過去記事更新

2014年2月12日水曜日

2014/3/18増刊号:週アスを艦これ付録目当てで買ってきたよ!!


 週刊アスキー 2014年3/18増刊号を買ってきました。電子版です。
  →定価450円、電子版は350円(ただしマンガ収録なし)。
   訂正:「電脳なをさん」のみ無しで、1~2ページの漫画はいくつか収録されてました。
  →配信は紙(月曜)より2日遅い(水曜0時っぽい)。
 お目当てはもちろんオールカラー全44ページの特別付録艦これ全力ガイドです。



 いつも通りリーダーストアで買いました。→◆ここ(レビュー済)
 まあKindleストアでもBOOK☆WALKERでも普通に買えるはず。
 売り切れもバックナンバーも心配無用です。

 公式サイトはこちら。
  ◇週アスPLUS:週刊アスキー3/18増刊号 No.967(2月10日発売)
  http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/199/199171/

 全体の表紙はこんな感じ。

 タブレット画面の撮影に慣れてないのでちょっとアレですが画質は高いですね。
(ジョージアの宣伝効果はばつぐんだ!
  →ちなみに容量は63.4MB。


◇電子版的なこと
 ページ数は全191ページで、145ページ目以降が付録部分でした。
 で、Androidタブレットの場合、(対応している場合ですが)本誌の目次ページから該当記事をタップして移動できます。
  →電子版アフタヌーンでもできる。

 今回はこちら(3ページ目)のメイン目次から付録の表紙にジャンプ、さらに付録内の目次から該当部分にジャンプ、ということも可能でした。


 ただ、アフタヌーンと違ってアプリの目次メニューは小さいテキストみたいな表示になってしまって押しにくかったです(というか無理)。
 「漫画でない雑誌」は今回始めて購入したのですが、読む前にReader拡張機能というアプリの導入を要求されたりしたので、どうも「コミック」系とは仕様が一部違うようです。


◇艦これ特集の内容:いいんじゃないですかね
 まず言っておくと「艦これ」やったことないし、やるとしてもたぶんVita版だけになるだろうと思います。
 そういう視点からすると、「艦隊これくしょんスタートアップガイド」では画面の見かた+簡易用語集から、陣形/艦娘分類/建造/開発などの解説があり、かなりまともな印象でした。
  →なんとなくやりこんでるライターが書いた感じというか。
 プレイ的には「上級プレイガイド」として、難所(3-4,、4-4)の攻略とかもありましたが、まあ中~上級者には今さらな気配です。

 他には、関連グッズ情報、寄稿イラスト(2点)、萌え要素が絶望的に皆無(旧日本軍関連)の参考文献紹介など。
 また赤城、瑞鶴、金剛、龍驤、伊19、那珂、飛龍計7名の戦史解説は、文字がびっしりしておりそれなりに読み応えがあります。
  →個人的にこういうウンチクは嫌いじゃなかったり。
 変わったところではプレイ録画指南おすすめタブレット情報があり、起動に要する秒数を比較するなんてのはいかにもアスキーらしいですね。

 といった感じで、おまけにしてはかなり良く出来てるんじゃないですかね(……たぶん)な出来でした。



 今のところ自分は(タブレットでは)ぷよクエくらいしかやる気が無いわけですが、興味はあったのでじっくり読んでおこうと思います。
 本誌部分も、以前はよく読んでいたのでなんだか久しぶりだねという感じ。
 まあ電子版でコミック系以外を読むのもなので、これを機に小説なんかにも手を出してみたいところです。

 ちなみにリーダーストアですが、今のところ漫画しか読めないVitaiPhone、iPadがようやく春~夏には書籍コンテンツに対応となるそうです。
 タブレットを買ったとは言え寝る前にVitaでいろいろ読むのがもはや習慣になっているのでこれは朗報でした。
  →http://info.ebookstore.sony.jp/2014/02/201427-0aa0.html
 リリースによると、PCでの閲覧にも対応するようですね(まあディスプレイだと小さい文字が読みづらそうかな)。

 特にラノベあたりはいかにもVitaと客層が合致しそうですが、ついでに「非対応コミック」についても読めるようになるといいなと思います。
  →げんしけんとか。
 ではまた。


艦隊これくしょん‐艦これ‐ 艦娘型録

0 件のコメント:

コメントを投稿