過去記事更新

2014年11月25日火曜日

2015年1月号:アフタヌーン買ってきたよ!@ツンデレ担当をえんさんと争う関さん


 月刊アフタヌーン2015年1月号を買ってきました。※電子版だよ!
  →Readerのアプリを更新したら白系色になってちょっとすっきり。
  →画像のは◆買ったやつ◆塗ったやつ。
 表紙は前号休載からの新章開幕となるマージナル・オペレーション。

・新連載:瀧波ユカリ「あさはかな夢みし」カラー4Pあり
 →公式の第一話配信は◆こちら。
・ネオ寄生獣#3:韮沢靖「PARAGANT」フルカラー8P
・読切:椎名うみ「ボインちゃん」24P
 →四季賞2014年秋の「四季賞」受賞作。
・読切:夏央祐新「見捨てないで」74P
・読切:鳥井スズメ「ヒーロショー」24P
・尻の筋肉作画に自信ニキ
・休載:ヒストリエ(隔月掲載)、天の血脈、おお振り、スパイの家、コトノバ
 →ほぼ予告通りだけどちょっと多いなあ。

 ネオ寄生獣は、すごく……アメコミです……という感じ。
 「あさはかな夢みし」4コマではなかったのと、なにやらイケメンを描き慣れていない感じで、なんというか、無茶しやがって……と思いました(?)。
 今号では四季賞(の各賞)受賞者の作品が3つ載っているので、名前を覚えておくとあとあとニヤッとできるかもしれません。

 個人的には、「天地明察」原作小説を読んでずっと楽しみにしていた関さんのキレ芸がついに解禁されて「よっ!」とか合いの手を入れたくなりました(万感)。
 それにしても原作の冲方丁氏は、こちらの連載にも毎回の近況やアメゾのコメントを欠かさないのがマメですね(人柄か)。

*■前号(2014年12月号) ■次号(2015年2月号)


 今月の感想です。

嗚呼……

必死で闘うイケメン

そして刻々と傷ついてゆくイケメン……

・(ネオ寄生獣読切)PARAGANT:飼い慣らしてしまっったのか……
・マージナル/18:圧倒的ガチ勢日本人あるあるが迎撃(無表情で写メ)
*謎のモブかわ&モブスが@19
*瞳の作画アップデートが始まってる?(よさげ)
・げんしけん/106:ほぼフルメンバーの合宿……か……(イミのあるヤマ場→終わりが見えてきた?)
*アンジェラは遭遇率低いけど瞬間火力が最強なのがいいね
・波よ聞いてくれ/4:見どころ:ケルナー!、拳児ばりの震脚、「さらばだ」(※ゲスのやり口)、背面フランケンシュタイナー→通報→土下座のスピード感

・ヴィンランド/110:ひゃくまん「えん」?(通貨)
・フラジャイル/6:あー時間無いんで、をシカトして言い切った
*充実してきた初心者向け欄外解説を読めばなるほどまったくわからん
*幻覚シーンで◆これ(A clockwork love)を思い出した
*だいぶ長く連載してる気がしたけどまだ半年か(ページ数のせいかな)
・思春期/23:カッ(うぜえ)
*そう言えばエロネタ(下ネタ)はあるけどエロは無い漫画だなあ(いや別にいいんだけど)
・宝石の国/26:何このかわいい生物 何このかわいい生物 えっ何このかわいい生物
*猟犬として味方にできるのか……?

