過去記事更新

2015年4月30日木曜日

「モバイルフレンドリー」だとGoogle検索で優遇されるらしいよ!!


(スマホで撮ったスクリーンショット)

 アドセンスの管理ページを開いたところ、以下のお知らせが表示されていました(2015年4月現在)
Google 検索でランキングを決める要素の 1 つに、
サイトがモバイル向けかどうかを示すモバイル フレンドリーの要素が含まれるようになりました。

 つまり、サイトの造りがモバイル環境(要するにスマホ環境)に適していると検索結果の表示順で有利になる(!!)ということです。
 先に言っておくと、これが影響するのは「モバイル環境での検索結果」であり、PCで検索した場合には影響が無いとのこと(いまのところ)
 ……とは言っても、モバイル環境のPVが増えればその恩恵がPC環境にも波及するであろうことは容易に想像できます。

 これって相当重要なことっぽい気がしたので、ヘルプページにあったモバイル適応度のテストツールなんかを軽く確認してみました。



 上記のお知らせからリンクされていたのが以下のページ。
AdSense ヘルプフォーラム:マルチスクリーン対応ガイドライン
https://support.google.com/adsense/answer/6196932?hl=ja


 序文はこんな感じ。
2015 年 4 月 21 日より、Google の検索結果のランキングを決める要素の 1 つとして、モバイルへの対応度が追加されます。
この変更は世界中のすべての言語のモバイル検索に適用され、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。
つまり、ユーザーの使っている端末に適したウェブページやアプリが、従来よりも検索結果の上位に表示されるようになります。
次のよくある質問をお読みになり、お客様のサイトがこの変更に対応できているかどうかご確認ください。


>検索結果に大きな変化をもたらします。

 なにかしらのサイト管理者であれば、この一文はなかなかビクッとするものがあるのではないでしょうか(ニヤニヤ)

 ちなみに当サイト「※ガチでいくよ!@B」では◆モバイル版ページを実装しています。
 と言ってもBloggerの基本テンプレートに元から含まれているものを使っているだけですが、特に設定をしなくてもユーザーの環境がPCかスマホかを自動判定&リダイレクトしてくれたりとたいへん優秀です(後述)

 このためそれなりに自信があったわけですが、試しに上記ヘルプにあったモバイルフレンドリーテストツールを実行してみました。

◇モバイル フレンドリー テスト(Google Developers)
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/


 やり方は簡単で、テストページにURLをコピペして「分析」を押すだけ。
 ともかく、http://gachi4.blogspot.com/ を入力してみたところ……。


 「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」
Googleモバイルフレンドリーテスト(Mobile Friendly Test)


  大 勝 利


 というわけで、やはりGoogle謹製(?)のテンプレというのもあるのか当サイトのモバイル対応は大丈夫そうです。(ドヤァ……)
 当サイトのモバイル版ページは、数年前に「まともな状態」に整備して以来アクセスが上がり続けておりどうあっても無視できない要素です。
 というか直近のPVではPC:スマホが4:6~3:7程度でスマホが優勢な勢いだったりするので、今回のテスト結果には非常に安心しました。
  ※ほっとしたよ!!
 実は今月にもモバイル環境テスト用の中古スマホ(もちろんSIM無し)を買っていろいろ検証したりもしていたのですが、どうやら進んでいる方向は正しかったのかなと。


 なお、上記のテスト結果では「Googleからはこんな感じで見えてるよ」というスクリーンショットも確認できます。

 少し前にもモバイル版でのブログタイトルや記事タイトルの文字サイズを調整したりしていましたが、こういうのは実際の見え方が分からないと対応しづらいものです。
 とりあえず(モバイル環境で)あまりにひどい表示になっているのではないか、と不安な方は一度確認してみるといいでしょう。

 まあちょっとしたスクロールの具合リンク動作とか、ブラウザ設定を変えた場合の見え方だとかは↑の画像では検証できないので、やはり実機で確認するのが一番です。
 スマホを持っていない方も、モバイル対応を考えるのであれば(型落ちの安物でいいので)適当なスマホ実機WiFi環境(→◆参考)を用意しておくといろいろ捗ると思われます。



 以下はBloggerの場合ですが、モバイル版の導入について参考までに。

 自分が使っているテンプレートでは、まず管理ページ>テンプレート>「モバイル」のとこの設定ボタンをクリック。
 ここで、「はい。携帯端末でモバイル テンプレートを表示する。 」を選択→「保存」をクリックするとモバイル版が有効になります。


 ただ自分のテンプレートでは、当初背景真っ白のレポート文書みたいなレイアウトになっていました。
 これは↑のモバイル設定の画面から「モバイル テンプレートを選択」「デフォルト」から「カスタム」に変えることでそれらしい表示になりました。

 動作的には、モバイル環境でアクセスするとURL末尾に?m=1が付いたスリムなページにリダイレクトされるようになります。
  →こういう機能がしれっと使えるのがありがたい。
 上記のヘルプでも「マルチスクリーン対応」と表現されているように、PC向けにはPCらしく(2~3カラムとかで)表示するが、モバイル端末に対しては見やすいレイアウトに変えるというのが奨励されているみたいですね。
 なお、PCから◆?m=1のついたモバイル版にアクセスしたり、逆にモバイル環境から◆?m=0のついた強制PC版にアクセスすることもできます。
 基本的に自動で判定されるものなので、リンクを貼る時はいちいち?m=1とか付ける必要はありません。


 ちなみに……以前はラベルページへのリンクなんかで ?max-results=8 が含まれていると?が重複してうまく判定されませんでしたが現在は対応されているようです。
 当時はまだモバイル版がさほど重視されていなかったということなのか、他にも仕様的におかしな動作が多々ありましたが……最近のは多少良くなってるのかな?



 ともかく、今後もPC版/モバイル版いずれもテンプレートはいじっていくつもりなので、テストツールによる「モバイルフレンドリー」認定目安程度にしつつさらに改善できるところは改善していこうと思います。

 今回は以上です。



ズッ友 / 神聖かまってちゃん

0 件のコメント:

コメントを投稿