過去記事更新

2014年11月22日土曜日

#1、物販@ガンプラEXPO2014行ってきたよ!

ガンプラEXPO'2014 限定キット

 ガンプラEXPOワールドツアー・ジャパン2014に行ってきました。
 まずは物販について、限定キット関連初日の現地レポを少し。

 このところ寒くなっているものの、東京では初日のきょう(2014/11/21)を含め、最終日の24日までは比較的暖かく雨も降らなさそうです。
 ただ夜はクソ寒かったのとめっちゃ並ぶので、これから行く方は寒さ対策にも気をつけてください。

*EXPO'2015の事前情報は■こちらで。(雑感など)

*去年(EXPO'2013)の記事は■こちら。


*もくじ:
▼キット一覧/お約束(ルール)など(↓)

▼名古屋ほかの地方開催(ジャパンツアー)

▼現地レポート@初日

▼今年の限定キット雑感@EXPO限定キット

▼雑感@イベント限定キット

▼おまけ:3Dステレオで見てみよう



#2:■ビルドファイターズ(トライ)、Gレコ、オリジン、特別作例展示など

#3:RE/100、PGほか■各グレードの展示画像

#4:■GBWC2014&サポーターズ展示

(追記)◆立体ステレオ画像で見るガンプラEXPO2014~2015



*追記@2015/9/29:ガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2015@秋葉原の公式サイトが公開されていました。
 →(追記)今回の限定キット情報が出揃ったので■こちらに書きました。
◇GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2015 - バンダイ ホビーサイト
http://bandai-hobby.net/expo2015/

 現在、RG00ライザー・トランザムクリア等の限定キット情報も掲載されています(まだ出揃ってないみたい)。
 過去の開催からすると、EXPOで発表されたか、大きく取り上げられたRG次のEXPOで限定キット化しやすいという傾向があったのでRG 00ライザーは順当で、ひょっとしたら◆札幌/広島/大阪開催でのRG ウイングゼロEW パールグロスあたり、ついでにスターウイニング PPクリアあたりも来るかも(既出とは言え多すぎるかな?)。
 個人的にはあー……トランザムカラーかあとか、(東京で出るかはともかく)ウイングは↓↓のエクシアからするとめっちゃ安いっすねとか思ったりもしましたが、そのあたりは11月に。
(限定キット情報はチェックしておきます)

 なお今回は11/20(金)~土日祝の4日間でいつも通り秋葉原UDXで開催されるほか、ラストの11/22(日)~23(月)はベルサール秋葉原でも開催とのこと。
 さっと調べてみると◆魂ネイション2015◆電撃文庫のイベント(←マップあり)でも同様の二箇所開催だったようで、近年増えつつある形式のようですね。
 場所は互いに徒歩5分ほどですが、終盤にスペースが拡張されフルアーマー状態になるということなのか詳細が気になるところです。
(物販はUDXかなあ)


*追記@2015/2/23:ガンプラ35周年企画アイテムとして、初代ガンダム/ガンキャノンを最新技術でリファインしたHGUCキットが発表されていました(ヒジ・ヒザが二重関節でめっちゃ曲がってる)。
 EXPO全国ツアー'2015の日程も記載されていたので貼っておきます。
 http://www.gundam.info/topic/12578
(2/27名古屋、4/24福岡、5/21仙台、8/28札幌、9/18広島、11/5大阪)

 なお、EXPO限定キット(イベント限定キットとは別)は東京開催と同様に完売時の通販対応がある(もちろんシリアルが必要)とのこと。
 一応名古屋での限定キット◆こちら。
(新規はG-セルフ カラークリア、トライバーニング PPクリア)

*追記@2015/1/13:別イベントですが、4都市で行われる次世代WHF'15 WinterではHGビルドバーニングPPC(クリア版)の販売と、小中学生限定ユニブの赤カラーVerの配布があるそうです。
◇「次世代ワールドホビーフェア’15 Winter」1月18日の名古屋大会より全国4都市にて順次開催!
http://www.gundam.info/topic/12283(開催終了)



