過去記事更新

2013年1月6日日曜日

どん兵衛:年明けうどんを食べてみたよ!!(昆布だし梅うどん)+余談


 ■2012年冬季優待に入っていたどん兵衛・年明けうどんを食べてみました。
 特徴としてはとろろ昆布梅干し(丸々1つ)が入っているところです。
 正直ちょっと物足りないところはありましたが、年初版としてはアリでしょう。
 (こういうのも書こうかなと)

 フタを開けるとこんな感じ。

 具材はフタ写真の通りで、ほぼ梅干し/昆布のみです。
 かまぼこには「寿」と刻まれています。
 梅干しは、刻んだものではなく大きめの一粒が入っていました。
  ※梅は後入れだよ!

 一応調理方法。

 お湯をかけると、すぐに昆布がふにゃーっとなります。
 ちなみにフタ裏のおみくじは恵比寿さま……のコスプレをしたどん兵衛くんでした。
 なお「おみくじの結果の活用はお客様ご自身で判断下さい。」だそうです。

できあがり。

 まずとろろ昆布はつゆに合っておいしいです。
 風味・見栄え重視ということなのか、カップめんではあまり見ない具材だと思います。
 ただし大した量ではないので油断するとロストします(溶けて見えなくなる)。
、これを参考に、家で冷凍うどんなんかを作る時にもとろろ昆布を買って乗せてみるライバルに差をつける(?)ことができるかも。

 梅干しは、つゆに浸かることを意識してか濃いめの味付けでした。
 というかかなりしょっぱいかなと思いました。
 アクセントと言えばそうですが、ちょっとキツめだったかも。
 ともかく、刻んでバラバラでなく一粒なので見栄えは良いですね。

 つゆに関しては、送られてきたのが「西日本向け」だったからなのか、薄口で透明度の高いものでした。
  ※うまかったよ!



 感想としては「うまいけど物足りなかった」です。
 食べ終わってからもう一杯食べたいという気持ちになりました。
 たぶん量的には通常版とあまり変わらないのだと思いますが、天ぷら油揚げが無いだけでずいぶんと「食った感」が違うものだなと。
 このあたりはそーゆー商品じゃねーからってことで、見栄えを優先した結果でしょう。

 というわけで、横に雑煮なりおせち(の余り)なりが並べてあって、そのうちの一つとしてならアリか、という感じでした。
 (その状況でカップめん出すかってところはともかく)
 繰り返しですが、単品ではイマイチだけど、年初すぐに食べる「特別版」としてはひねりのある一本だったかなと。
 自分の場合は、(まだわかりませんが)今年末の優待でも年末用のどん兵衛そば+年初仕様うどんのセットが届くのかなあと期待しています。
   →なければ無いでいいけど。

(余談)
 うどん/そばって、ラーメンほどつゆの自由度が無いせいか、いわゆる普通の「めんつゆ」以外だとカレー、ちゃんぽん、みそ煮込み、辛い系(チゲとか)くらいかと思います。
  →どれもスタンダードってほどではない。
 たとえばカップヌードルはスクランブルエッグにミンチ肉という実店舗ではまずあり得ない具材にも関わらずあれほど受け入れられたわけだし、そろそろカップうどん/そばでもすげー尖った革命的なものが出てほしいなあとか思いました(言うのは勝手)。
 特に、そばは各社似たようなもの(だいたい天ぷらかきつね)なのでなんか無いかなあと思いますが、……考えてみるとなかなか思いつきませんね。
  →「鴨だしそば」はうまかったけど、やはりめんつゆの範疇だなあと。
 もはや「そば」は「めんつゆ」から逃れられないような気もするし、まだまだ伸びしろに期待したい気もしますが今回は以上です。


◆静かなるドン(105) (マンサンコミックス)

0 件のコメント:

コメントを投稿