳/漢方のような強い香り個性が出ているのではないかと。
 ちょっと好みは分かれそうですが、そのへんも大人のスーパーカップということでかな?

 そんなわけでちょっとひねった辛い系を食べたい方には良いんじゃないでしょうか。 
 ではまた。
  (カップラーメンは写真にいろいろ差し込みやすいなあ)


◆1000ピース 赤い彗星の衝撃

0 件のコメント:

コメントを投稿