・(読切)ボインちゃん:親が悪い(簡潔)
・アンダー3/8:今回もつかみの一言が異次元なゲス具合(いいぞもっとやれ)
・零崎軋識/4:冒頭の語りが物語(というかシャフト)演出で脳内再生される件
・プ~ねこ/128:なお自分からのおすすめ防寒グッズは◆電気しき毛布です

・花井沢町/5:ネットが無ければこんなに回りくどい死にたさも生まれなかったろうになあ
 →自分も同じようなものなのでなんとも……。
「今はこの主の嘘が問題」(あるある)
・ベムハンター/13:◆No Man's Sky(YouTube)でも思ったけど、生物が居て呼吸もできる大気くらいは珍しくない世界なのね
 ※細かいことはいいんだよ!
・カラスヤ/?:トリッキーつーかモンスターつーか(関わりたくねえ……)
◆慣れない筆塗りもやってみると面白いもんだ(筆は当然100均だけど)
・夢みし/新:んー 今後頭、高くね? 処す? 処す? くらいのインパクトが出るのかどうか

・(読切)見捨てないで:百均の充電ケーブルまじおすすめ(下衆の思考)
*第二部では一番えぐいであろう死体遺棄シーンとその後の葛藤が遠因の流産と離婚と泥沼の民事訴訟と濃密な留置場描写までが見られるのかな(下衆の思考)
・マイボーイ/9:キャラ紹介が終わりつつある中、相変わらずじわじわ来る系のネタが多数
*(あれはシシガミバングとは特に関係ないかな……)
・天地明察/37:今後関さんはほぼデレ続ける人だったような
*こっちもついに着地点が見えてきたなあ
・さわれぬ神/19:唐突な通常コマがなんかすげー読みやすいというかしっくり来たというか

・白馬のお嫁さん/8:「頃合いを見てこっそり孕む」「泰三の性器も見ておいたほうがいいよ!」「竿を見せればOKだ」といった異世界トークが豊富
*なぜだか終ページの泰三さん@P628だけイモっぽくない感じがしていいなあ(えり足の違い?)
・(読切)ヒーローショー:まあコーン型もいいけど個人的にアイスと言えばチョコでコーティングされてる100円前後のクランチ食感系棒アイスが好みで、他にも敬遠していたウェハースやクッキーのサンド系も意外に当たりが多い(はずれもある)と分かってきた、でも一番気に入った「ザクリッチ」は今や売ってる店が絶望的に減ってしまって実に残念である
*(自販機アイスはうまいだろうけど割高でちょっとなあ)
*(あれっなんの話だったっけ)
・マルさん/7:この妹実質1ページで大学いも完成させやがった……!
 →なんだか自分にも作れそうな気にさせやがる……。
*作者は◆ヤンマガ3rdでも「原始乙女と神の塔」連載中だそうな(正直この雑誌初めて聞いた)
・ラブやん/152:前半まで髪のトーンが無いのが気になって話が頭に入ってこない
*天使モード時の使い分けとかかと思ったけどそうでもないし……



 そんなわけで次号発売日前日にあわてて更新する程度には働いたり疲れたり病んでいたりします。
 なんかこう壮大なビジョンばかりが先行していますが、関さんが出るまでも長かったなあと思うと、始めること続けること維持するということが……まあそういうのはいいとしてもっと追記を早くできるようにしたい、と改めて思った1月号でした。
(来月号は年内に追記したいような、でももったいないからゆっくり読みたいような、というジレンマ)

 ではまた。

 ■前号(2014年12月号) ■次号(2015年2月号)

 これまでの分はこちら。 →■「アフタヌーン」ラベル



(余談)
 今号ですが、たまたまリーダーストアで行われていた◆全コミック10%ポイントバック(2014/11/27まで)の対象となっていました。
 この手のものは雑誌が対象外な場合が多いので、1割と言えどちょっとうれしいものです。

 
 だからと言うわけでもありませんが、数週間前に発売されたニンジャスレイヤー#3:ラスト・ガール・スタンディング(ニ)も買いました。
 先々週くらいにカートに入れて迷っていたものですが、下手にセールを待たずヤバレカバレでポチってみました(前の二巻も予想以上によかったので)。
  →こっちのレビューはまたそのうち。




月刊 アフタヌーン 2015年 01月号 [雑誌]

 ◆アフタヌーン 2015年1月号 [2014年11月25日発売](レビュー投稿済)@リーダーストア

0 件のコメント:

コメントを投稿