 今回の限定キットはこちら。


EXPO限定キット
RG 1/144 ガンダムエクシア エクストラフィニッシュVer.
4,860円
MG 1/100 νガンダム Ver.Ka メカニカルクリア
7,560円
HGUC 1/144 ゼータプラス (テスト機イメージカラー)
2,590円
HGUC 1/144 ガンダムF91 残像イメージクリアーVer.
1,290円
HGBF 1/144 ギャンギャギャン
1,940円
BB戦士 νガンダム メタリックVer.
2,480円

イベント限定キット
HGUC 1/144 フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード) レッドメッキフレーム/メカニカルクリアVer.
4,320円
HGUC 1/144 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(デストロイモード) グリーンフレーム/チタニウムフィニッシュVer.
4,860円
HGBF 1/144 ガンダムエクシアダークマター (トランザムモード)
1,940円
RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム クリアカラーVer.
3,240円
HGAC 1/144 ウイングガンダム チタニウムフィニッシュVer.
3,450円
HGBF 1/144 ネオンベアッガイⅢ
1,940円
HGBF 1/144 スタービルドストライクガンダム プラフスキーパーティクルクリア スペシャルイベントVer.
1,940円

 ※すべて税込価格(お釣りが出ないように用意しておくと吉)



http://bandai-hobby.net/expo2014/item.html(EXPO公式)

*高画質画像◆こちら(電撃ホビーウェブ)がおすすめ。


*追記@完売状況:
完売キットの通販対応2014年11月26日(16時)より受付開始で、12月16日(15時)が締め切りとのこと。
 すでに◆各所でコードは晒されており、どうやら今年もシリアルナンバーは一種類のようです。
  ※落ち着いて待っとけばいいよ!

*追記@2014/11/26:通販の受付が開始されました。

◇【ガンプラEXPO ワールドツアージャパン2014 会場販売アイテム品切れ通販】
 https://p-bandai.jp/sc_authentic/?sale=06C(終了)
(申し込みにはプレバン会員登録が必要です)


*せっかくなので、物販在庫の推移まとめを記録しておきます。
 この色EXPO限定です。
  ※ネット情報だよ!

初日
完売/残りわずか:なし

2日目
完売:F91、ベアッガイ、バンシィ
残りわずか:SDニュー、ストフリ、ダークマター

3日目
さらに完売:MGニュー、SDニュー、ダークマター
残りわずか:ストフリ

4日目(最終日)
さらに完売:ギャンギャギャン、ストフリ、スタービルスト
残りわずか:エクシア、ゼータプラス
 →完売しなかったので通販対応なし。
在庫あり:ユニコーン、ウイング
 →いずれもイベント限定アイテムなので元から通販対応なし。

 *

◇雑感:
・最初に完売したのはベアッガイさん
初日~2日目数時間待ちだった
3日目もそれなりに人は多かったが、4日目はほぼ待たずに購入できたみたい
・過去の例から、一度完売したら期間中に在庫が復活することは無い
・期間中、◆イベント公式等でのわずか/完売情報は無かった(出してほしかった)
・来年以降の地方開催で、どのキットが販売されるか(そもそも販売があるのか)等はまだ不明

 といった感じで、例年から見ても初日に売り切れが出ることは「ほぼ無い」ようです。
 2日目からは完売が出やすいので、確実に欲しいものは初日~2日目の朝までに動く必要がありそう。
 この中で、ストフリは2日目の時点で「残りわずか」だったものの3日目を乗り切ったようです。
 やはり完売が増えてくる後半は購入者も少ない=列の待機も短いため、欲しいキットは多いけどどれか一つでいいという程度なら後半が狙い目ではあります。

 全体的には、やはりクリア系/色変え系といった安価なものが先に売れていき、高額になりがちな特殊加工系が売れ残った印象。
 特にRGエクシアは4,860円と高かったので、半額以下のエクシア・ダークマターか、「とにかく記念に何か」的なことで最安のF91にでも流れたのかも。
 どうもゼータプラスの在庫はほんとにわずか(10以下?)だったらしいのですが、それなら元ネタ(センチネル)の認知度からすれば十分売れたほうかなという気がします。

