過去記事更新

2015年7月11日土曜日

(終了)講談社全コミックが40%還元中なので「のぼる小寺さん」「そらトびタマシイ」を買っといたよ!

「のぼる小寺さん」1巻 電子版を買ってきたよ!

 珈琲「のぼる小寺さん」、五十嵐大介「そらトびタマシイ」を買ってきました。 ※電子版だよ!
 いま現在、リーダーストアにて講談社の全コミック約1万6千冊が対象となる40%還元キャンペーンが実施中なので今しかないと思ってポチっておきました。
 つい先日(2015年7月7日)発売されたばかりの小寺さん1巻に、2002年発売そらトびも当然のごとく対象となっているのがありがたいところです。
(ちなみにアフタヌーン本誌月刊マガジンなんかも対象でした)

(追記)キャンペーンは終了しました。

*(追記)「のぼる小寺さん」2巻■買ってきました。


 開催中のキャンペーンはこれ。

(概要コピペ)

■キャンペーン期間
2015年7月10日(金)0:00~2015年7月12日(日)23:59

■キャンペーン内容
対象の本を1冊ご購入につき、税込購入金額の40%分のソニーポイントをプレゼント。

■対象コンテンツ
本特集ページに掲載されている講談社コミック全品

■ポイント振込時期
7月中旬に、7月末までご利用いただけるソニーポイントをプレゼントいたします。
ポイント名称:講談社コミック 40%ポイントバック

■他のキャンペーンとの併用について
他のキャンペーンで価格が割引されている本に対してもポイントバックされます。



◇講談社コミック 40%ポイントバック
http://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/comic40/

 たしか前日あたりまでキープリストに何か追加するだけで計50ポイントみたいなキャンペーンをやっていましたが、思い切りそこで入れたやつが対象になっていたのでちょっと驚きました。
 このキープリストはまあ「ほしいものリスト」みたいな機能ですが、キープリストに入っている本がセール対象になると通知が来るのでなかなか便利だったりします。
(中途半端なセールだとウザい時もあるけど)

 まあ今回の注意点としては、割引セールではないということですかね。
 書いてある通り、7月中旬に4割のポイントが帰ってくるわけですが、それは今月中に使い切る必要があります(まあだいたいいつも通りか)。
 自分の場合は◆毎月リーダーストアでアフタヌーンを買っているので、そのあたりでポイントを消化することになるかなと。



 そんなわけで「のぼる小寺さん」。
珈琲「のぼる小寺さん」第1巻
コデラさんではなくコテラさん)

*(追記)レビュー◆書きました。@リーダーストア

 こちらは、部活のボルダリング(室内クライミング?)に夢中な女の子の日常を描いた話。
 非常に引きの強い表紙はさておき、ちゃんと「3日間限定!講談社全コミック40%ポイントバック!」の表記がありますね(こういうの大事)
 正直よく知らないんですが、アフタヌーンの増刊誌にあたるgood!のほうで連載されているものだとか。

 ちなみにアフタヌーン関連の情報を集めるため、先月あたりから◆モアイーニング、フタヌーン、ブニングの総合サイト)のフィード(RSS)をチェックしているのですが、ここ最近はカバーのラフ絵や記念イラストが公開されたりとかなりの小寺さん推しがあったりして、編集部からも期待のほどが伺えます。
  →◆モアイで「小寺さん」を検索すると過去ログあり。

 ちなみに第一話の試し読みはこちら。
  →http://www.moae.jp/comic/noborukoterasan
 初回はなんというかサービスカット的なアレが多めで、作品の紹介通り「壁を登る女の子を見てるだけ!」な話です。
 これだけ見ると関くん的なやつかなと思いましたがそれは違うようで、「見てるだけ」な男子は最初のほうにしか出てこないし、まったく壁を登らない回なんかもありました。
 まあそれにしても、「期待の新鋭・珈琲氏が描く~」ってことは「新人」にあたるはずなんですがこの圧倒的な画力 そしてけしからん登りっぷり 世の中どうなっているんださっさとアニメ化しろという感じですね。(あれっ?)



 続いて、五十嵐大介作品集「そらトびタマシイ」。(まだ最後まで読んでない)
五十嵐大介 作品集「そらトびタマシイ」

 こちらは五十嵐大介氏の初短篇集にあたるとのこと。
 個人的に◆本誌2015年6月号(過去記事)より連載が始まった「ディザインズ」ものすごく気に入ったので同氏の過去作をいくつかキープリストに入れていましたが、まさかこんなに早く40%バックの対象になるとは思っていませんでした。
  ※そりゃポチるよ!

 ただ、べつに講談社専属というわけでもない(?)らしく、他にも気になっていた「魔女」1~2巻(小学館)や、デビュー作「はなしっぱなし」上下巻(河出書房新社)はさすがに対象外でした。
 べつにそのくらい買えよって話ですが、なんかもう意地でも何かのキャンペーン対象になってから買いたいと思ってしまうのが電子書籍の面白いところであり自分のダメなところなのかなと。(あれっ?)

 ところでこのそらトびタマシイは電子化自体もかなり前(2011年)なせいか、妙にシークが遅かったり、タテ置き/ヨコ置きでページ表記が変わったりするのを見ると収録形式が旧式のようです。
 このせいか、閲覧可能機器はAndroid端末または純正Readerのみで、PC、iPhone、PS Vita非対応でした。
(いつか対応される可能性が無くはないが期待できない)
  →もちろん小寺さんはフル対応。
 まあ特定環境しか持っていない方は注意、ということで。


 ちなみにファイルサイズは、そらトび45.0MB(246ページ)、小寺さん17.6MB(147ページ)でした。



 繰り返しになりますが、3日間限定ながら今週と13年前にそれぞれ発売された気になる本が、いずれもけっこうな還元率で買えるというのはやはり面白いものだなと思います。
  ※それが電子販売なんだよ!

 まあなんだかんだ言っても、今のところ2冊しか買ってないんですけどね。
 こういうものは、そのうちまた別のセールが始まって別の何かが対象になるものなので、今後も気が向いた時に、いい感じにキープリストを減らしていくスタイルで買っていこうと思います。
 今回は以上です。

*電子書籍関連の話題は■「電子書籍/電子コミック」ラベルで。




そらトびタマシイ (KCデラックス アフタヌーン)


のぼる小寺さん(1)

0 件のコメント:

コメントを投稿