過去記事更新

2011年9月22日木曜日

忍者サイトマスター:「アクセス解析」するよ!

 「忍者サイトマスター」の「アクセス解析」を使ってみます。
 総合的には「忍者アクセス解析」等に劣りますが、グラフ化、対戦(というか比較)のような変わった機能が用意されています。

 詳しくは続きで。

 最初に「PV・UU解析」が表示されます。
  ※たぶんPage View(ページが開かれた回数)と Unique User(訪れた人の数)のことだよ!
 特定の日付を入力することはできないようですが、「当日」「1週間」「2週間」「今月」「先月」から選択した期間の各数値をグラフで表示してくれます。
 さらに、「VSシャドウ」をクリックすると一つ前の期間と比較することもできます。
 「タイムライン表示」を有効にすると、「更新報告」やコメント投稿を行った回数が表示されます。
 このとき、吹出しをクリックすればその内容がわかります。

 下のほうには「同一規模のライバル」、「一つ上の手練」等が表示されています。
 こちらの「VS」をクリックすると、その人と自分を比較した対戦となります。
 また、「VSランダム」の場合はランダムに選ばれた人との比較です。
 右上から「PV」「UU」を切り替えることができます。
 この対戦画面でも、「タイムライン表示」から相手のコメント等を(簡易的にですが)確認できます。
 ちなみに■こちらによると、「VS」を行っても特に履歴が残ったりはしないようです。
  ※どんどん対戦すればいいと思うよ!


 次に「検索フレーズ解析」です。
 自分のサイトに来てくれた人が、どんな検索をしていたかがわかります。

  ※画像は一部マスクしてあるよ!
 下のほうに「流行フレーズ」「フレーズ検索」というものもあります……が、まだ■ヘルプが少なく、どういった基準なのかよくわかりません。
 検索のほうは「そのフレーズでよく検索されているサイト」といった感じかなと思います。
 この画面で検索して出てきたサイト様や、「フォロー」している相手と「VS」すると、相手側の検索ワードも表示されます。
 他人に検索内容を表示させないような設定は今のところ無いので、どうしてもイヤな場合はサイトからタグを外しましょう。
 個人的には、「フレーズ」と別に「ワード」(単語ごと)の統計も見たいですね。
 どんな検索エンジンが使用されたか等、より詳しい解析は「忍者アクセス解析」あたりを使います。


 最後に「地域分析」です。
 これを見ると、サイトに来た人の地域がわかります(……わかるものなのだろうか?)。
 ■開発者ブログによると、他のサイトマスターではなく、単純にアクセス数だそうです。
 ちなみにこの記事にある「地名をクリックすると、そこからアクセスの多いサイトマスターが~」というくだりは■廃止されたようです。
 「地域分析」のアクセス元ですが、国別または日本国内の都道府県別となっていました。
 「忍者アクセス解析」ではアクセス元の地域はわかりませんが、これを見ると意外な国からアクセスされていたりと驚いたりします。
  ※こんなサイトをご覧いただき感謝恐縮だよ!
 ところで、このサイトには「忍者サイトマスター」、「忍者アクセス解析」、「忍者ブログ記事別アクセス推移」(ベータ版)が設置してあります。
 三種類もアクセス解析が必要かは分かりませんが、それぞれに特徴があって面白いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