 そんな中、エクシアと同じく4,860円ながら高速で完売したバンシィある意味、一番人気だったのかなと。
 ほぼ紺一色でチタニウムフィニッシュの良さを最大限に出せるデザインなことと、緑フレームでは一般販売されていないこと、あとは自分のようにユニコーン(1号機)はたくさん持ってるんだよなあという人からも人気が集中したのかなと(まあ結果論ですが)。
 ちなみに緑バンシィなら、色や質感はだいぶ違う上に2機セットですが◆GFTの限定緑フレームセット(公式インフォ)であれば普通に売られているみたいです(行ったことない)

 以上、次回以降の参考までに。



◇お約束とか
 ルールは例年通りで、EXPO限定品については、「期間中に売り切れたキット」に限り通販対応が行われます。
 特に変更が無ければ、売り切れた場合は通販用のパスワードが配布されますが、こちらは1種類しか無いため、実質的にネットですぐ広まって誰でも通販可能になるでしょう。
 イベント限定キット売り切れたら入手不可ですが、また別の模型イベント等で販売される可能性があります。
 あと細かいところではクレカ使えないよ(現金のみ)とか、領収書は出ないよ(レシートはもらえる)など。

 去年の場合は、EXPO限定キット:MG FAユニコーン(メカニカルクリア)のみ在庫があったため通販が行われませんでした(他のEXPO限定品は通販対応された)。
 ただ、これについても◆池袋のUC展で販売された(公式インフォ)という例があるので、「EXPO限定」と言っても絶対に他のイベントで販売されない、というわけではないようです。


 実際の待機列は通常3つあり、展示ゾーン、物販購入、注文&整理券配布に分かれています。
 物販に行きたい場合は、まず入場口とは反対側にある整理券配布の待機列に並びます。

 注文を済ませると整理券をもらえます。
 これ以降、追加注文や個数の変更はできません。
  ※ここまでに買うものを決めておくのがマナーだよ!


 ここに記載された時間帯に合わせて物販購入待機列に並びます。
 並ぶ際に提示を求められるため、持っていない/時間を過ぎていると並ぶことすらできないので注意。
 まあこのあたりの流れは去年から変更がありませんが、どうも購入待機列の待ち時間は例年よりだいぶ長めで、比較的空いているはずの夕方以降であっても「最低1時間」は覚悟しておいたほうがいいかも(後述)
 こればかりは、今後の三連休もどうなるものか予想できません。

 なお今年の変更点としては、「1商品につき5個まで」という制限が追加されていました。
  →転売対策かな?
 まあ全種買いとかは可能なので、普通に買いに行く人や「友達の分も~」という程度なら問題ないでしょう。




◇東京以外でもやるみたいですよ(追記)
 今回ガンプラ35周年記念企画の一環として、ガンプラEXPOジャパンツアー2015の開催が発表されていました。
 これは日本各地でガンプラEXPOが開催されるというもの。
 第一弾名古屋PARCO2015年2月27日~3月16日(予定)となっていました。

 これで、EXPO限定売り切れろ~売り切れろ~を送っていた方々も限定キットGETプロの作例を見るようなチャンスが出てきたんじゃないでしょうか。
 まだ1シーズンほど先の話ですが、各地の日程のみならず各開催時点での限定キット、最新キットなんかにも注目しておきましょう。

(画像のなんちゃってライトニング◆これ。

(追記)ガンプラEXPOジャパンツアー2015公式サイトはこちら。
 http://bandai-hobby.net/site/20141118japantour.html

