過去記事更新

2017年1月7日土曜日

2017年の大黒屋「福箱」(食品類1000円)買ってきたよ!


 ディスカウントスーパー大黒屋にて、2017年「福箱」(1,000円)を買ってきました。
 今年もまちおか福袋は初売り(1/2)に都合がつかず、前回買ったお菓子福箱も見つからなかったため、中身は「食品類」となっています。

 なにやら妥協の妥協といったセレクトですが中身を見ていきます。

 なお、「大黒屋」チェーンの各店舗情報はこちら。
  →http://www.daikoku-cc.co.jp/tirashi/index.php
  ※質屋の「大黒屋」とは関係無いよ!
(東京~神奈川あたりしか無いみたい)

*2016年お菓子福箱■こちら。


 まずでかいです。
 カップヌードルプチッガイサイズ感が伝わるでしょうか。

 大黒屋地域密着型な感じで、スーパーというより昔ながらの「ディスカウントショップ」というのがしっくりくる感じです。
 というわけでちょっとくらい紙がはがれていたとしても気にしてはいけません。

 今回は食品です。
 できればお菓子が良かったんですが、初売り(1/4でした)の昼ごろに行ってみたところ残念ながらありませんでした。
 売り切れていたのか、あるいは奥にまだあったのか、そもそもお菓子福箱が今回無かったのか……。(聞いとけばよかった)

 せっかくなので重量を計ってみました。

(けっこう重い)

 1613グラムでした。
 外側のダンボール箱は350gくらいだったので、1.3キロ程度というところ。

 というわけで開封。

 …………あれっ

 ま、まあ単価が違うせいか、お菓子福箱ほどぎっしりしてはいないっていうかスカスカな 様子。

 ラーメンを取り出すとこんな感じ。
 この時点ではうおおおおって感じではなく、でもああ、これかってのが多くて反応に困る内容でした。

(審議中)


 全部集めたところ。

(鶏がらスープが無かったので取り直し……)
2017年の大黒屋「福箱」(食品類1000円)

 中身はこんな感じでした。
・エースコック:味わい麺工房鶏がらしょうゆラーメン
・エースコック:味わい麺工房香味みそラーメン
・大黒食品:AKAGI醤油ラーメン5食入
・永谷園:梅干し茶づけ6袋入x2セット
・永谷園:松茸の味 お吸いもの4袋入x3セット

・AGF:ブレンディスティックカフェオレ、10本入
・味の素:丸鶏がらスープ110g(顆粒)
・三島食品:のり弁の秘密20g
・リケン:トムヤムわかめスープ3袋入
・味の素:Cook Do おかずごはん:韓国風ビビンバ用

 個人的には、袋ラーメンがアカギだったため不覚にもが生えたりしつつ、だいたいどれも百円~二百円程度が十点ならまあまあかな?
 ……と思いきや、よく見たら永谷園のお茶漬け&お吸い物複数個のパックになっていました。

(!?)

 ってことは……これだけで500円くらいになる(はずな)ので、初見の印象に反して結構なお得セットだったようです。
 ちなみに賞味期限も約半年~一年程度だったので問題ありませんでした。

(やったぜ)


 で、これ以外にもよく見たらニヤッとできるアイテムばかりだったので、もう少し詳しく見ていきます。



 では個別の雑感です。
 まずこちらは……うーんちょっとよく分からないんですが、うまいけど高い系カップラーメンっぽいです。
 「もちっと生めん食感!」はともかく、大きい器の割にめん55gではちょっと物足りないかなあ。

(ただ、カップラーメンはいくらあっても困らない)

 こちらはアカギの袋ラーメン。
 これはもう、アwwwwカwwwwギwwwwwwwwという感じ。(良くも悪くも)

 というのも、コレすげー買ってるやつなんですよね。
 特別うまいわけではないものの、十分に日本の袋ラーメン水準の品質で安いところだと税込み200円未満で売っていたりするので↓画像のようにまったく同じやつ(未開封)&味噌(外の袋だけ)が残ってた程度にはリピートしています。
 いやうれしいっちゃうれしいんですが、福袋でアカギかよ! というのはとしか言いようがありません。

(なお、大黒屋での小売価格は「合格点」であった)


 次に、おなじみの永谷園の定番商品。
 1~2袋ならともかく、こうが多いとやったぜ感が違います。

 で、これも……4種詰め合わせのものを買ってありました。
 個人的には鮭より梅干派なのでありがたいところです。

 ちなみに自分はあんまり米は炊かないんですが、以前レンジで温める小容量ごはんが売られているのを見かけて、あっこれはお茶漬けのためにあるやつだと思って感動したものです。
 よくある180g~200gのごはんパックだと茶漬けにはちょっと多いんですが、こういうのだとピッタリで良いなと。
 最近では百均でも少なめで2分割されたごはんパックを見かけるので後片付けが面倒という方にはこういうのがオススメだったりします。

(ドヤ顔で正解を答えてきそうなパッケージ)


