過去記事更新

2013年8月18日日曜日

感想:アフタヌーン@2013年9月号


 やっぱりだいぶ遅れましたが感想とか。
アッルッコーール アッルッコーール
朝っからーー げーーーんきーー
 (ギリギリOK!!)

主なできごと
江古田ちゃん連載100回
 →四季大賞に推薦した選考員でもあるかわぐちかいじ氏ほかの寄稿。
・表紙:謎の彼女X(ハサミでスイカ割り)
 →作者は依頼通り水着イラストを描いたが「最近はレインコートに長靴のほうがグッときます」とのこと。
・12ヶ月連続イラスト企画「風姿十二花」(ふうしじゅうにか)開始
 →初回は「7月・蓮」。金魚柄の着物少女。

なお■いろいろ買ってきた的なのはこちらで。


◇新連載:スパイの家 →◆第一話試し読み(モアイ公式)
 マージナルがやればできるニート系クズで、こちらはジェントル系ビジネスクズという感じ。
  ※嫌いじゃないよ!
 内容は難しい感じで、まだ一話なのでとりあえず作画について。

 屋内のちょっとした小物だとかの点数が多いというか、密度が高め。
 ところどころトーンの貼りがCGっぽいと感じるのは、もはや自分の感覚が古いのかなあ。
 そういう視点で見ると、◆以前の号「完全デジタル移行した」というおお振りなんかは空/植物/人物とかどれも違和感が無いよなあと思ったり。
 あと人物は一見すごい表情が豊かなのにどこか硬い気がする(なんでだろ)。
  →次のページが思春期だからなおさら……。

 ついでに現ヒロインがガチなほうのビッチだったマージナル・オペレーションについて。
 画風の硬さについてはこちらも同じような印象だったけど「これ以上は値引きできないね」あたりからだんだん好きになってきました。
 見た目だとメインの主人公達(黒目すぎる)よりモブのほうが圧倒的にかっこよかったりしますが、理論派ゲーマーが無双しちゃうくだりなんかいいですね。
 で、こういうテロや戦争を民間から俯瞰して見る漫画が投入されてくるのって現行の政治状況の影響なんですかね?(考えすぎ?)

◇百舌谷さん完結する
 ツンデレがテーマで10巻も続くとは誰も思わなかったんじゃないでしょうか。
 自分は途中から読み始めたのもあってほとんど話についていけませんでした。
 まあ余計な話を差し込まない続き物だったなと。

 神様がうそをつく。も短期連載で完結。
 小学校のお嬢様キャラを冷たくあしらったので陰湿なイジメに移行するかと思ったらそういうのは無かったです(ていうかまったく話に絡まなかった)。
 弟がたまに意味深な表情をしてたのでああこれは何人か殺すなと思ったらそういうのも無かったです。
 短期連載なのでさらっと終わってしまった感じ。

◇なんかカラーページが多い
・スパイの家(主人公の3カットが全部同じ角度……)
・タナトスの使者(もみじがきれい)
・こたつやみかん(驚異の淡色ぶり)
 このあたりは単行本に合わせて、新刊の頭にカラー掲載のパターンでしょうか。
 一応げんしけんを見てみたら、10巻、12巻なんかは普通に巻の途中でカラーが入ってますがいろいろ例外かなあ。

 で、次号ではさわれぬ神にたたりなし「次回カラーで本格連載化」だとか。
 たぶん芸能すまいる日和、ミズサキマキあたりも含めて短期集中連載かなと思ったんですが、「本格連載」ってなんなんだろ。

四季大賞「縁の下の3.14(ぱい)」が全編掲載
 絶賛されるほど面白いとは思いませんでした。
  →扉絵にも「高橋ツトム氏なぜか大絶賛!!」「感動した(笑)!!」のアオリが。
 ただ、選評を見ると「応募作1作の完成度より、伸びしろを感じる作品を推したい」とあり、そういう目で見るとまあそうかもという感じ。
 少なくとも雑ではないというか、熱狂するモブの描き込みとか、格闘技の姿勢とかを見ると異様に上手いように見えました(ついでに冒頭の盛り上げとかも)。
 じゃあすぐに何か連載してほしいかというと「う、うーん」ですが、今後プロのサポートが入ってどう化けるかというのは何かの機会に見てみたいとは思います。
  →そして「伸びしろ」が基準で38歳の新人を選ぶ高橋氏もさすが。



次号いろいろ
天地明察(と、一応シャドウスキル):休載
ヒストリエ:表紙で連載再開(っていうか中断だったの?)
零崎双識:読み切り掲載(なんか展開あるかな)

 そして新連載はトニーたけざき氏の短期集中連載でど、どういうことなの……としか。
  ※何やらかすか分からないよ!
 なんか四季賞以外でも短期集中連載がちょくちょく出てきましたが、これって好評ならそのまま続行ってパターンもあるんですかね?
(ビックネームだと難しいだろうけど)


 ちなみにヴィンランド・サガがソニーReader Storeで全巻半額になっていてちょっと迷ってます。
 あと8/20はジョジョ(カラーもかなあ)。
 http://ebookstore.sony.jp/stc/special/etc/bookfesta2013summer/

 ではまた。

 10月号■こちらから。
 これまでの分はこちら。 →■「アフタヌーン」ラベル

臨死!! 江古田ちゃん DVD-BOX (3枚組) 鳥居みゆき

0 件のコメント:

コメントを投稿