*追記@2015/1/16:名古屋開催の限定キット:
 ガンプラEXPO JAPAN TOUR 2015 in NAGOYA(2015年2月27日~3月16日)のキット情報が公開されました。
  →http://www.gundam.info/topic/12335(公式インフォ)
 EXPO限定はほぼ同じで、新規にHG G-セルフ(大気圏パック装備型)カラークリアVer.と、後日公開予定の初登場アイテム1点が追加となっています。
(期間中ずっと売るのかな……)
 イベント限定のほうはフルコーン、バンシィ、ベアッガイさんの3点で、ストフリ、ウイング、スタービルストは無い様子。

(追記)
 最後の一体はトライバーニングPPクリアでした。 →◆公式インフォ

(追記)
 名古屋開催での完売キットF91、SDニューのみだったようです。(意外?)
  →http://www.parco-art.com/web/other/exhibition.php?id=762


*追記@2015/4/14:福岡開催の限定キット:(ほぼ同じ)
  →http://bandai-hobby.net/site/20141118japantour_fukuoka.html(公式)
 基本構成は名古屋'2015と同じで、なぜかイベント限定のストフリが復活するようです。



◇現地での雑感:寒かった
 開催地は秋葉原UDX。
 JR秋葉原駅からなら、電気街口からに出たところにあります。
  →ここから右のガード下あたりにはガンダムカフェも。

(↑階段を登ったとこの「UDX」と書いてあるビル)

 実はこの時点でカメラのバッテリー切れに気づいて 「あっ! 死にたい!」と思いましたが、都民なめんなというわけで、会場を軽く回ってから数時間かけて出なおしてきました。
 しっかり準備しよう、部屋を片付けよう、というのを怠って実害が出たことに反省しつつ、皆様も凡ミスにはお気をつけください。

 ……それにしても、物販整理券配布待機列、物販購入待機列はいずれも数十~数百人な混み具合だったのに対し、なんと昼過ぎ~夕方~夜のどの時間でも展示ゾーンの待機列は常時ゼロ(=いつでも入場可)でした。
 これ以降の三連休はどうなるものか分かりませんが、展示目当ての方はあまり心配しなくてもよさそうです。
(まあ場内は混雑していますが)



 さて、自分が整理券の待機列に並び始めたのが夕方5時ごろで、昼過ぎに比べればだいぶ人は減っていました。
 ただ、この時点で……

「ただいま19時以降の整理券を配布しています!」
「これから並んでも20時以降の購入となる場合がございます!」

 という不穏な呼びかけが。
 実際、整理券の待機列はわりと速く進むので15分ほどで済みましたが、もらった整理券は↑に貼ったように19:00~20:00で、1時間半以上の空き時間となっていました。
 ゆっくり(きょう二回目の)展示を回り、19時ごろになってから購入待機列に行ってみると終わり際でも列はまったく減っていない状態で、結局そこからさらに1時間以上並ぶことになりました。
  →もっと早く並び始める分には良いのかな?
 この列ですが……朝~昼に行くならともかく夜はかなり寒いので本当に注意してください(トイレとかも)。


ガンプラEXPO2014 限定キット

(入場ゲート付近の限定キットたち)

 ちなみに、初日/2日目の開催時間は夜8時までで、7時半には展示ゾーンの入場が締め切られていました。
 ようやく購入した頃にはとっくに閉場時間を過ぎていたわけですが待機列はむしろ増えているような気配で、「20時以降の購入となる場合」はまだまだ続きそうでした。
 この時点で当日の整理券については打ち切られており、なんと明日の優先購入整理券を配布するという呼びかけがありました(なんだそりゃ)。

 書き忘れてましたが、さすがに初日終了時点では売り切れは一つもありませんでした。

 んー……去年は整理券さえもらえたら購入列はほぼ待たなかったんですが、いくら初日とは言え今年はどうも事情が違うみたい?
 レジがパンクしてるのか 転売ヤーがループでもしているのか 分かりませんが、できれば今後はレジを増やすなり対応を変えるなりしてもうちょっとマシにしてほしいところです。
  →レジ数は去年と同じく6つだった。
 なお3日目(23日)18時最終日(24日)17時と閉場時間が違うため、終わりごろに行く予定ならこういった状況も考慮しておいたほうがいいかも。
  →開催時間など:◆公式イベント概要


