過去記事更新

2011年9月22日木曜日

ガンダムAGEについて

 先日、何やら元気いっぱいのわくわくちびっこガンダム(AGE)の発表がありました。
 コロコロやレベル5が全面協力という時点でうわあ……という感じですね。
 で美少女&美少年、00で美少年&美青年という感じでしたが、あの発想はなかったなあ。
 あるいはガンプラビルダーズ(※これは結構面白かったよ!)が出た時点で予期されていたことかもしれませんが。

 私としては、向こう二年ほどユニコーンに集中できそうだなと。
 AGEは三世代にわたって描かれるということなので、ファースト世代の皆様はユニコーンを追いかけつつ、息子さんと一緒にAGEも見てくださいねーというような狙いもありそうです。
 まあ、ね…………経営戦略的には正しいと思います。
 続報を見るとHG/MG/メガサイズ化、ICチップ入り新規シリーズ(AG)+各種連携玩具、さらにゲーム化等が次々と発表されており、ああ、やつら本気だなという感じ。

 実際には見ないとわからないところもあるので、AGEも第一話からしばらくは見るつもりです。
 最近のアニメは深夜の録画でしか見ていませんが、ダブルオー一期~コードギアスR2の時期は毎週正座でスタンバイの勢いだったなあ。
  ※まさしく愛だよ!!

 ついでに宇宙世紀の話ですが、ユニコーンはジョジョで言うストーンオーシャンくらい「行くところまで行ってしまった」と思います。
 あそこから次の宇宙世紀を企画する人は相当しんどいでしょうね。
 順番としてはUC100年のジオン公国解体なんですが、それは「史実」扱いなだけに難しいところです。
 F91-2でも作るのか、あるいはまさにスティールボールランのようなパラレルになるのか……。
  ※当分は星の屑作戦とか08小隊的なのを作っとけばいいと思うよ!

 ま、いずれにしてもガンダムシリーズはまだまだ終わらんでしょう。
 萌え(種)→少年・青年(00)→おじさま(UC)→ちびっこ(AGE)と来て、次は何が来るのでしょうね?

0 件のコメント:

コメントを投稿