過去記事更新

2011年9月22日木曜日

るろうに剣心・新作OVA「新京都編」は期待せずに待っておくよ!

 るろうに剣心新作OVAが製作されるそうです。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 新京都編
http://www.kenshin-tv.com/shinsaku/


 自分も詳しいほうではありませんが、るろうにR.O.D.OVA版傑作であるということくらいは知っています(あれは素晴らしかった……)。
 どちらも◇「スタジオディーン」が製作したもので、今回もここが作るようです。

 ただ、かなり大きなところなので同じスタジオでも仕上がりがどうなるかはわかりません。
 というかすでに、初出のイラストからして「コレジャナイ」とか言われてるような……。
 ストーリーも(みさお)の視点で描かれる(!?)とかすごいやばい香りがしてきます。
 ユニコーンにならったのか、こちらもよせばいいのにOVA+劇場公開とのことで、コケるのか化けるのかも含めて素直に楽しみではあります。

 しかしこの作画の感じって……やっぱり「あの層」がターゲットなのかな?
 どうも新テニスの王子様(?)もなにやらやるみたいだし……。うーむ。



 せっかく剣心のことについて書いたので、以前作って放置しておいたネタを。
 「九頭龍閃カウンター」です。
 現在設置しています(ページ右上)。
  ※見にくいったらないよ!
 使いかたはまた今度……。



◇追憶編は見るべきという話
 「OVA」と言うと敷居が高くてあまり見る機会がなかったりします。
 他に見たものと言えば「ハンターハンターGI編」ガンダム関連(スターダストメモリー、第08MS小隊、ユニコーン)、あとはヘルシング、ジョジョくらいでしょうか。
  ※このへんはどれも面白いのでおすすめだよ!
 ゲオやtsutayaなら一本百円くらいだし、たまに安い時は七泊で50円とかなので、そういった時にまとめて見るもよし、一本ずつじっくり見るもよしです。
 ちなみに、いまのところユニコーンだけはすべてBD版を「購入」しています(例外中の例外)。
 で、やはり「るろうに剣心」と言ってしまうと、テレビ版の「おろろ~~」なんてのが頭に浮かぶかと思いますがOVA版の剣心は違います。
 まず技の名前を叫んだりしないし、抜刀斎の頃の話なので迷わず人を斬ります。
 斬殺表現もけっこうなものです。
 セリフも笑いやコメディ要素皆無で、淡々と進んでいきます。
 ここで、わかりにくいかもしれない的確であろうという例えをいくつか書いてみます。
TVアニメの「るろうに」「追憶編」では、
・DOAのリュウハヤブサとNINJA GAIDENのリュウハヤブサくらい違います(主に攻撃手段が)。
・「ショムニ」のテレビドラマ版と原作マンガくらい違います(古いか)。
・テレビ出演時と深夜の馬鹿力での伊集院光くらい違います。
・ディズニー映画と原作のグリム童話くらい違います。
 最後のはやや言い過ぎかもしれませんが、だいたい言いたいことは伝わったかと思います。
 いずれも前者は前者で良いのですが、大人になったらこっちもオススメという位置づけです。
 一言で言うなら、まあ「ガチなほう」ですかね。
 ちなみに続編として「星霜編」というのもありますが、これは評価が2つに分かれます。
 戦闘シーンが少ないとか、「別エンド」を描いたというのが賛否あるようです。
 弱々しく、痛々しく、悲しい剣心の「ドラマ」が見たい人にはおすすめかも?
 まあガンダムで言うと「ポケットの中の戦争」のような存在でしょうか。
��↑人間ドラマを描いたものの、やはり戦闘シーンの回が最も売り上げが良かったという……)
 ついでに、「R.O.D.」のテレビ版とOVA版の印象もほぼ同じ感じです。
 三姉妹や「ねねね」のドタバタにジョーカーさんの暗躍も面白かったけど、それにも増してOVA版の飛び散る紙の映像美、そしてあの曲は衝撃的でした。
 (未だに、不意にテレビ番組で流れたりしますね……)
 衝撃と言えば、テレビ放送がかなり凄いところで打ち切りになって「えっこういうバッドエンド!?」と勘違いしたのも衝撃でした(余談)。
 というわけで、上で紹介したものも含めてレンタルとかで一度は見てほしいなと。
 懐古と言われようが面白いものは面白いので。


 ……ところでハンターハンターは再TVアニメ化でしたか。
 OVAでキメラアント編なら全裸待機ですが、テレビではなあ……。
 正直、テレビ仕様になるくらいだったらキメラアント編だけはやめてほしいです。
 OVAですでにやったけど、もしグリードアイランド編をやるなら結構楽しみなんですが、はてさて。
  

0 件のコメント:

コメントを投稿