 余談になりますが、去年の開催では会場前の待機列でビルドファイターズのPVがループしていました。
 ちょうど最初の「いい最終回だった」回であるアメイジング・ザク戦が放送された頃で、そのあたりの映像も流れていた記憶があります。
 それが今回は屋外での映像等は無しとなっていました。
 代わりに、会場内の特別映像と思われる音が……ドォン……ズズゥゥゥン…………遠い戦場からの残響のように聞こえてきたりして、やたら長い行列もあってかなり異様な空気でした。
  ※そういうのもイベント体験の思い出になるんだよ!


◇そんなわけで
 スタービルドストライクガンダム プラフスキーパーティクルクリア スペシャルイベントVer.(長い!)ぶじ(?)購入してきました。

 →画像のは去年買って無茶な塗装をした◆これ。

 既発だしクリアビルストもってるしでなぜ今と言われそうですが、まあ羽とパワゲがほしかったという程度です。
 各所で画像を見たところ、本体だけでなくなんかもちゃんとプラ粉仕様になっていたのも決め手でした。

(しかしHGスターにパワーゲートが付かないのはなかなかの仕様だったなあ……)

 正直エクシアは迷いましたが、もし買うなら無茶な色にしたいので表面コート系はちょっと好みに合わないかなと。
 これがもしクリア版RGエクシアだったら迷わず買ってたんですが、それもまた実体剣の機体には合わない気もするので難しいところです。
  ※ままならないものだよ!

 やはり一番かっこいいと思ったのは赤メッキですが、自分の場合◆あれ◆これ◆それやらあるのでこれ以上コーン増やしちゃいかんかなとか。

 ともかく、スタービルストについてもそのうち公開できればと思います。
(組んで、塗って、撮って、そして語りたいのがブロガーの性である)

*(追記)夏のカスタマイズCPでもらった武器でいろいろ武装させてみた記事をアップしました。



雑感@限定キット


 自分としては買うだけがガンプラではないと思っていて、買うつもりが一切ないキットであってもいい感じの画像を見るとつい保存したりしています。
  →もちろん作例とかも。
 ここではやや大きめサイズで編集した写真を、環境を考慮しない外道なサムネ量で紹介しつつ各キットの私見レビューを書いていきます。

 PCで画像をクリックするとライトボックス表示になりますが、大きく表示したい場合はCtrlかShift+クリックで別タブで開く、もしくは右クリックから「リンク先を保存」とかで。
(せっかくなのでちょっとしたネタも画策していますが、それはまた今度。→立体画像を4枚追加しました)



 会場では、確認した限りで4箇所限定販売キットが展示されていました。
 まずこちらは屋外で、整理券配布待機列の途中から物欲を煽ってくるスタイルの展示ケース@夜。


 続いて、上でも貼った展示エリア入場口付近のケース。


 一応別の角度からも。



 こちらは展示エリア内。最後の出口付近だったかと思います。
 すぐそばに物販スペースがあり、そこから帰る途中にも展示がありました。


 主役勢。
 もともとガンダムの中でも屈指の大型機であるニューは、MGともなるとベアッガイさんすらかすむほどのデカさです。


 といった感じで、まずはEXPO限定系から。


◇雑感@EXPO限定キット
 トップバッターは、カタログを飾るバーニングやG-セルフを差し置いてまさかのラインナップとなったギャンギャギャン。
 ベアッガイさんといいメガシキといい、ビルドファイターズ系はネーミングセンスが光っていますね。
ガンプラEXPO2014:HGBF ギャンギャギャン(HG GYAN GYA GYAN)


 よく見ると、後ろにはギャンバルカン状態の姿も。

 このキットの正体は……既発のHGギャンと、それをギャンバルカンにするHGBCヴァリュアブルポッドを同梱した色変えセットとのこと。
 ギャンギャギャンだけでなく、ギャンギャギャンカラーのギャンギャンギャギャンカラーのギャンバルカンを作って心ゆくまでギャンギャンできるキットなのだとか。
  →正式カラーのギャンバルカンは◆こちら。(公式メカ紹介)

