過去記事更新

2016年8月25日木曜日

アフタヌーン2016年10月号:安心して部室に帰ってきてください@げんしけん二代目完結

月刊アフタヌーン 2016年10月号買ってきたよ!
(たまたま予備のカメラを使ったらなんかいい感じに撮れた)

 月刊アフタヌーン2016年10月号を買ってきました。※電子版だよ!
 横のは◆ガンプラEXPOで買ってきた黒い三連プチッガイ(闇堕ち状態)と、期間限定のきのこの山(栗しょこら)、たけのこの里(きなこしょこら)です。

・表紙/新連載:遠藤浩輝「ソフトメタルヴァンパイア」
 → 第一話◆無料公開中(モアイ公式)
・四季賞2016夏・高橋ツトム特別賞:桃井ゆづき「青々」32P
・特別付録:げんしけん完結記念小冊子、20P
 →内容は現連載陣からのイラスト&メッセージ。

・完結:げんしけん二代目、葬送のリミット
・休載:なし(!)
 →隔号連載はディザインズ:なし、ヒストリエ:あり。
・29作品、868ページ+小冊子分20ページ
(備考)
ヒストリエは単行本作業のため少なくとも次回休載
おお振りは作者出産のため2017年7月号あたりまで長期休載
・次号予定:ヴィンランド・サガは休載、零崎軋識と天の血脈が完結

 まずげんしけん二代目完結。
 最後は恒例(?)の追い出し&引き継ぎという優しい世界でした。

 新連載「ソフトメタルヴァンパイア」初回84Pというボリュームよりオリビア・ニュートン・ジョンのテンションの高さに注目です。
(まあ本誌で読んでる勢の特権というか)

*■前号はこちら。(2016年9月号) ■次号(2016年11月号)



 感想です。

 
 飛行機? いや…
 

・げんしけん/完:泥棒とバトルしても叩かれてきたクッチーにとって史上初のやさしい世界ズビ泣きであった
*さんざんコスられたラメはあえて出さないスタイル
一年勢だけ需要が線画レベルなのが@朽木ハーレム構想
*人数多い回だとズパッ☆(ヘルシングね)みたいなネタラッシュでやっぱすげえよスーは
 → P29(28/888)でオギの背中つかんでるのがなんかよかった。
三代目は静かなるドン並に静かにかつ熱烈に待とうじゃないか
  ※いつまでも待ってるよ!(お疲れ様でした)
・波よ聞いてくれ/22:全然関係ないんだけど、昔ケイン&リンチってゲームで敵をヘッドショットで倒すと頭部にモザイクがかかるってのを思い出した
(日本版では表現規制されてたっけなあ)
・宝石の国/47:重ちーみたいな移動やめろ化け物(※主人公)
*パイセンはじめまして!(……あっ)

・マージナル/39:ジニのプチ顔芸(?)がなんかちょっとよかった
*元僧職系男子の立ちスナイプかっけぇ
*元ニートのポッケにゃ大きすぎんぜ……@力がある
・やおよろず/5:だんっ(これ絶対、)
*(なんとなくこれの掲載順前後にアンダー3が来たら面白そうだなあとかべつに思ってないっすよ)


◇ソフトメタル/新:ド安定の◆モブ厳である(そうそう、こういうのでいいんだよ)
*デジタルだけどそこはかとなく温かみがある独特の絵柄がいい感じ(重厚な年季の違いを感じる)
◆コズワースかな?@納血ポッド
今回の見所/1:ヒザを内側にひねって頭部を蹴り下ろすブラジリアンキックのような軌道の「変態が!!」 @p18(184)
*「~です。」→「いえ、~よ!」って言い直さなければ(つづく)は必要無かったというのに!@近況
(いや、むしろ(つづく)がたった1つで済んだことを驚くべきか)
 *
*部屋にクマさん&ヘッドギア&グローブ&ミットを置いてる系女子
*「ちこくちこく~っ」の処理がハードコアすぎる駄目だこいつ早くなんとかしないと系男子(ご立派ァ!)
今回の見所/2:軽く屈んで腰/肩/首の重心移動で急加速するアッパーからの「ド淫獣があっ」@p30(196)
  → 拳でなく掌底なあたりがまた素晴らしい。
*「”おはよー”だって」「(ヤリマン)」みたいなじわじわくる丁寧な描写からの公的ポッドに無警告でロックオンされる絶望感すげーいい
(自分はこういう静かな無慈悲感をアフタヌーンに求めているのかもしれない)
 *
*そんなわけで今のところ状況をいちいち説明しない感じ(わりと重要)もくさい元素使い設定も微妙にウソくさい関西弁も「壁を走れる」(ここ好き)みたいなこまけえこたぁいいんだよ感も、オチのしょうもないセリフでなぜか世界観が引き締まるあたりとかいろいろ加味した結果たいへん満足しております

・ヒストリエ/97:とぼけるな! わーーっ!(えぇ……)(ドン引き)
・ライフ2/3:なぜかベレッタ持ってる(あり得なくはない?)くらいはともかく、DE(ジャンル:猟銃)とか携行してるマジキチポリスであった
*ルオトってなんで主人公の専属かまってちゃんになったんだっけ(逆恨み?)
 
