過去記事更新

2016年4月1日金曜日

漫画レビュー:君に届け(リマスター版)、シックスハーフ

漫画レビュー:椎名軽穂「君に届け リマスター版」
2016年4月6日までの限定公開)

 2016年4月の期間限定無料マンガより、見た目で誤解される系ラブコメ椎名軽穂「君に届け リマスター版」(1~3巻)の感想です。

 ◇追記:池谷理香子「シックスハーフ」を追加。

*■前のレビュー(ラブ★コン、深夜食堂) ■次のレビュー(昴、テンプリズム)

君に届け(リマスター版)

◇ラーメンリベンジしてくる ちづちゃん にはかなわねーな!!
 心はピュアホワイト(天使)ながら日本人形的なオカルト感あふれる外見で周囲に避けられていく貞子(※あだ名)の話。
 名前から何から「身体は爽やかでできている」な風早くんやら、うわさ話とかガン無視していくスタイルの友達に支えられて(( じーん ))とする漫画です。
 登場人物では、器の大きさがただごとではなさそうな矢野&吉田が良い味を出しています。
 ヒロインが常時キョドったりオロオロしたりする子なので、このコンビが出てきた時の安心感ったらないですね。

 自分はリーダーストアで◆無料本を読み漁っているうちに少女マンガを読み始めたクチですが、この設定はたまに見かけるやつだぞ知ってるぞどこかの時点で友達に髪をいじられてメイクもされて別人みたいに可愛くなるパターンだろう「ひるなかの流星」とかで見たぞ。
 とか思って読んでいたら、ニタア……と笑って周囲をざわつかせるヒロインが、初めての友達に(( じーん ))と感動してついに心からニコッと笑って再び周囲がざわつく(あれっ?)という感じでした。
 もうラーメン屋でグチを聞かされるだけで(( じーん ))と感動する超低姿勢ヒロインの姿には(俺の)汚れた心を癒やす効果があるようです。


 ただまあこれで全10巻くらいだったら完璧っぽかったんですが、現在すでに25巻も出ていると聞いてNANA的な気配も感じたり。
 とりあえず、無料分の3巻ラストでここ一番の積極性を出してあまりむず痒くならない感じだったのが(( じーん ))と来ました。

 あと本書は「リマスター版」で、「雑誌掲載時のカラー原画をできる限り再現した特別編集版」とのこと。
 3巻10話のメイクばっちり的なカラー扉とかかなりいい感じでした。
 集英社お得意の「フルカラー版」もいいのですが、値段据え置きで印刷の都合を考えずにカラーページがガンガン入ってくる「リマスター版」電子版の良いところが出ていると思います。


君に届け(マーガレットコミックスDIGITAL)

Six Half

◇少女マンガの見方を変えた「生々しく痛い」物語

漫画レビュー:池谷理香子「シックスハーフ」
2016年4月14日までの限定公開)

 自分の少女マンガへの偏見を完全に取り去っていったのがこの「シックスハーフ」です。
 現在も連載中の作家さんなので、新刊等の機会にたびたび無料配信で見かけます。
 そういう関係で、この時も最新作「ハコイリのムスメ」の冒頭1話が特別収録されていました。
 
 本作は設定的にラブコメどころではないので、序盤だと恋愛要素は(もちろんありますが)かなり薄めです。
 本作が尖っている点として、心理描写がなかなか胸をえぐってくるのである意味おすすめできませんが自分は非常に気に入りました。
 貧乏性もあってちょっとでも気になった◆無料本は片っぱしから(数百冊とか)読んできましたが、今のところこれが一番衝撃を受けた作品です。
(とか言って、未だに続きは読んでないんですけどね……)


 物語は、事故で記憶を失った主人公が目覚めるところから始まります。
 以前の自分と仲が良かった面々は全力で優しくしてくれるのですが、まず妹の「まーちゃん」からの全否定ぶりが あ ま り に も ガ チ です。

 笑顔で接すればきっと気持ちが伝わる、なんてことはまったく無く「視界にも入れたくない」レベルでの嫌われ具合が辛辣でした。
 その「まーちゃん」もある人の前では弾けんばかりの笑顔ではしゃいだりするのに、家の中ではやはり完全無視状態なのがなんかもうキッツいです。
 そして主人公にもどうにも許せない相手が居て、口には出さず心の中で口汚く罵倒してしまうシーンも強烈に「痛い」です。

 ちなみに本作(の無料配信分)で最も印象に残ったセリフは、断トツで「ハートうぜぇ」です。
 なんでそれだよ、と思うかもしれませんが、きれいごとをやめて牙をむいてきた女子が「かわいい感じ」でキレてくる得体のしれない気持ち悪さの表現はちょっとしたカルチャーショックですらありました。
 
 こんな感じのガチすぎる心理描写は人を選ぶかもしれませんが、少なくとも自分には豪速球でキャッチャー貫通レベルの鬼ストライクでした。
 蛇足ですが、全11巻という絶妙なところで完結している点もまた好印象だったりします(個人的に大事)。


シックス ハーフ(りぼんマスコットコミックスDIGITAL)


 以上です。ではまた。

*■前のレビュー(ラブ★コン、深夜食堂) ■次のレビュー(昴、テンプリズム)

 マンガレビューの過去記事は■「漫画レビュー」ラベル」にて。


S.H.フィギュアーツ 山村貞子

0 件のコメント:

コメントを投稿