 ただのカラーリング変更と思いきやややメタリックな成型色(旧HGバンシィのサイコフレームみたいな感じ)だったり、購入者によればサザキ君仕様の妙に凝った箱イラストになっていたりでこれはいいものだと認めざるを得ません。
 まあその気になれば通常キット買ってきて作れるんじゃねというあたりも含めてなかなか面白いキットですね。


 RGエクシア:エクストラフィニッシュVer。
 分類はよく分かりませんが、「チタニウムフィニッシュ」ではないので「ツルテカ」という感じではありません。
 個人的には、白い部分がやや灰色っぽくなっているのも含めて◆ガシャポン戦士NEXTのSP弾(サイト内検索)みたいな印象。
ガンプラEXPO2014:RGエクシア エクストラフィニッシュVer.(RG EXIA Extra Finish Ver)


 上に書いたようにクリアだったらなあ……というのと、機体のみで4,860円というお値段(通常版は定価2,700円)もあってなんかモヤモヤするキットでした。


 こちらは入場口付近のもので、ちょうどに居たので撮っておきました。
 こういうキットだとデカールが浮いてしまわないかな? と思いましたが、 そもそもRGエクシアのデカールはかなり少なめだし、 実際に見たところさほど問題なさそうでした。
(エクシアは大好きなんだけどなあ……)


 こちらは物販付近で撮影。
 これが一番質感がよく撮れていますかね。


 いずれにしても、今回の目玉商品↓この二機だったのは間違いありません。
 いろいろ言いましたがホイルシールや独特の光沢には画像では伝わらない何かがあるので、できればあっそう言えば俺もガンダムだったという方は現物を肉眼で確認して頂きたいです(見るだけでも)。



 そして、本命であろうMGニューVer.Ka メカニカルクリア。
 MGクリア外装と本当に相性が良いですね。


 例の発動モードについてはどうなっているのか確認していませんでしたが……足元だけは緑色のフレームがチラッと見えているような。
  →下のガラスの色だったみたい。



 展示品には、全身にデカールが貼られていました。
 もし自分だったら貼るべきか、否かでムチャクチャ悩みそう……。

 会場では前年のガンプラワールドカップ優勝作品(→◆公式)も展示されていただけに、ニューは好きだがあそこまでは無理という方は心が動いたんじゃないでしょうか。
ガンプラEXPO2014:MGニューVer.Ka メカニカルクリア(MG NU Mechanical Clear)



 あとの三体は宇宙世紀勢。
 F91が小型なので、普通サイズのHGUCゼータプラスMGみたいに見えてしまいますね。


 抜群の人気だったらしく、2日目には完売となったF91:残像イメージクリアーVer。
 これはもう質量を持った残像のために複数買いする人が多かったのかなと。
 よく見ればプラフスキークリアのように全身にキラキラが仕込まれているのも好感されたんじゃないでしょうか。
ガンプラEXPO2014:HGUC F91残像イメージクリアーVer.(F91 After Image Clear Ver.)


 まあ一番の理由は1,290円という圧倒的な安さでしょう。
 いくら小型機と言っても限定クリアーのHGキット(しかもガンダムタイプ主人公機)がBB戦士ニューより千円以上安く、ゼータプラスのおよそ半額で、RGエクシア1体を買う金があれば、F91を三体買った帰りにケバブを食べても余裕で釣りが来るのだから破格と感じるのも当然です。

 調べてみると、通常版のHGUC F91定価1,296円でした。
 考えてみれば、製造コスト的にはクリアー版=色変え版程度だろうし、値段は据え置きで出せるものなんですね。
  ああ、エクシアもクリアーだったならトランザムしてメイジン対決もできただろうになあ……(しつこい)