◇球場三食/3(ズムスタ):富士山じゃないほうを見つめる視線ピュアすぎるだろ
*はるか昔のAAを思い出した:(・∀・)スンスンスーン♪ ( ゚д゚)ハッ!
*注:「球場内で三食」のルールは遠征時は例外なのでセーフ@説明文
*プロレスに対する熱情もある、と……ふーん◆どこかにもし◆プロレス好きの人が居たら相乗効果になりそうなのになァ!(威圧)
*マルスの明るさとネプチューンの青さ(8A)
 *
キクチのスピード感パねぇ
だしたこ焼き……なるほど……(家たこ焼きの参考にしよう)
*制服デッキから広島弁+コアな会話+ユニ羽織りとかいう凶悪コンボ(手に負えない)
*「そう遠いことではないだろう」→本当にリーグ優勝したなあ(25年ぶりだそうな)

・おお振り/133:2回表終了 → 続きは半年~1年後になるけどたのむぜキャプテン!
・フラジャイル/28:窪田(整い揃いうまく回る程度の能力)
*「指揮がなくても、演奏は続く」のとこの微妙な目配せがなんかすげーいい
*「あれをわざわざ?」 → 期待の病理医「えっ」
・月に吠えらんねえ/32:なんかキャラクター人気投票やってるみたいだけど◆たぶん25話あたりに出てた「鬼」一択だな
(なんか半笑いみたいな感じで一斉ににじり寄ってくる子供が泣きそうなアレ)
・人間ノック/23:なぜかヘリ → 「ほい」 → いやいや…… → 「面白い」じゃねえか → きひっ
(なんかこうロジックを超越したストロングスタイルのハッピーエンドを見た)
*ところで、◆戯言シリーズのOVA化で、哀川潤の声が甲斐田裕子さん起用だそうな(個人的にはマリーダさん&新生ララ・クロフトでおなじみ)

◇四季賞2016夏特別賞「青々」:いろんな人にとってある意味すげーー見たくないものを真っ向から描いた感
着信無視とかおむつから逃げて草とか、なんかこう生命とか世界の危機に直結しねーんだけどなんかなーっていう日常のうすい闇がなんとも
「頼むから静かにしてくれ」@p18(705)あたりの数コマがなんか気に入った
*カピバラは当たりだろいい加減にしろ(ハズレの様子である)
波戸ロスに苦しんでいる方は、うっかり「ぢごぷり」(一応、育児もの)とか読むと死にたくなりかねないので「Spotted Flower」あたりにしておきましょう

◇BLACK-BOX/15:つよい(確信)@コイツはいける
ハラキリAV>>逃げんなよおっさん<< → 「やるか毛むくじゃら」(あーもうめちゃくちゃだよ!)
*個人的に、こんなにワクワクした記者会見NANAの婚約以来ですかね
*どんなに危険でも、直感だけで迷わず「お前らが口出すな」くらい言っちゃうあたり小柳もまたクレイジーである
*あんだけ呑んだくれてたおっさんが口笛吹きながら断酒するあたりがただごとではない
*今回44ページとは言え展開くっそはええ(凌駕の闇→本格トレ開始→親父の葛藤→計量→大荒れの会見があって、次回もう試合開始)@さすが高橋ニキである

・少女回路/12:なんで一回ターンしたし@ミュージカル登校
*うちわ(エンジョイ勢) → 風鈴(意識高い系) → バババババ(わかってない)@風流マン(放課後)
・コトノバ/30:(ゲリラ豪雨にはかなわなかったよ……)
・葬送のリミット/完:エピローグというか、プロローグというか……
・アンダー3/26:人魚(トラップ) → ばりーーの絶望感
*人間になれる(※細部が異なる場合あり)



(備考)
 恒例のアフタヌーン大収穫祭'2016が開催中で、電子版のバックナンバーについてはすべて99円となっています。
 もちろんgood!のほうも同様で99円でした。

 記載によると、開催期間は2016年9月9日(金)~2016年10月13日(木)とのこと。
アフタヌーン秋の大収穫祭2016:バックナンバー99円

◇アフタヌーン大収穫祭2016
 http://ebookstore.sony.jp/collection/R000002715/(終了)

 もしくは◆アフタヌーン関連/100円以下の検索結果あたりで。
  ※リーダーストア以外でもやってるよ!

 正直、毎回この時期になるともう発売日に買わずにココでまとめ買いしたほうがいいかなあという考えがよぎって複雑なところですね。
(一つ前の号がもう99円って、なあ……)

 ともかく、ディザインズの前身である読み切り「ウムヴェルト」が掲載された◆2014年6月号等、ピンポイントで気になるところだけでも買っておくとした気になれるかもしれません。
 まあ過去分全部買っても三千円ちょっとだし、ちょくちょく開催される「~円以上で~%ポイントバック」みたいなキャンペーンを待つのもアリかなと。



 以上、表紙のクソごっつい銃で◆シドニア完結のハードSFロスを(ディザインズと一緒に)埋めてくれそうな吸血鬼が頼もく感じるものの、げんしけんの完結によるオタロス(オタク要素不足)はどこかで回収できるのかなあと不安になりつつ、そういう意味では球場三食とアンダー3のコア感は大切かなあとわりと本気で思った2016年10月号でした。
 ではまた。

*■前号はこちら。(2016年9月号) ■次号(2016年11月号)

 過去ログはこちら。 →■「アフタヌーン」ラベル



オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション

◆アフタヌーン 2016年10月号 [2016年8月25日発売](リーダーストア)
 *
アフタヌーン 2016年 10 月号 [雑誌](Amazon/Kindle)

0 件のコメント:

コメントを投稿