過去記事更新

2013年8月3日土曜日

2013夏アニメ序盤の感想だよ!

 2013年の夏アニメ(主なもの)について簡単に感想をまとめておきます。
 それぞれ、良かったところだけでなく良くなかったところにも触れています。(やや追記)

◇<物語>シリーズ
 相変わらずハイセンスな構図と高速で切り替わっていくカットがすごい。
 描き込まれたカットを半秒以下でガンガン使い捨てるあたりも覇権たる何かを感じる。

◇良かったところ
・オープニング作りこみすぎ(これも通しでなく途中で切り替わるのかな)
・話がわりとドロドロ(こういうの嫌いじゃない)
・ルンバがぶつかるところの切なさ
ひたぎが本気で怒った
◇良くなかったところ
・会話主体なシーンが多く、話が進んでるようで進んでない(という平常運転)

◇げんしけん二代目
 アニメ化されたってだけで十分なんだけど、良くも悪くも初代アニメと近い印象。
 今のところ作画はガッチガチでまったく乱れないし動きも自然だと思う。

◇良かったところ
・特に大野さんがだいぶ印象変わったけど、キャスト変更で特に違和感とかは無し
ここだけは手を抜かないでほしいと思っていた背負投げが完璧だったところ
・常時メタ発言な次回予告の平常運転ぶり
・スーの「ラララメサン」やアニメネタ練習シーンなんかがほとんどそのままなあたり
まさかのカブキロックス
・アーッ! ベノミクス(大丈夫なのかあれ)
・単行本の4コマネタも自然に使われているところ
◇良くなかったところ
・オギ、ヤブの方言がやや嘘っぽい(回を追うごとにそうでもない気もしてきた?)
 →英語はネイティブには聞こえないけどなんとなくそれっぽい。
・やっぱりボイストレーニングっていう設定だからハトは一人でやってほしかったなあ
・仕方ないことだけど原作(特に二代目より前)を見てない人はキャラ多すぎて分からないだろうなあ

◇サーバントxサービス
 そう言えばWORKING!もファミレスで働く話だったけど、こちらは公務員として働く話。
 そのせいか、「ちっちゃくないよ!!」みたいなのと比較するとテンションが低い印象。

◇良かったところ
・主人公がたいへんあざとい(嫌いじゃない)
・さすがにテンポや演出が丁寧に作られている印象
 →妹が白目で振り向くとことか。
◇良くなかったところ
・主人公がたいへんあざとい(ああいうの嫌いな人は嫌いかも)
・ぽぷら/山田みたいな突き抜けたキャラが居なくて全体的におとなしい

◇わたモテ
 史上まれに見るハードコアぼっちな展開が胸を打つ。
  →C3部(初回だけ見た)とか、これに比べるとカジュアルぼっちとしか言えない。
 なおニコニコの公式動画では「ハートフルボッコアニメ」「汚いこなた」といったタグが付けられていた。

◇良かったところ
・無駄にパンクなオープニング、すでに二種類ある(そしてどっちも良い感じな)エンディング
・圧倒的なビッチ認定スピード
・数年ぶりに自分の顔を鏡でじっと見たせいでゲシュタルト崩壊して吐きそうになるところ
・「あ……う……(さよなら)」→「やった! ついにものすごく自然に人と会話できた!」
・家族や学校でイジメとかはまったく無いところ(これやっちゃうと話が変わっちゃうし)
  →ここで迫害を受けていた過去とかエグい話が出てくるのがげんしけん
・デスノート的なアレ
◇良くなったところ(実質なし)
・人によっては何が面白いのかまったく理解できないかもしれないところ
・人によっては見たら死にたくなるかもしれないところ

◇ダンガンロンパ(切った)
 今季で一番思ってたのと違った作品で、デスノートを期待してたらコナンどころか超頭脳シルバーウルフだったみたいな。
 なんとなくアニメ版ペルソナに近い印象で、そもそも原作が性に合わないとアニメも合わないみたい。
  →ここはひとつ逆転裁判(未プレイ)あたりもアニメ化してほしいような。
 ただすごく原作に忠実に作られているらしく、ファンからすれば素晴らしいクオリティ……なのかな?

◇良かったところ
・大山のぶ代ほかキャストがすごい
・モノクマがスムーズに動く
・裁判とかのCGが凝っている印象
◇良くなったところ
・オープニング含め、止め絵が多い気がする(モノクマ以外は動きが硬いような)
・「それができるのは超高校級の~~である君だけだ!」みたいなトリックやっちゃうところ
一人称に「我」を使うことの強烈な違和感
 →普通に「私」か「俺」、でなければ「わし」「余」だよなあ。
 →せめて「我の物」くらいは「我が物」と言ってほしかった。
・エンディングが……



 といった感じで、GLEE(海外ドラマね)、孤独のグルメ(実写)なんかを追加しつつも結構HDD録画の容量がなんとかなっています。
 次期アニメについては、グレンラガンチームの新作「キルラキル」ガンプラビルダーズ大復活の「ガンダムビルドファイターズあたりが期待大。

 ではまた。
 

サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)

0 件のコメント:

コメントを投稿