 ちなみに、クリア系キットの赤パーツが透けてサル顔になるのが気になる場合は、マスクの裏側だけでも銀色(百円くらいのホビー塗料か、ガンダムマーカー等)で塗っておくだけでかなり見栄えが良くなるので参考までに。
(画像は去年のビルドストライクを◆塗ったもの。



 続いてHGUCゼータプラス:テスト機イメージカラー。
 UC最終話で電撃参戦して◆NEXTでも初の変形機構付きとして出た(レビュー記事)ものの、やっぱりZ+はこの色だよねという安心感があります。
  →まあ青でもいいけど。
 この色ならおそらく中の人の性能がケタ違いなので、変形しただけで踏まれて退場なんてことにはならないでしょう。


 そう言えば◆ワールドカップ最終選考(公式)では、ゼータプラスがキット化されないから自分で作ったらすぐ発売されたなんて話もありました。
 まあ素人としては、UC版キットの灰色を白にするのは(隠ぺい力とか)なんか面倒くさそうだし一般販売でもよかったような気もしますが……どうでしょうね。
 やはりセンチネルとベルトーチカは機体だけが独り歩きしがちなあたりで扱いが複雑なのかも。
  →HGクロボンみたいに今後いろいろ派生機が出る可能性もあるのかな?
ガンプラEXPO2014:ゼータプラス テスト機イメージカラー(Zeta Plus testtype image color)



 最後はBB戦士νガンダム:メタリックVer。
 各所で画像を見て、あんまりメタリックに見えないなあ……と思ってはいないでしょうか?
 大丈夫です! 肉眼で見てもあんまりよく分からなかったので。
  ※…………!
ガンプラEXPO2014:BB戦士νガンダム メタリックVer.(BB Nu Gundam Metalic Ver.)


 ◆去年のメタリックBBサザビーはピッカピカ(公式インフォ)に見えたんですが……白系の機体だからなのか照明の具合なのか、どうも今回のBBニューひと目では分かりづらいように思いました。
 写真もうまく撮れていなかったのでよく分かりませんが、できれば手に取るくらいの距離で見てみたかったところです。

 見た記憶では、特に黄色パーツ(アンテナやファンネル)が成型色まんま(?)っぽくて気になったような……。
 まあそこだけなら適当に缶スプレー(百均にある)や筆塗り、マーカーあたりでゴールドにしてしまえばいいんですが、やっぱり全体的にはツルテカ感は弱めな気がしました。



 EXPO限定キットは以上。

 
◇雑感@イベント限定キット
 イベ限でなんといっても注目なのはHGUCレッドメッキフルコーン。
 メカニカルクリア仕様なので、本体は大部分が無色透明です。


 これは昨年のMGがそのままダウンサイズされてお手頃になったという印象。
 ユニコーンガンダム自体のフル・サイコフレーム機という設定があるせいか、HGであってもメカニカルクリアであることにまったく違和感がありませんね。
  →サイコフレームだけが浮かび上がっているイメージ。
 緑発光でなくである点も、フルアーマー装備のグレネードとマッチして統一感があります。
ガンプラEXPO2014:HGUCフルアーマーユニコーン レッドメッキフレーム/メカニカルクリアVer.(Full Armor Unicorn - Red Plated Frame / Mechanical Clear Ver.


 こればっかりはどんな塗装も加工も不要(アンテナ裏を切るくらい?)で、そのまま飾るだけでOKなキットかなと。
 なんというか「メッキとクリアパーツはガンプラの華」(持論)というのを全身で体現するかのような素晴らしいキットだと思います。
  ※ぐうの音も出ないよ!!



 BF一期勢をまとめて。
 ダークマターはもともと赤いのがより赤めなグロス系メタリック仕様になりつつ、GN粒子的なことで各部が水色になったもの。
 ネオンベアッガイⅢ(さん)は、暗い所で光ったりするわけではなくこういう色です。


 HGであっても、羽+パワーゲートを広げた姿はなかなかのもの。
 いろいろ尖ってるボス機に、単純にデカいクマ機と、いずれも直に見るとボリュームを感じる機体です。


 ギャンギャギャンも一緒に。
EXPO2014:Limited Kit@Build Fighters


 RGストフリ:クリアカラー。
 下段の後列でちょっと撮りづらい位置だったため ということにして、 バンシィとコレは一枚だけ。
EXPO2014:RGストライクフリーダムガンダム クリアカラーVer.(RG Strike Freedom Gundam - Clear Color Ver.)