 そしてブレンディスティックわりとよく買うやつです。
 自分の印象だと、スティックコーヒーではブレンディが一番うまいかなと思います。
 ◆2014年の記事にも書きましたが、こういう粉末タイプのコーヒーは安く売っているのを見かけたら結構買っています。

ほろにがも良い)

 で、やはりと言うかスティックコーヒー買っていました。(ネスカフェだけど)
 「30本入で、このお値段」って書いてありますが、確かに安かったので買いました。
 スティックコーヒーはコスパも長所だったりするので、安売りされている時に大箱で買うのが基本です。

(30本300円くらいだと良い感じ)

 そんな感じで備蓄が若干追加されてご満悦の俺氏であったという……

(これもいくらあっても困らない)

 ただ、ブラックで飲みたい時用にドリップタイプも買ってあったりします。
 さらに外では缶コーヒーもよく飲んでいるので……さすがにちょっとはカフェインを控えたほうがいいかな? という気も。

(何事もほどほどに)


 丸鶏がらスープ。
 まあド定番のロングセラー商品ですね。

 家にあった似たものとしてはこんぶだし。
 これは袋ラーメンを作る時に野菜と一緒に入れるとン・マァ~イ! ということが分かってから大きめの袋で買っています。
 あとTKG(※たまごかけごはん)にもよく合うので、まるどりがらも同じ使い方で活用できそうです。

(これで白菜を煮込むだけで十分うまい)


 始めて見た「のり弁の秘密」。
 コンセプトとしては「のり弁」ののりの下に敷いてあるやつをふりかけにしたもの、だそうです。
 味はかつお&辛子明太子ってことで普通においしそう。

 これ、もちろんのり弁用がメインなんですが、普通にふりかけとしても使えるみたいです。(そりゃそうか)
 なんでものり弁モードではしっとりふりかけモードではサクサクした食感になるとか。
 まあ普通にかつお&明太子ふりかけだと思えば良さそうです。

 で、最近だとしそわかめとか、ちょっと変わったチャーシュー丼風とかいうふりかけも買っていたり。
 ええもう自分くらいになると(?)、単に米にフリかけるだけでは飽き足らず卵かけごはんとか納豆とかに混ぜて食べたりしますね。
  ※死ぬほどうまいよ!

 ちなみにこんな話を見かけたんですが、そう考えるとふりかけってのも世界的に(特にアジア以外で?)は意外と独特な文化なのかなあとかちょっと思いました。


 さて、若干お、おう……という気配が漂うトムヤムわかめスープ。
 なぜ永谷園でもないのにワカメちゃんとコラボしてしまったのか誰得な一品ですが、ピリ辛わかめスープ自体はよくあるので味は大丈夫でしょう。
 ただレモングラスにパクチー、隠し味のココナッツミルクとか書いてあってなかなか冒険したなという印象。

\わかめにまかせて!/

(いや任せた結果福箱にブチ込まれてるんですが)

 裏面にはトムヤム春雨スープにしてもおいしいよ! のアレンジメニューが。
 いやーそれだったら普通に春雨スープ買うかなあと。(袋入りのはたまに買う)
 まあとにかく、ごはんに添えるスープとしては普通にアリですかね。


 最後にクックドゥ:ビビンバの素。
 んー……さすがにこれはハズレ。

 説明を見ると、なんとにんじん、ニラ、牛肉の入ったビビンバが、ご飯以外にはたったのにんじん、ニラ、牛肉だけを用意すれば出来上が……いやこれただのタレじゃねーか!
 要するにちょっと風味を良くしたコチュジャンというのが正体だと思われますが、3~4人前(90g)という容量を見るとアレンジ的な使用法も限られてくるしどうしたものかといったところ。

(具材まで用意するような人ならタレも作れるだろ的な)



 以上、大黒屋の千円福箱@食品類でした。
 第一印象はアレでしたが、内容を一つ一つ見ていくと妙に自分の生活形態に合致していてなかなか良いものでした。

 たぶんコレお菓子福箱と大きさが同じだと思うんですが、そのせいでスカスカ感が出てしまったような気がします。
 これがもうちょっと小さめの箱か、あるいは普通に福袋として売られていたらまた印象も違っていたかもしれません。

 いずれにしても、具体的な中身はわりと良かったし、コーヒー、粉末だし、茶漬け&ふりかけといった向こう数ヶ月間お世話になりそうなものばかりだったのでこれなら来年も買ってもいいかなと思う内容でした。
 ただ、そもそも今回はお菓子福箱を狙っていたし、食品類福箱についても実は初売り直後に行ったのにかなりギリギリで買ったくらいなので、も買えるのかは正直まったく分かりません。

 まあそんなこんなもまた福袋の醍醐味としてに思いを馳せることとします。
 ではまた。

*2016年お菓子福箱■こちら。

 その他の福袋関連記事は■このあたり。


大黒摩季 Greatest Hits 1991-2016~ALL Singles+~ (STANDARD盤)

0 件のコメント:

コメントを投稿