過去記事更新

2016年3月26日土曜日

PS4版&Vita版初音ミク「DIVA X」体験版やってみたよ!


Vita体験版:初音ミク Project DIVA X

 初音ミク Project DIVA X(Vita版)の発売と同時に体験版(Vita専用)が配信されていたのでダウンロードしてみました。
 なお自分は今のところPS4版を買うつもりです(未定)。

 軽く遊んでみてわりといい感じだった感想と、ここ最近の新情報とかも少し。

PS4版「DIVA X HD」体験版について追記しました)


*(追記)PS4版「DIVA X HD」■買ってきました。



 とりあえず「DIVA X」収録曲紹介動画はこちら(公式かと思ったら違ったみたい)。
 ざっと見た感じ、最後のほうのツギハギスタッカートCalc.がかなり好みでした。




 体験版のサイズは248MB。

 なお製品版(のDL版)2528MB。
 一応DL版でも2016年3月31日までなら初回特典のCAコスチュームが付くとか。
  →https://store.playstation.com/#!/ja-jp/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/%e5%88%9d%e9%9f%b3%e3%83%9f%e3%82%af-project-diva-x/cid=JP0177-PCSG00683_00-PJDX393MAJITENSI
(ページのアドレスがミクさんマジ天使になってるなあ)

 起動前のアプリ画面はこんな感じ。
Vita体験版:初音ミク Project DIVA X

 なお、以前の◆DIVA F 2nd体験版の時と同様で体験版ではゲーム中のスクリーンショットは保存不可だったので画像はここまで。



 体験版で遊べるモードは「エリアクエスト」「イベントクエスト」です。
 エリアクエストはほぼ前作までと同じようなプレイ感で、曲ごとに特定条件を付けてクリアしていくみたい。

 そしてイベントクエストは(体験版でできたのは)ライブ風の3曲連続プレイで、やってみるとかなりいい感じでした。
 DIVAシリーズって音ゲーとしては一曲が長めなのが難点かと思っていますが、こちらは三連続ながら各曲が短めのアレンジでロードも無く繋がるためテンポが良かったです。
  ※セガの本気ってやつだよ!

*(追記)軽く体験版の仕様とか。
・収録曲:Strangers、愛の詩、LOL - lots of laugh-(すべてミク曲)
・難易度:EASY~NORMALのみ
・ボタン音:ボタン、長押し、同時押し、フリップ(スクラッチ)にそれぞれ設定可能
・獲得できるモジュール(例):ピエレッタ、蝶、初音ミク V3、ナナイロライン……その他たくさんあるみたい

 チャンスタイム中に一定のCOOLを出し、最後に大きいを取るとランダムでモジュール入手。
 曲ごとの属性(キュート等)によって出現モジュール系統が違う(らしい)。
 イベントクエストでは最後の三曲目のみチャンスタイム発生。

・オプションメニューはメイン画面(MAIN ←→ SUBってとこ)で横
・各種スクラッチ操作やタイミング調整を設定可能
・オプション内にリズムゲームチュートリアルもあるのでよく分からなければここで
・セーブ無し(ゲームを終了したら始めから)
・スクリーンショット不可

(追記)PS4版「DIVA X HD」(→◆公式)についても体験版が配信されていたので落としてみました。
 PSストア(PS4用)にて。
 ゲーム > 体験版あたりにあると思います。

 容量は560MBくらい。
 最近のものでは初音ミクFuture ToneKOF14(やってみると意外と良い)の体験版も落としてあります。


 仕様的には収録曲Satisfaction、ラズベリー*モンスター、LOL - lots of laugh-になっていることくらいで、基本的にはVita版と同様でした。

 これより先にFuture Toneの体験版をやっていたので、正直映像面はFTにはちょっと劣るかな……と感じましたが、選んだモジュール(コスチューム)ごとにかなり質感が違っているのでいろいろ試したい&スクショ撮りたいところです。
 ちなみにFTだと長押し、同時押しに全然対応できなかったので、まだ今のところは慣れ親しんだ操作で遊びたいかなと思いました。
(思った以上に別ゲーだった……)

 なお、PS4版の発売から1ヶ月間限定(~2016年9月25日まで)モジュール:CA スタイルA&39、雪ミク2010~2015無料配信があるので欲しい人は覚えておきましょう。
  →http://miku.sega.jp/x/dlc.html