 個人的には、◆去年のRGゼータみたいなスモーククリアっぽいものより、こういった透明度の高いクリアのほうが好みですね。
  →クリアカラーカラークリアは違うってことかな?
 そういう意味で、近年増えてきたメカニカル系やプラフスキー系の限定キットは出てくるたびに画像を保存してしまうものがあります(買うかどうかはともかく)

 正直なところ、これを◆公式とかで見てなんかなーと思ったのが◆このビルストを塗った動機でもあったんですが、実際に見てみると思ったほど変ではなく普通にかっこよかったです。
 ただ、展示ポーズとしては素立ちな感じで、どうせならプレバンの翼……は無しにしてもドラグーン展開状態くらいは見たかったような……。


 HGUCバンシィ:緑フレーム&チタニウムフィニッシュ。(遠くてだいぶボヤけてしまった)
 やはり◆去年の入場直後を飾ったコンビが順当に選出された感じ。
(おや、クシャトリヤの姿は……?)

 これもまたメッキ+クリアのツルテカキットで、フレーム色も含めてバンシィの最終決定版というところでしょうか。
 個人的には、小説版を読んでいた頃にバンシィは「黒いユニコーン」であり漆黒の機体だと思い込んでいて、手持ちの旧キットを真っ黒に塗ってみたりといろいろ思い入れのある機体です。
  →そっちの作例はまたいつか。


 トリを務めるのは、今回まったくのノーマークだったHGACウイング:チタニウムフィニッシュVer。
EXPO2014:HGACウイング チタニウムフィニッシュ(HGAC Wing Gundam / Titanium Finish)


 ◆公式の画像では一見普通の黄色成型色があるようにも見えてしまいますが、実際にはきらめくようなメッキゴールドが多用されています。
 赤/青パーツについてもチタニウムフィニッシュ特有の濡れたように照り返す質感が目を引きました。

 ちなみに今回の開催ではRGウイングゼロEWが大きく取り上げられていますが、EWの羽は認めないという方もこれなら文句なしだったんじゃないでしょうか。
 ついでに言えばゼロではないという点も、前面に金パーツが来たりするのでチタニウムキットとしての相性が良いと思います。
  →なんとなくフェニーチェ関連でウイング需要が増えてきたような。



 イベント限定キットは以上。



◇おまけ:3Dステレオ画像で見る限定キットたち
 できるだけ大きな画面に表示して、交差法でどうぞ。
 もちろん狙って撮ったわけですが、だいぶ古典的な手法なのでちょっとチカチカするのはご勘弁。








(解説)
・まず片目を閉じて
・右目だけで見ながら画像右半分を指で隠す
・左目だけで見ながら画像左半分を指で隠す
・両目で見ると真ん中にぼやーっとしてきて
目を凝らす立体に見える

 なお、慣れていないと目や頭が痛くなる場合があるので見過ぎにもご注意。
 専用機器ではないためクオリティは微妙ですが、こうすると実際の雰囲気が伝わりやすいかなと。
(他にもいくつかあるので、そのうちまとめておきます)

(追記)ガンプラEXPOステレオ画像集◆書きました。


 物販だけでだいぶ長くなりましたが、全部で800枚くらいは撮ったので新アイテムGBWCについては後日書きます。

*■#2::ビルドファイターズ(トライ)、Gレコ、オリジン、特別作例展示など

■#3:各グレード最新キット

■#4:GBWC2014&サポーターズ展示



ZIPPO(ジッポー) ハンディーウォーマー&オイルセット ZHW-JF [HTRC 3]


RG 1/144 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)

0 件のコメント:

コメントを投稿