過去記事更新

2014年10月14日火曜日

PS4の「初音ミク リミテッドシアター」を見てみたよ!!@PS+加入者向け


 PSプラス加入者向けに提供中の「マジカルミライ 2014」(大阪公演)のライブ映像を見てみました。
 視聴はPS4限定で、加入者でなくとも一部は見ることができます……といった詳細は◆以前の記事にて。
 なお配信期間2014年11月19日(水)23:59までとなっています。



 さっそくダウンロード。

 画像だと容量は5356MBとなっていますが、落とした後に「情報」を見てみると11GBになっていました。
 なお今現在はv1.01になっており、更新内容は「音質の改善」とのこと。

 まずセットリスト(収録曲)はこんな感じ。結構な量です。
・High-energy Particle
 →オープニング的な感じ。
・カゲロウデイズ
・二次元ドリームフィーバー
・心臓デモクラシー
・ありふれたせかいせいふく
・スキキライ
・からくりピエロ
・Weekender Girl
・FREELY TOMORROW
・深海少女
・ピアノ×フォルテ×スキャンダル
・erase or zero
・glow
・Hello, Worker
・アカツキアライヴァル
・ワンダーランドと羊の歌
・Tell Your World
・東京テディベア
・Last Night, Good Night(Re:Dialed)
・キャットフード
・EARTH DAY
・ゆめゆめ
・ODDS & ENDS
(以下アンコール)
・Sweet Devil
・shake it!
・39


 ざっと見てDIVA F初代&2ndに入っている曲が多いため妙な安心感がありました。
(そんなに詳しいわけでもないので)
 ミク以外では、スキキライ、ピアノ×フォルテ×スキャンダル、Hello, Worker、erase or zeroといったリン・レン・MEIKO・KAITO曲も一応入っていました(さすがに少ないけど)。
 「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」(MEIKOのAR曲)以外はいずれもF 2ndにも入っていた曲ですね。

 一応◆おおもじパックの雑感と簡易攻略を書く程度にはハマったので、「スキキライ」とキャラが違いすぎる「東京テディベア」(リン曲)や、当然フルバージョンの「ODDS & ENDS」(ゲーム版はやや短い)、そしてアンコールからの「Sweet Devil」(一番お気に入り)あたりが見れたのがうれしかったです。
 


 演出面について少し。
 映像としては思ったより「ゲームイベント」ではなく「ライブ」だったというか、あまり変な演出が無く生演奏+ボーカルという前提で進んでいく感じでした。
 個人的には、歌っている間に変☆身してコスチュームチェンジするとか(マジカルっていうくらいだし)、モーションキャプチャー+αで人間離れした映画アクションみたいなダンスとかあってもいいかなーと思いましたがそういうのじゃないみたい。
 ボーカロイドを一人の人間として扱うというスタンスならこれで正しいし、あんまり余計なことはしないほうがいい……かな?(でもそういうのも見てみたいような)

 ただ、こうした大画面のHD映像で見てしまうと、さすがにリップシンクは微妙かなあと思いました。
 たとえば「鼻が高い」という歌詞で、ほぼ口の形が「あ」で固定されているみたいなモノっぽい要素がまだ抜けきっていない印象を受けました。
  →実際に「あかさたな」と言う時、それぞれ口の動きかたが違う。
 さすがに身動きはダンサー、アクターのキャプチャーだろうから良い意味で生々しいんだけど、その分、細かいところが目につくようになってきたのかなと。
 言い出すと衣擦れ音とか足音って無いよねとかマイクを使う/使わないが曲によって不統一だよねとかギターにシールドが繋がってないよねとかいくら歌っても疲れないし汗もかかないよねとか、いやまあどうでもいいことなのかもしれませんが、こういうスキについても今後ブラッシュアップされるとより説得力が出てくるのかなと。


 操作について。
 PS3トルネあたりの操作と微妙に異なっていますね。

L2/R2:早送り、巻き戻し
 →複数回押すとx10、x30、x120に切り替え。
L1/R1:前後の曲にジャンプ
方向キーまたはスティックの左右:シーンサーチ
 →上下で1分~5分に範囲を切り替え。
□ボタン:曲一覧からのセレクト画面

 ……というヘルプがOPTIONSボタンを押すと出てきます(やや分かりづらい)。
 なお、起動するとすぐに撮影禁止区間に入るので、ライブ映像の録画/スクリーンショット保存はできません。
 一応「ギャラリー」というスライドショーみたいなところでは保存できますがこちらは空気モードな印象。

 個人的には、PSPあたりから動画操作と言えばシーンサーチは、早送りとかは左右だったのでちょっと違和感がありました。
 ただ、サイズ的にも落としきっているのかロードは皆無だし、各操作の反応も非常に素早いため動作感は非常に良好でした。
 特に、L1/R1で前後に移動できるのがなんかいいと思います。
 これを叩き台として、いずれ本格的な有料版なんかも出てくるかもしれませんね。


 で、今回のアプリで困ったのが音量調整が無いことでした。
 自分はふだんずっとイヤホン(DUALSHOCK4に直接接続)を使っていますが、このアプリはタイトル画面からすでに音が大きすぎでした。
 PS4側の設定を見ても音量調整の項目が見つからなかったので仕方なくそのまま再生しましたが、ちょっときつかったです。
  →アナログ音量ダイヤル付きのを買おうかなあ。

 まあせっかくコントローラからイヤホンで音を出せる作りになっているんだし、これはできればノーマライズみたいなことで本体側でいつか対応してほしいと思いました。

*追記:ヘッドホン音量は、上段メニュー>設定>周辺機器>オーディオ機器>音量コントロール(ヘッドホン)にて設定できました。
(サウンドとスクリーンではないのね)



 というわけで、ダヨーさんが出るなら有料でも観たいと思ったマジカルミライ@PS4でした。
 今回は以上です。



初音ミク マジカルミライ2013 限定版 [Blu-ray]

0 件のコメント:

コメントを投稿