 ちなみに↑ここの下のほうにショートカットでモジュールを開放するDLCの記載もありますが、軽く体験版をやった限りでは無課金で十分コンプ可能なのであればガチャ要素も悪く無いなと感じました。
(ガチャっつーか単にランダムドロップ・アイテムか)
 



 ついでに、Vita版 vs PS4版の比較映像があったので貼っておきます。

(分かりやすいような、分かりにくいような……)


 リズムゲームの印象としては、真摯に反省したということなのか元通りのプレイ感になっていました。
 新要素は特定ノートで連打する「ラッシュノーツ」くらいで、F 2ndから出てきた特殊スクラッチ系は無かったことリスト行きとなりました。
 まあダブルスクラッチはまだしも、リンクスクラッチ覚えゲーっぽい感じでイマイチではありました。
 やはりスクラッチの存在感はこのくらい(初代くらい)がちょうどいい気がします。

 実質的に2作目の新要素が軒並み排除されたことになりますが、そう言えばダークソウル3でも同じような現象が起きているとか。
 まあ好意的に見ればユーザーの声に対応した危機管理ができているってことでしょうか。

 ところで、個人的には過去作のDIVAルーム関連は茶番すぎてトロフィー目的でない限りまったくやる気が起きませんでした。
(ぶっちゃけていくスタイル)
 このあたりも本作では「ショップ」が廃止され、モジュールやプレゼントアイテムがリズムゲームによるランダムドロップとなっているのがなかなか好印象です。
  →モジュールはチャンスタイム成功時やライブクエストのクリアで出てくるみたい。
 最終的には何度も繰り返すような作業になるのかもしれませんが、やはりプレゼントを送りつけては画面をコスって放置の繰り返しに比べればリズムゲームそのものでアイテム獲得なんてストレスは皆無に近いですからね。
(F2ndでは購入から数ヶ月フリープレイしかやらなかった勢の意見)
 

 システム的には、モジュールやアクセサリごとに属性「~が~%アップする」といった要素があって、このへんはモジュール要素とヘルプアイテムを統合した感じですかね。
 ゲージは「ボルテージゲージ」に一新されており、その関係でプレイ中にゲームオーバーになることが無いというのも大きな変更点です。
 説明を見ると特定の光るノートで~とか特定のアクセサリで有利に~とか書いてありますがようするにミスしなきゃいいんだよってことなのであまり複雑ではなさそう。



 そんなわけで、DIVA X全体的に好みの方向に進化しているように感じました。
 まあしかしVitaでも三作目だし、ただでさえ天使のミクさんがPS3を見限ったことも見逃せないのでここはPS4版に期待して待っておこうかと思います。
  →(追記)■買ってきました。

 で、こちらは発売日に更新された公式ブログの記事。
◇『初音ミク -Project DIVA- X』PS4®版の新着情報をお届け
http://info.miku.sega.jp/8882

 数は少ないものの、◆セガ公式の曲紹介とかでも高解像度のPS4版ゲーム画像がいくつか公開されています。
 これがフルHDの60fpsで動くってことなので早く動画が見たいところです。


 そして同時にPS4版「Future Tone」の新情報も公開されていました。
◇『初音ミク Project DIVA Future Tone』(PS4)の新情報が明らかに!
http://info.miku.sega.jp/8936

・もちろんフルHD(1080p)60fps
・2パックで販売
・初代DIVA~Fから選曲した「Future Sound」
・miraiとArcadeからの「Colorful Tone」
それぞれ約100曲、合わせて220曲以上
・両方買えば、それぞれの固有モジュールをもう一方でも使用できる
・わりとお買い得価格らしい

 んーーーーいやもうリズムゲーム部分のみを凝縮したようなタイトルなのでもうこっちでいいんじゃねーのかって気もしているんですよね(PS4持ちとしては)。
 こちらは価格よりも発売時期とか収録曲とか、あとアップデート(曲追加)はあるのか、課金要素はあるのかといったあたりが気になるところです。

 あと、同時押しや長押しなどゲームシステムがだいぶ違うということもあるので、そのあたりも続報が楽しみなところです。
(なんかPS4版の3つ全部買っちゃいそうな予感)

 ではまた。

*初音ミク関連の過去記事は■こちらから。


ねんどろいど キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク 桜ミクダヨー

0 件のコメント:

コメントを投稿