過去記事更新

2013年3月9日土曜日

「クライシス3」(初代DLコード付)買ってきたよ!!!!


 クライシス3を買ってきました。
 早期購入特典として、PC版から移植された初代クライシスのDLコードと、マルチプレイ用武器の先行入手コードが封入されています。

 このところちゃんとゲームやってなかったし、「2」(上の写真は海外版)も結構面白かったし、ということで。
 まずめんどくさい確定申告を終わらせて、1→2の残り→3じっくり進めていこうかなと。

+初代プラチナトロフィー攻略■書きました。

+蛇足追記:本編をクリアして売りました。(オンはやりませんでした)
 隠れんぼなのは良しとして、AIがアホなのと、本編カットシーンがグダグダうるさい(長い)のがちょっと合いませんでした。
  →もうちょっと背中で語る雰囲気が好み。
 新要素は、トゥームレイダーのような爽快感が無い(モノっぽい)弓矢だったり、すぐ残弾が尽きて扱いづらいエイリアン武器だったりで期待しすぎてしまっていたかも。
 後は……拠点から動かない/前から撃っても効かないような異様に硬い系の中ザコや、スキルシステム(ツリーではない)の面倒くささ等イラつき要素が多かったです。
 ちなみに最初にやった初代はプラチナまでやったのでわりと好きです。

 ちなみに、途中の進行(なんか外周のスイッチで中央タワーに入るみたいなところ)で目標マーカーが離れたところにあって到達できずに詰みました。
  →もーいーやと思って攻略動画を見て解決(まさに外道)。
 なんか押すべきスイッチが普通に通り過ぎるような地味なやつでえーという感じでした。
 そこまでですでにテンションは低かったのですが、ここで決定的にあーだめだこのゲームと思ってだいぶ冷めました。
 自分はあまりオンはやらないので、シングルでな造りや演技のウザさが多いとクリア後まで攻略しようという気になりませんね。
  →グラだけは良かったという平常運転でもある。

 一応良かった点を挙げると、立体視の安定度が抜群でした。
 これまでだとクライシス1~2や、アンチャーテッド3、体験版ではレジスタンス3、PSPリマスターのゴッド・オブ・ウォーなんかを3Dディスプレイでやったことがあります。
 いずれも初見は(グラが酷いレジ3を除いて)すごいのですが、やっているうちに3Dブレが結構目立ったりします。
  →どんなに設定や見る距離を変えてもブレが出る。
 その点で、クライシス3の立体視モードは異次元の安定度と言えるほどブレが少なかったのでかなり感動しました。

 そんなわけで、いろいろもったいないゲームな印象でした。
 最近経営難とも噂されるCrytekですが、PS4世代でも動画だけならこのシリーズを見てみたいなと思います。


 とりあえず、海外向けのPS3版プレイ動画があったので貼っておきます。
 PC版には及ばないとは言え、透過クローク+クロスボウによる戦闘シーン、3分以降の自然な植物表現、8分からの列車シーン等からもCryEngine3の実力が感じられます。


 というわけで開封して中身を見ていきます。

 早期購入特典のシール。
 「初回限定」ではないようですが、詳しい扱いは不明。
 

 DLコード。


 初代&限定ハンターエディションの案内画面。




 ちなみにPS3版の初代クライシスは配信購入のみで、通常1,900円です。
  →容量:2790MB
 元は2007年11月の作品で、移植版ではオン対戦はカットされていますが、「2」同様にグラフィックス面ではCryEngine3を搭載しており、もちろん3D立体視にも対応しています。
  →PSNサイト:http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0006npjb00150_00crysis1hdd000001.html




 そんなわけで、感想はいろいろ終わってから。




 ではまた。


◆クライシス 3(PS3)

0 件のコメント:

コメントを投稿